Berlin

アナログ・モノシンセ・ガジェットBerlinについて。存在感溢れるメロディーを奏でよう

KORG Gadget Berlin(ベルリン:ドイツの首都)は、「オシレーターシンク」という概念を音作りに用いた、アナログ・モノシンセ。

オシレーターシンクとは、音を出すオシレータの波形周期を、もう1つのオシレータの周期に強制的にシンク(同期)させることで複雑な波形を生み出し、強烈なモジュレーション・サウンドを作ることができる…

…なんて、いきなりムズカシイ話をしてしまいましたが、Berlinの音作りはとってもシンプルなのでご安心を。

とにかくカンタン操作で、ダンスミュージックにハマるリードサウンドを作ることができる、美味しいシンセです!

“Berlin”による音作りの流れ

Berlinは、ひとつのVCOセクションで、シンク・モジュレーションのかかり具合などが設定できるようになっています。

生成できる波形は4種類で、音色のピッチバランスを調節したり、モジュレーションをかける度合いを設定します。

VCFセクションでは、フィルターのカットオフ周波数に対し、「EG」「LFO」「キーボード・トラック」の各ソースで設定したモジュレーションをかけることも。

そしてVCOセクションで音量ボリュームを設定し、最後のDELAYエフェクトでサウンドを整えれば、音作りが完了します。

オーソドックスなシンセ同様、ポルタメント・タイムやピッチ・ベンド量、ビブラートの深さも設定できますよ。

各パラメータの説明

Berlinは、“VCO/MOD”と”VCF/AMP”の2画面で構成されています。

“VCO/MOD”画面

PORTA / BEMD / VIB.セクション

PORTA(0~127)

ポルタメント・タイム。

2つの音を弾いた時に音を滑らかに移行させたい時、その「時間」を設定します。

短いと「ピュン!」、長くすれば「ピュ〜〜〜〜〜ン」と、音の高さが変化します。

BEND(-2.00~+2.00)

「ピッチ・ベンド量」の設定。

鍵盤を弾いている時にBENDスライダーを上げ切ると全音上がり、下げ切ると全音下がります。

VIB.(0~127)

「ビブラートのかかり具合」を設定します。

VOLTAGE CONTROLLED OSCILLATORセクション

PITCH(-24~+24)

オシレータの「音の高さ」を調節します。値が±1変わると半音、±24で2オクターブ分。

WAVEFORM(Triangle,Saw,Square,Pulse)

オシレータの波形を「三角波」「ノコギリ波」「矩形波」「パルス波」の4種類から選択します。

BALANCE(0~127)

このスライダーを上げると、「シンクされる側のオシレータの音量」が上がり、クセのある音になります。

したがって、0にすると、シンクする側だけの出力になり、音がおとなしくなります。

EG1/LFO

EGにすると、「ENVEROPE GERATORセクションで設定された値」でモジュレーションがかかります。

LFOにすると、「LOW FREQUENCY OSCILLATORセクションで設定された値」でのモジュレーションとなります。

MOD(0~127)

このスライダーを上げると、シンクされる側のオシレータに「モジュレーションが深く」かかります。

TONE(0.00~12.00)

「シンクされる側のオシレータのチューニング」を設定します。

このスライダーを上げると、1オクターブ上のミックスバランスに近づき、同時に音色も変化します。

ENVELOPE GENERATORセクション

ATTACK(0~127)

「鍵盤を押してから、ATTACKレベルになるまでの時間」を設定します。

DECAY(0~127)

「ATTACKレベルになってから、音量レベルが0になるまでの時間」を設定します。

LOW FREQUENCY OSCILATORセクション

SHAPE(Triangle,DownSaw,UpSaw,Square,Sample&Hold)

LFOの波形、つまり「音の揺らぎのタイプ」を設定します。

このうちS&Hはサンプルアンドホールドといい、ランダムな不規則波形となります。

FREQ.(0~10)

「LFOで揺らぎを与える周期」(周波数)を設定します。

上げるほど、ゆっくりとした揺らぎとなります。

KEY SYNC(OFF,ON)

オンにすると、鍵盤を押さえるたびに「LFOがリセット」されます。

TEMPO SYNC(OFF,ON)

