外部との連携

作成したトラックを外部へ持ち出す6つの方法(エクスポート)

今回は、KORG Gadgetで作成したトラックを、コンピュータやネット上に書き出す「エクスポート」機能について解説します。

「エクスポート機能」で何ができるのか?

KORG Gadgetで作ったトラックを、DAWなど様々な外部システムで使うことができるようになります。

Gadgetで仕上げたソングをネット上で共有したり、ラフスケッチ的に作ったトラックをPCに取り込んで、DAWで続きを作るなど…。

このようにエクスポート機能を活用すると、曲作りの自由度が飛躍的に高まるんですよね。

ちなみに書き出されるオーディオ・ファイルは「WAV」形式で、「16bit/44.1kHz」(ステレオ)です。

エクスポートメニューを開く

エクスポート機能、さっそく試してみましょう。

まずKORG Gadgetにて、これからWAVファイルとして書き出すソングを開いてください。

その状態でメイン画面のヘッダーにあるファイルボタンをタップ

続いてエクスポートを選択してください。

エクスポート・メニューが表示されましたね。

これから項目順に説明していきましょう。

GadgetCloud 【ソングをネット上に公開する】

書き出されたソングがGadgetCloudというユーザーコミュニティーを経由し、ネット上(SoundCloud)にアップロードされます。

このGadgetCloudを使用するには、あらかじめSoundCloudのアカウント登録が必要です。

GadgetCloudについては別のページでも取り上げていますので、知りたい方はそちらも見てくださいね。

GadgetCloudで自作曲を公開する

iTunes 【PCへ転送する】

書き出したトラックを、iPad/iPhoneのiTunesに保存。

さらにコンピュータと接続する事で、iTunesを介し、書き出したトラックをコンピュータに転送することができます。

・Master ソングを構成するすべてのトラックを2MIXで書き出します。

・All Tracks ソングを構成するすべてのトラックを個別に書き出します。

・Track 選択したトラックだけを書き出します。

・Tail 書き出したオーディオ・ファイルの最後に、5秒間の空白時間を作るか否かを設定します。

ためしにGadgetで作ったソングを、iTunesに保存してみましょう。

ヘッダーのファイルアイコン→エクスポート→iTunesメニューにて、Masterをタップ。

書き出し処理が完了したらiPad/iPhoneをコンピュータと接続して、iTunesを起動します。

コンピュータ側iTunesのデバイスアイコンをクリックします。

左カラムの「設定」から「App」をクリック。

中央カラムのApp項目から「Gadget」を選ぶと、右カラムの「Gadgetの書類」というリストに、現在保存されているファイルが一覧表示されます。

そこからデスクトップにドラッグ&ドロップするなどして、エクスポートしたWAVファイルを取り出してください。

ちなみに「Gadgetの書類」は、App画面をかなり下へスクロールさせた所にありますのでご注意ください。

個人的にはiTunesの画面構成がとても分かりづらく、ここまでたどり着くのに苦労しましたね。。

Dropbox 【クラウドへ転送する】

書き出したトラックを、クラウド上のDropboxにアップロードします。

Dropboxにアップするには、アカウント登録が必要です。

さきほど紹介したiTunesでのエクスポートと目的は同じですが、Wi-Fi環境のある方には、こちらの方が使いやすいでしょう。

DropboxにアップしたWAVファイルは、

  • 他のDAWに取り込む
  • ローカルやネット越しで誰かに渡す
  • SoundCloud Proバージョンの「リプレースファイル機能」で上書く

…など様々な用途で取り扱うことができます。

特に2番目は複数のクリエーター間で共同制作というワークフローが実現できますね。

・Master ソングを構成するすべてのトラックを2MIXで書き出します。

・All Tracks ソングを構成するすべてのトラックを個別に書き出します。

・Track 選択したトラックだけを書き出します。

・Tail 書き出したオーディオ・ファイルの最後に、5秒間の空白時間をもうけるかを設定します。

ためしにKORG Gadgetで作ったソングを、Dropboxに保存してみましょう。

ヘッダーのファイルアイコン→エクスポート→Dropboxメニューにて、Masterをタップ。

ランダマイズ処理後、アップロードが始まります。

処理時間はソングのファイルサイズと、Wi-Fi環境に依存します。

アップロードが完了したら、クラウド上に保存されたソングファイルを確認してみましょう。

WebブラウザでDropboxへアクセスするのもいいですが、ネットに接続されたコンピュータから、直接覗くこともできます。

MacOSの場合FinderからDropboxに入ると、”KORG Gadget”というフォルダが生成されているのが分かります。

さらにKORG Gadgetフォルダに入ると、アップされたソングが、wav形式で保存されているのが確認できます。

あとはDAWに取り込むなど、お好きにどうぞ!

