シンセサイザー

  1. あのMono/Polyを手のひらに。KORG Gadget Montpellier 徹底攻略ガイド …

    「なめネコ」が大流行した1981年。当時のポピュラー音楽界は、テクノポップやニューウェイヴが花盛り。クラフトワークが「コンピューター・ワールド」を世に放…

  2. サビに向かって盛り上がれ!超定番EDMサウンド「ビルドアップ・ライザー」の作り方。

    私たちがEDMやダブステップをやる時、「サイドチェイン」「ウォブルベース」に比肩する最重要テク「ライザーサウンド」。リスナーの高揚感を煽り、せり上がるよ…

  3. 意外と簡単!ダブステップに欠かせない「ウォブルベース」の作り方。

    昨今のダブステップにおいて、定番サウンドとなっているウォブルベース。Skrillexが生み出す、まるで怪物が唸っているかのような「ワル」なフレーズは、と…

  4. Sci-Fiシンセ・ガジェット「Lisbon」レビュー。手のひらに広がる宇宙サウンドとは?

    2017年11月15日、KORG Gadgetは、iOS版・Mac版を同時にアップデート。バージョンナンバー的にはマイナー・アップデートとはいえ、その中…

  5. 名機「Mono/Poly」をガジェット化!KORG Gadget Ver3.3.0リリース。

    コルグは2017年8月23日、KORG Gadgetのマイナー・アップデートバージョンとなる「Ver3.3.0」を公開しました。それと同時に、新作iOS…

  6. グリッチノイズでエレクトロニカ!簡単に「プチプチ」グルーヴを作るための3ステップ。

    「グリッチノイズ」をご存知でしょうか?例えばアンプに繋いだケーブルを手で触った時、「ブチッ」と言う耳障りなノイズが鳴りますよね。あと、接点が劣化…

  7. 非現実的な音色使いでトラックをユニークにするテクニック(Berlin編)

    個人的な話で恐縮ですが、筆者・くらんけは「ハイ・ラマズ」(High Llamas)というイギリスのロックバンドが大好きです。彼らの作品の中でも、…

  8. PCM音源ガジェットMarseilleについて。CHORD機能で美味しいコード進行を。

    KORG Gadget Marseille(マルセイユ:フランスの港町)は、とても使い勝手の良いポリフォニックPCM音源。ピアノやエレピ、各種ブラス、マ…

  9. アナログベース・ガジェットChicagoについて。太っとくブリブリなアシッドベースを作ろう。

    KORG Gadget Chicago(シカゴ:アメリカ第三の都市)は、テクノやアシッドハウスのベース作りに欠かせない、アナログ・モノフォニックシンセ。…

  10. ポリシンセ・ガジェットHelsinkiについて。ドリーミーなパッドサウンドを作ろう。

    KORG Gadget Helsinki(ヘルシンキ:フィンランドの首都)は、まるでセロファンのように薄く繊細なサウンドが持ち味の、ポリフォニック・アナログシン…

PICKUP

SERIES

  1. Montpellier (Mono/Poly)

    名機「Mono/Poly」をガジェット化!KORG Gadget Ver3.3.…
  2. for Mac

    スーパー特報。夢の”KORG Gadget for Mac̶…
  3. KORG Module

    KORG Moduleの高品位サウンドをGadgetで。「別売」追加ライブラリー…
  4. for Nintendo Switch

    【Gadget for Switchの使い方】⑤ 音楽知識は一切不要!「スケール…
  5. Lifestyle for DTMer

    夢のDTM完全ワイヤレス化を目指して…ケンジントン「Expert Mouse W…
PAGE TOP