オンにすると、LFOによる揺らぎの間隔が、「ソングのテンポに同期」します。

“VCF/AMP”画面

VOLTAGE CONTROLLED LOW PASS FILTERセクション

EG 1(0~127)

1画面目にある「EGによる、カットオフ周波数へのモジュレーションのかかり具合」を設定します。

LFO(0~127)

1画面目にある「LFO(低周波発振器)による、カットオフ周波数へのモジュレーションのかかり具合」を設定します。

KBD(-1.00~+1.00)

「キーボードトラックによる、カットオフ周波数の変化量」を設定します。

FREQ.(0.00~10.00)

フィルターの「カットオフ周波数」を設定します。

RESO.(0~127)

フィルターの「レゾナンス」を設定し、カットオフ周波数付近を強調してクセを出します。

VOLTAGE CONTROLLED AMPLIFIERセクション

ATACK(0~127)

「アタックタイム」(鍵盤を叩いてから最大レベルになるまでの時間)を設定します。このパラメータを上げると、音がふわっと立ち上がります。

DECAY(0~127)

「ディケイタイム」(サスティンレベルに至るまでの時間)を設定します。短くすれば歯切れの良い、長くすればゆったりとしたサウンドになっていきます。

SUSTAIN(0~127)

「サスティンレベル」(音が継続するレベル)を設定します。0 にすると、DECAYで設定した時間に音が消えます。

RELEASE(0~127)

「リリースタイム」(鍵盤から離れてから音が消えるまでの時間)を設定します。長くすれば余韻が増していきます。

LEGATO(OFF,ON)

「レガートを設定」します。

オンにすると、音量が滑らかに変化します。

DELAYセクション

TIME(1/64,1/32,1/24,1/16,1/12,1/8,1/6,3/16,1/4,1/3,3/8,1/2,3/4,1/1)

「ディレイタイム(やまびこの間隔)を、ソングのBPMに合わせて」設定します。

LEVEL(0~127)

「ディレイ(やまびこ)のレベル」を設定します。

SPREAD(OFF,ON)

オンにすると、「ディレイ(やまびこ)がよりステレオに広がり」ます。

MASTERセクション

LEVEL(0~127)

Berlinの「出力レベル」を設定します。

“Berlin”サウンドメイキングのポイント

もちろん、音色を決定づけるのはVCFです。

しかし、シンク・モジュレーションを用いるBerlinでは、VCOもサウンドを左右する重要なセクションとなります。

特に“BALANCE”,”MOD”,”TONE”の各パラメータは、Berlinによるサウンドメイキングを行う上での鍵となるでしょう。

それぞれの役割を理解した上で、オシレーターシンクを積極的に活用したいですね。

魅惑のオシレーターシンク・サウンドをあなたに!

ここまで読まれてお気付きの方もいるかも知れませんが、オシレーターシンクのシンセはその原理上、「シンクする側」と「シンクさせられる側」の、2つのオシレータで構成されます。

しかしBerlinには、1つのオシレータセクションしかありませんでしたよね。

これは音色作りを簡単にするための、コルグさんによる思い切った「割り切り」設計だと思います。

音作りの幅をあえて犠牲にしたトレードオフとして、初心者でも簡単に音作りを楽しめるようになっています。

一方、2016年11月にリリースされた”Lexington”(iOSアプリ”ARP ODYSSEi”購入で使用可)は、更に本格的なオシレーターシンクによる音づくりができます。

Berlinに飽き足らなくなった方は、是非そちらもご検討くださいね。

Have a nice trip!

関連記事

  1. テクニック

    非現実的な音色使いでトラックをユニークにするテクニック(Berlin編)

    個人的な話で恐縮ですが、筆者・くらんけは「ハイ・ラマズ」(High L…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

連載中

  1. Kingston

    チップチューン・ガジェットKingstonについて。唯一無二の「ピコピコサウンド…
  2. テクニック

    ガジェットの鍵盤を、通常の並び(ドレミファ…)に戻す方法。
  3. Helsinki

    ポリシンセ・ガジェットHelsinkiについて。ドリーミーなパッドサウンドを作ろ…
  4. NEWS

    コルグ、ベクターシンセiOSアプリiWAVESTATION発表。ガジェット名はM…
  5. NEWS

    KORG、約一年ぶりとなるKORG Gadget Featured Tracks…
PAGE TOP