AudioCopy 【他のiOSアプリで使う】

書き出したトラックをiPad/iPhoneのクリップボードに一旦保存。

そのデータをそのまま他のiOSアプリに貼り付けることができます。

AudioCopyは他のiOSアプリと自由にサウンドの受け渡しができる、とても優れた規格です。

こちらで詳しく紹介していますので、興味のある方はご覧ください。

Ableton Live Project 【”Live”のプロジェクトファイルに変換する】

書き出したソングやトラックを、“Ableton Live”のプロジェクトファイルとして変換し、保存します。

保存先は”iTunes”または”Dropbox”のいずれかを指定でき、ファイル形式は”WAV”もしくは”AAC”から選択できます。

Dropboxを使用する場合、あらかじめアカウント登録が必要です。

一例としてAAC形式でDropboxに保存してみます。

ヘッダーのファイルアイコン→エクスポート→Ableton Live Projectメニューにて、”AAC”および”Dropbox”をタップ。

ソングを構成する全トラックのランダマイズ処理後、アップロードが始まります。

エクスポートの完了を知らせるポップアップが表示されるので、OKをタップ。

ネット接続されたコンピュータから、Dropboxフォルダを開いてみてください。

KORG Gadgetフォルダ内に、エクスポートされたソングのプロジェクトフォルダが生成されていますね。

プロジェクトフォルダを開くと、Ableton Liveで用いられる”.als”ファイルが見つかりました。

このファイルアイコンをダブルクリック。

Ableton Liveが起動。

KORG Gadgetからエクスポートされたトラックが、クリップとして並んでいます。

このクリップはAbleton Live上で、オーディオデータ(冒頭で選択したAACファイル)としてエディットすることができます。

ちなみにまだAbleton Liveをお持ちでない方は、KORG Gadgetユーザー特典として「Lite」版の無償ライセンスが入手できます。

これを機にKORG Gadgetと相性の良い”Live”を試してみても。

体験版をゲットするにはエクスポートメニュー→Ableton Live Projectにあるリンクをタップし、以下の画面の案内に従ってくださいね。

【追記】この記事を作成した後のバージョンアップで、GadgetをAbleton Live上で完全再現できる強力な連携機能が追加されました。詳しくはこの記事をご参照ください!

Standard MIDI File 【MIDIデータに変換する】

ソングやトラックをMIDIデータ(SMFファイル)に変換して保存します。

SMFファイルをDAWに取り込むことで、KORG Gadgetで作ったトラックの演奏データを、コンピュータ上でエディットできます。

保存先は”iTunes”、または”Dropbox”のいずれかを指定可能。

Dropboxを使用する場合、あらかじめアカウント登録が必要です。

ソングをMIDI変換しDropboxにアップしてみましょう。

ヘッダーのファイルアイコン→エクスポート→Standard MIDI Fileメニューにて、”Dropbox”をタップ。

ソングを構成する全トラックのMIDI変換後、アップロードが始まります。

ネット接続されたコンピュータからDropboxフォルダを開くと、KORG Gadgetフォルダ内に、エクスポートされたソングのMIDIファイルが生成されていますね。

任意のトラックのMIDIファイルをAbleton LiveなどのDAWに取り込めば、KORG Gadgetで作成した演奏データをコンピュータ上でエディットする事ができます!

まとめ

少々長くなりましたが、KORG Gadgetのエクスポート機能を紹介しました。

もちろんKORG Gadgetだけで十分ハイレベルな楽曲を作成できます。

しかし、こんな魅力的なモバイル音楽制作アプリで作ったトラックを、iPadだけで完結させるのは勿体無いですよね。

あなたの作品の可能性をより広げるため、ぜひエクスポート機能をご活用くださいませ。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事

  1. テクニック

    DAWで作ったデータをKORG Gadgetに取り込む方法(インポート)

    KORG Gadgetには、コンピュータのDAWで書き出したMIDIフ…

  2. テクニック

    KORG Gadgetの音色を「ユーザー同士がシェア」する方法。

    KORG Gadget for iOSは、シンセサイザーの詰め合わせの…

  3. テクニック

    KORG Gadgetと他のiOSアプリを連携させる方法 …AudioCopy

    今回は"AudioCopy"という機能を通じ、KORG Gadgetと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サウンドハウス

非公式楽曲コンペ「GadgetSonic 2018」特集ページ

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

PICKUP

SERIES

LATEST ARTICLE

  1. かんたんシンセ入門

    KORG Gadgetで学ぶ「かんたん」シンセ入門。第1回「シンセって何だろう?…
  2. Chicago (Acid)

    アナログベース・ガジェットChicagoについて。太っとくブリブリなアシッドベー…
  3. NEWS 2016

    KORG、伝説のアナログシンセARP ODYSSEi発表。ガジェット名はLEXI…
  4. nanoKONTROL Studio

    nanoKONTROL Studioの使い方②「セッティング」編。Bluetoo…
  5. 音色探訪

    「クロス・モジュレーション」で、Let’t la FM! Montp…
PAGE TOP