テクニック

作成したトラックを外部へ持ち出す6つの方法(エクスポート)

今回はKORG Gadgetで作成したトラックを、コンピュータやネット上に書き出す「エクスポート」という機能について書きたいと思います。

「エクスポート機能」で何ができるのか?

KORG Gadgetで作ったトラックを、DAWなど様々な外部システムで使うことができるようになります。

Gadgetで仕上げたソングをネット上で共有したり、ラフスケッチ的に作ったトラックをPCに取り込んで、DAWで続きを作るなど…。

このようにエクスポート機能を活用すると、曲作りの自由度が飛躍的に高まるんですよね。

ちなみに書き出されるオーディオ・ファイルは「WAV」形式で、「16bit/44.1kHz」(ステレオ)です。

エクスポートメニューを開く

エクスポート機能、さっそく試してみましょう。

まずKORG Gadgetにて、これからWAVファイルとして書き出すソングを開いてください。

その状態でメイン画面のヘッダーにあるファイルボタンをタップ

続いてエクスポートを選択してください。

エクスポート・メニューが表示されましたね。

これから項目順に説明していきましょう。

GadgetCloud 【ソングをネット上に公開する】

書き出されたソングがGadgetCloudというユーザーコミュニティーを経由し、ネット上(SoundCloud)にアップロードされます。

このGadgetCloudを使用するには、あらかじめSoundCloudのアカウント登録が必要です。

GadgetCloudについては別のページでも取り上げていますので、知りたい方はそちらも見てくださいね。

GadgetCloudで自作曲を公開する

iTunes 【PCへ転送する】

書き出したトラックを、iPad/iPhoneのiTunesに保存。

さらにコンピュータと接続する事で、iTunesを介し、書き出したトラックをコンピュータに転送することができます。

・Master ソングを構成するすべてのトラックを2MIXで書き出します。

・All Tracks ソングを構成するすべてのトラックを個別に書き出します。

・Track 選択したトラックだけを書き出します。

・Tail 書き出したオーディオ・ファイルの最後に、5秒間の空白時間を作るか否かを設定します。

ためしにGadgetで作ったソングを、iTunesに保存してみましょう。

ヘッダーのファイルアイコン→エクスポート→iTunesメニューにて、Masterをタップ。

書き出し処理が完了したらiPad/iPhoneをコンピュータと接続して、iTunesを起動します。

コンピュータ側iTunesのデバイスアイコンをクリックします。

左カラムの「設定」から「App」をクリック。

中央カラムのApp項目から「Gadget」を選ぶと、右カラムの「Gadgetの書類」というリストに、現在保存されているファイルが一覧表示されます。

そこからデスクトップにドラッグ&ドロップするなどして、エクスポートしたWAVファイルを取り出してください。

ちなみに「Gadgetの書類」は、App画面をかなり下へスクロールさせた所にありますのでご注意ください。

個人的にはiTunesの画面構成がとても分かりづらく、ここまでたどり着くのに苦労しましたね。。

Dropbox 【クラウドへ転送する】

書き出したトラックを、クラウド上のDropboxにアップロードします。

Dropboxにアップするには、アカウント登録が必要です。

さきほど紹介したiTunesでのエクスポートと目的は同じですが、Wi-Fi環境のある方には、こちらの方が使いやすいでしょう。

DropboxにアップしたWAVファイルは、

  • 他のDAWに取り込む
  • ローカルやネット越しで誰かに渡す
  • SoundCloud Proバージョンの「リプレースファイル機能」で上書く

…など様々な用途で取り扱うことができます。

特に2番目は複数のクリエーター間で共同制作というワークフローが実現できますね。

・Master ソングを構成するすべてのトラックを2MIXで書き出します。

・All Tracks ソングを構成するすべてのトラックを個別に書き出します。

・Track 選択したトラックだけを書き出します。

・Tail 書き出したオーディオ・ファイルの最後に、5秒間の空白時間をもうけるかを設定します。

ためしにKORG Gadgetで作ったソングを、Dropboxに保存してみましょう。

ヘッダーのファイルアイコン→エクスポート→Dropboxメニューにて、Masterをタップ。

ランダマイズ処理後、アップロードが始まります。

処理時間はソングのファイルサイズと、Wi-Fi環境に依存します。

アップロードが完了したら、クラウド上に保存されたソングファイルを確認してみましょう。

WebブラウザでDropboxへアクセスするのもいいですが、ネットに接続されたコンピュータから、直接覗くこともできます。

MacOSの場合FinderからDropboxに入ると、”KORG Gadget”というフォルダが生成されているのが分かります。

さらにKORG Gadgetフォルダに入ると、アップされたソングが、wav形式で保存されているのが確認できます。

あとはDAWに取り込むなど、お好きにどうぞ!

