ネットにアップしよう

GadgetCloudで自作曲を公開する

今回は、KORG Gadgetで作成した楽曲をアップロードして、全世界のリスナーへ向けて公開する方法について書いてみます。

GadgetCloudとは

KORG Gadgetの楽しみ方のひとつに、”GadgetCloud”という、ユーザーコミュニティーの存在があります。

これは、楽曲共有サービス”SoundCloud”(サウンドクラウド)のシステムを使い、KORG Gadgetで作成したソングをアプリから直接アップロード。

そうすることで、自作曲をワールドワイドに公開できるという、非常に画期的な取り組みです。

SoundCloudとは

SoundCloudは、インターネット上に楽曲をアップする共有サービスとしては老舗で、かつメジャー。

しばしば、プロミュージシャン自らアカウントを取ってトラックを公開・配布していることから、一般リスナーの利用者もとても多いサービスです。

今を時めくスクリレックスも、珠玉の名トラック群を、気前よく聴かせてくれていますね。

作者のトラックに直接コメントやリプライを付けたり、LikeやRepost(リツイート)、twitterやFacebookといった各種SNSへのシェアボタンも完備。

ユーザー参加型の楽曲共有サービスとして、確固たる地位を築いていると言えます。

GadgetCloudに接続する

そんなGadgetCloudが、どういうサービスなのか体験してみましょう。

KORG Gadgetメイン画面のヘッダーにある、GadgetCloudボタンをタップしてみてください。

img_1216

GadgetCloudに接続され、すでにアップされている他のユーザーの楽曲がプレイリスト表示されます。

どの楽曲でもいいので、Playボタンをタップしてみましょう。

img_1215

これらの楽曲は、KORG Gadgetのアプリから、GadgetCloudに直接アップされてます。

つまり、すべてKORG Gadgetのみで作られています。

世界中に存在するGadgetユーザーの力作が並び、とても刺激になりますね。

じっくり聴いて、KORG Gadgetの使い方を学ぶのも良いと思います。

このプレイリストは「新着順」に並んでいますので、この後あなたが自作曲をGadgetCloudにアップすると、このリストの最上位に表示されることになります。

Gadget Cloud画面の下には、いくつかのアイコンが並んでいます。

たとえば、ランキングをタップすると…

img_1218

おそらく、再生数や獲得Like数などを集計して決められる「週間ランキング」が表示されます。

image

さすがに、上位の曲はどれもハイレベルですね。

自分がアップした自作曲の順位が表示されると、それだけで嬉しいもの。

しかも、ここで高いランキングを獲得すると注目度が上がり、再生数が劇的に増えるので、あなたの楽曲がさらに拡散されるという良循環が生まれますよ!

