音色探訪

「リバースシンバル」でトラックにアクセントを付ける。

今回は、極めて簡単な手法ながら、トラックに劇的なアクセントを生み出す「リバースシンバル」というテクニックについて取り上げます。

リバースシンバルとは?

クラッシュシンバル等を叩いた音を、逆再生した音です。

元波形を反転させて作るので、現実的にはありえないサウンド。

リバースシンバルという言葉は聞いたことがなくても、このサウンドは絶対に聴いたことがあると思いますよ。

こんな音です。

アクセントとしてトラックの単調さを回避できたり、サビ前の盛り上げなどで使えるので、とても重宝します!

リバースシンバルを”London”で作る

KORG Gadgetのドラムマシン音源”London”で、リバースシンバルを作るやり方を説明します。

まずはLondonのトラックを立ち上げ、お好きなパートにクラッシュ系シンバルのサンプルをセットします。

img_1314

Londonのガジェットパネルの上にある、MODE SELECTIONからIFXを選び…

img_1318

セットしたパートのREVボタンをタップ。

リバースが有効になったことを示すランプが点灯します。

img_1319

これで完了です。

早速、下のボタンをタップして鳴らしてみましょう!

よりオリジナリティーを出すなら、TUNE(音の高さ)を調整してもいいですね。

MODE SELECTIONからEDITを選び…

img_1321

TUNEノブを回して調整します。

img_1322

ただ、TUNEを上げるとサンプルの長さが短くなり、TUNEを下げると長くなります。

一応、気に留めておきましょう。

使う時のコツ

リバースシンバルの最後の切れ目が、Barの最後でピタッと止まるようにノートを配置することです。

ループをプレイさせながら、グリッドを1/32や1/64にして、ノートを置く位置を微調整するのがポイント。

たとえば、この”127.0 BPM”のトラック。

img_1324

3 Barのあの位置でリバースシンバルを鳴らすと、うまく4 Barの最後で音が切れました。

こんな感じですね。

一旦ノート位置を決めた後でテンポを変えると、リバースシンバルの終了位置がズレるので注意。

その場合は、ノート位置の再調整が必要です。

シンバルに限らずワンショットものでも面白い効果が!

下のトラックでは、シンバルではなく「キック」と「スネア」のサンプルをリバースさせ、少しズラして鳴らしています。

img_1326

これもよく聴くサウンドですよね。

リバースサンプルは、トラックの途中で鳴らしています。

トラックの隠し味的存在というか、疾走感が出たような気がします。

簡単なのに、とても効果的なリバース・テク。

ぜひ、様々なサンプルをリバースさせて新しいサウンドを作り、ユニークなトラックに仕上げましょうね。

Have a nice trip!

関連記事

  1. 音色探訪

    非現実的な音色使いでトラックをユニークにするテクニック(Berlin編)

    個人的な話で恐縮ですが、筆者・くらんけは「ハイ・ラマズ」(High L…

  2. 音色探訪

    意外と簡単!ダブステップに欠かせない「ウォブルベース」の作り方。

    昨今のダブステップにおいて、定番サウンドとなっているウォブルベース。…

  3. 音色探訪

    サビに向かって盛り上がれ!超定番EDMサウンド「ビルドアップ・ライザー」の作り方。

    私たちがEDMやダブステップをやる時、「サイドチェイン」「ウォブルベー…

  4. 音色探訪

    「オシレーター・シンク」を駆使し、エグいリードを手に入れよう。 Montpellier 徹底攻略ガイ…

    私たちがシンセサイザーで音を作るとき、真っ先にいじりたくなるのは「フィ…

  5. 音色探訪

    TR−808音源をKORG Gadgetに取り込む方法。

    KORG Gadgetには強力なドラム音源が7つも用意され、私たちユー…

  6. 音色探訪

    グリッチノイズでエレクトロニカ!簡単に「プチプチ」グルーヴを作るための3ステップ。

    「グリッチノイズ」をご存知でしょうか?例えばアンプに繋いだケー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サウンドハウス

非公式楽曲コンペ「GadgetSonic 2018」特集ページ

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

PICKUP

SERIES

LATEST ARTICLE

  1. Chicago (Acid)

    アナログベース・ガジェットChicagoについて。太っとくブリブリなアシッドベー…
  2. K.G.R

    【KGR】涼やかに飛び回る音の欠けらたちとクールなボーカル。「Frozen200…
  3. 3.トラックを作ってみよう

    3.1 ドラムトラックをステップ入力する。
  4. Allihoopa

    3つの新ガジェットにNKS対応、Allihoopaとの連携強化も。KORG Ga…
  5. 3.トラックを作ってみよう

    3.2 入力した演奏データをエディットする。
PAGE TOP