AudioCopy 【他のiOSアプリで使う】

書き出したトラックをiPad/iPhoneのクリップボードに一旦保存。

そのデータをそのまま他のiOSアプリに貼り付けることができます。

AudioCopyは他のiOSアプリと自由にサウンドの受け渡しができる、とても優れた規格です。

こちらで詳しく紹介していますので、興味のある方はご覧ください。

Ableton Live Project 【”Live”のプロジェクトファイルに変換する】

書き出したソングやトラックを、“Ableton Live”のプロジェクトファイルとして変換し、保存します。

保存先は”iTunes”または”Dropbox”のいずれかを指定でき、ファイル形式は”WAV”もしくは”AAC”から選択できます。

Dropboxを使用する場合、あらかじめアカウント登録が必要です。

一例としてAAC形式でDropboxに保存してみます。

ヘッダーのファイルアイコン→エクスポート→Ableton Live Projectメニューにて、”AAC”および”Dropbox”をタップ。

ソングを構成する全トラックのランダマイズ処理後、アップロードが始まります。

エクスポートの完了を知らせるポップアップが表示されるので、OKをタップ。

ネット接続されたコンピュータから、Dropboxフォルダを開いてみてください。

KORG Gadgetフォルダ内に、エクスポートされたソングのプロジェクトフォルダが生成されていますね。

プロジェクトフォルダを開くと、Ableton Liveで用いられる”.als”ファイルが見つかりました。

このファイルアイコンをダブルクリック。

Ableton Liveが起動。

KORG Gadgetからエクスポートされたトラックが、クリップとして並んでいます。

このクリップはAbleton Live上で、オーディオデータ(冒頭で選択したAACファイル)としてエディットすることができます。

ちなみにまだAbleton Liveをお持ちでない方は、KORG Gadgetユーザー特典として「Lite」版の無償ライセンスが入手できます。

これを機にKORG Gadgetと相性の良い”Live”を試してみても。

体験版をゲットするにはエクスポートメニュー→Ableton Live Projectにあるリンクをタップし、以下の画面の案内に従ってくださいね。

Standard MIDI File 【MIDIデータに変換する】

ソングやトラックをMIDIデータ(SMFファイル)に変換して保存します。

SMFファイルをDAWに取り込むことで、KORG Gadgetで作ったトラックの演奏データを、コンピュータ上でエディットできます。

保存先は”iTunes”、または”Dropbox”のいずれかを指定可能。

Dropboxを使用する場合、あらかじめアカウント登録が必要です。

ソングをMIDI変換しDropboxにアップしてみましょう。

ヘッダーのファイルアイコン→エクスポート→Standard MIDI Fileメニューにて、”Dropbox”をタップ。

ソングを構成する全トラックのMIDI変換後、アップロードが始まります。

ネット接続されたコンピュータからDropboxフォルダを開くと、KORG Gadgetフォルダ内に、エクスポートされたソングのMIDIファイルが生成されていますね。

任意のトラックのMIDIファイルをAbleton LiveなどのDAWに取り込めば、KORG Gadgetで作成した演奏データをコンピュータ上でエディットする事ができます!

まとめ

少々長くなりましたが、KORG Gadgetのエクスポート機能を紹介しました。

もちろんKORG Gadgetだけで十分ハイレベルな楽曲を作成できます。

しかし、こんな魅力的なモバイル音楽制作アプリで作ったトラックを、iPadだけで完結させるのは勿体無いですよね。

あなたの作品の可能性をより広げるため、ぜひエクスポート機能をご活用くださいませ。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事

  1. テクニック

    画面外にある演奏データを「全選択」する方法

    今回は、ちょっとしたTipsをひとつ。KORG Gadgetの…

  2. テクニック

    ガジェットの鍵盤を、通常の並び(ドレミファ…)に戻す方法。

    KORG Gadgetでシンセ系ガジェットを呼び出してキーボードを弾く…

  3. テクニック

    KORG Gadgetと他のiOSアプリを連携させる方法 …AudioCopy

    今回は"AudioCopy"という機能を通じ、KORG Gadgetと…

  4. テクニック

    KORG Gadgetでブレイクビーツ!(Bilbao編)

    今回はKORG Gadgetで「ブレイクビーツ」を作るやり方を紹介しま…

  5. テクニック

    TR−808音源をKORG Gadgetに取り込む方法。

    KORG Gadgetには強力なドラム音源が7つも用意され、私たちユー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

連載中

  1. *GuideBook

    KORG Gadget ワールド・ツアー・ガイド 〜ガジェット楽器を選ぶコツ
  2. K.G.R

    【KGR】涼やかに飛び回る音の欠けらたちとクールなボーカル。「Frozen200…
  3. Gadget days

    KORG Gadgetが「最高のモバイル・チップチューン制作アプリ」である理由。…
  4. Marseille

    PCM音源ガジェットMarseilleについて。CHORD機能で美味しいコード進…
  5. チュートリアル

    はじめてのKORG Gadget。3分間でわかる「超」クイックスタート・ガイド。…
PAGE TOP