Gadget Cloudでソングをアップする

今回は、チュートリアル「トラックを作ってみよう」編で製作したデモソングを、GadgetCloudにアップロードしてみます。

アップロードのためのレンダリングを行う

アップしたいソングが開いた状態で、メイン画面のヘッダーにあるファイルアイコンをタップ。

表示されたメニューから、エクスポートをタップしてください。

img_1220

続いて、エクスポートメニューよりGadgetCloudをタップ

img_1223

レンダリング(クラウドにアップするための変換処理)が開始されます。

このソングは「3トラック/16シーン」と、比較的データ量が少ないので、筆者のiPad Air2だと数秒で終わりました。

アップロードを中止する場合は、右下のCanselボタンをタップします。

img_1226

SoundCloudへのログイン、またはアカウント登録を行う

レンダリングが完了すると、SoundCloudへのサインイン、または、SoundCloudアカウントを新規登録するための画面が表示されます。

img_1225

SoundCloudアカウントを登録済みの場合

すでにアカウントをお持ちの方は、以下のフォームにてEmailとPasswordを入力し、Connect to SoundCloudをタップ

入力に誤りがなければ、SoundCloudへのサインインが完了し、引き続きソングの情報を入力するダイアログが表示されます(後述)。

img_1229

SoundCloudアカウントが未登録の場合

まだアカウントをお持ちでない方は、Create an account on SoundCloudをタップしてください。

img_1230

外部リンクのsoundcloud.comへ飛びますので、ここでアカウントの登録作業を行いましょう。

img_1231

アカウントの登録手順はコチラ。

SoundCloudアカウントを新規登録する

なお、さきほどのフォームにはSign in with Facebookというボタンもあるのですが、筆者はフェイスブックを利用していないので良く分かりません。

おそらく、フェイスブックのアカウントでSoundCloudにサインイン出来るボタンなのでしょう。笑

ソングのメタデータを設定する

SoundCloud未登録の方はその手続きを行っていただくとして、ともかくサインインに成功すると、ソングのメタデータを入力するダイアログが表示されます。

img_1250

何も入力しなくてもアップロードできますが、タイトルが「2016-11-26 19:31:49 +0000」等となってしまいますので、曲名だけは入力されることをオススメします(アップ後でも変更可)。

入力が出来たら、右上のNextをタップしてください。

ソングをSNSで告知する

あなたがtwitter、もしくはFacebookユーザーの場合、ソングをアップロードした事を、フォロワーに公表することができます。

この機能を利用したい場合はSNSアイコンをタップし、告知文章をなどを書き込んでください。

アップロード完了と同時に、その書き込みがアップされます。

img_1251

アップロードを実行する

最後にUploadをタップすると、ソングのアップロード処理が開始されます。

img_1255

アップロードが無事完了すると、通知ダイアログが表示されます。

img_1254

GadgetCloudのプレイリストに、あなたのソングが表示されました!

img_1249

まとめ動画

今回紹介した手順を、動画でまとめてみました。

興味のある方はご覧ください。

自作曲を積極的にアップして世界と繋がろう

ユーザーの方は実感されていると思いますが、SoundCloudは日本人ユーザーよりも、断然海外ユーザー数の方が多いです。

つまり、あなたのオリジナルソングが、世界中に広がる可能性が十分あります。

曲を作った以上、やはり世の中の人に広く聴いてもらい、感想コメントをもらったり「いいね」を多くゲットできたら、嬉しいものですよね。

アップした楽曲は、こんな感じでウェブサイトやツイッターなどにも埋め込むことができ、リツイートなどを通じて広く紹介・拡散されることもあるかもしれません。

そういったクラウドならではの醍醐味を、あなたもGadgetCloudで味わって見てはいかがでしょう?

Have a nice trip!

関連記事

  1. ネットにアップしよう

    SoundCloud「Proバージョン」をオススメする6つの理由

    SoundCloudは、誰でも無料で楽しめるインターネット楽曲共有サー…

  2. ネットにアップしよう

    SoundCloudアカウントを新規登録する

    前回ご紹介したKORG Gadgetユーザー間の楽曲共有機能である"G…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新のKORG Gadget Recommendトラック(8/13付)

このサイトについて

案内人のくらんけ@gadget_junkiesです。 Gadget-Junkies.netは、モバイル音楽制作アプリ”KORG Gadget”の「超」入門サイト。 主に初心者の方へ向け、使い方やTipsを出来るだけやさしく紹介していきます。 KORG Gadgetにまつわる話題や情報も随時発信。 …とは言え、開設したばかりでまだまだショボいサイトです。。 これからコンテンツをガシガシ増やしていきますので、どうぞよろしくお願いします!

最近の記事

  1. 【KGR】真夏のアムステルダム紀行。「Kiss the mo…
  2. KORG Gadgetの音色を「ユーザー同士がシェア」する方…
  3. タッチパネルの皮脂よごれに悩むあなたへ。「パネルクリーナー」…
  4. 【KGR】爆笑!脱力ゲット・ワイルド。「Get Wild R…
  5. はじめてのKORG Gadget。3分間でわかる「超」クイッ…
  1. 雑記帳

    自作曲にアートワークを(ラクに)つける7つのアイディア。
  2. ソングを聴いてみよう

    SoloとMuteで、狙ったトラックだけを再生する
  3. Berlin

    アナログ・モノシンセ・ガジェットBerlinについて。存在感溢れるメロディーを奏…
  4. NEWS

    KORG、約一年ぶりとなるKORG Gadget Featured Tracks…
  5. Allihoopa

    2017 Allihoopa x KORG Gadgetコンテストが終わっての感…
PAGE TOP