NEWS 2016

コルグ、ベクターシンセiOSアプリiWAVESTATION発表。ガジェット名はMilpitas

コルグは2016年11月30日、1990年に発売されたデジタルシンセサイザー”WAVESTATION”をiOS上で再現したアプリ『iWAVESTATION』をリリースしました。

iOSアプリとしてスタンドアロンで動作し、さらに同社のモバイル音楽制作アプリ”KORG Gadget”上では、ガジェット『Milpitas』としても使用できます。

img_1274

ちなみにミルピタスは、米カリフォルニア州にあるハイテク産業が盛んな都市。

以前は農村地帯でしたが、今ではサンディスクなどの本拠地が軒を連ねる、シリコンバレーの一角なんだそうです。
image

価格は2,400円(2016年12月現在)で、iOS9.3以降の対応。

オプションのPCM/プログラム・カードを含め、全1500種類のサウンドを搭載との事です。

早速、ダウンロード購入して試してみました!

オリジナルのWAVESTATION最大の特徴は、「時間的変化」を伴う抽象的なサウンドを作れる点。

コマ切れされた波形を繋げたり、合成したりして新たなサウンドを作るという方式で、コルグはこれを「アドバンスト・ベクター・シンセシス・システム」と呼んでいます。

他にも、異なる波形を最大32個連結させて一本の波形としてみなす「ウェーブ・シーケンス」機能や、「ミックス・モーフィング」機能など、他のシンセでは見られないユニークな機能を搭載。

そんな、とてもユニークなWAVESTATIONでしたが、サウンド・エディットを単体で行う必要があったため、当時は複雑、かつ難解な製品だったようです。

kr_wavestation_1_571

今度の”iWAVESTATION”では、オリジナル実機の美点を忠実に再現。

そして、さきに挙げた操作性の弱点を、iPadやiPhoneのグラフィカルな画面によって克服しています。

これで、比較的容易に、他では決して得られないサウンドを作れるのではないでしょうか。

image

また”iWAVESTATION”は、オリジナル実機のサウンドデータをインポートできるので、過去のサウンド資産を蘇らせることが出来ますね。

これも、大きなポイントだと思います。

“iWAVESTATION”は、現在appストアでダウンロード販売中です。

あなたも、このユニークで、またとないサウンド・メイキングを体験してみませんか?

download

KORG iWAVESTATION – KORG INC.

Have a nice trip!

関連記事

  1. NEWS 2016

    KORG、伝説のアナログシンセARP ODYSSEi発表。ガジェット名はLEXINGTON

    あの宇宙サウンドが手のひらで…!KORGは2016年11月1日、米…

  2. セール情報

    【SALE】コルグ、ブラックフライデーに合わせ全iOS楽器アプリを最大半額セール!

    昨今、「ブラックフライデー」という買い物商戦が話題になっています。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サウンドハウス

非公式楽曲コンペ「GadgetSonic 2018」特集ページ

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

PICKUP

SERIES

LATEST ARTICLE

  1. ソングを聴いてみよう

    ③ 「Swing」で、ソングに抑揚をつけてみよう。
  2. ネットにアップしよう

    GadgetCloudで自作曲を公開する
  3. トラックを作ってみよう

    ⑤ パラメータをリアルタイム・エディットする。
  4. トラックを作ってみよう

    ⑦ アルペジオを入力する。
  5. テクニック

    アルペジエータで、シーケンスパターンを自動生成する。
PAGE TOP