テクニック

アンプシミュレーション・ガジェットRosarioの実力とは?色々なサウンドを突っ込もう!

前回のブログでは、KORG Gadgetのプリセット音だけでエレクトリック・ギターの打ち込みに挑戦しました。

今回は応用編として、前回の打ち込みギタートラックをギターアンプシミュレーターのRosarioに入力させ、さらにギターらしい質感を加えてみたいと思います。

ギターアンプ・ガジェット”Rosario”とは

RosarioはKORG Gadgetがオーディオトラックに対応したのと同時に用意された、ギターアンプシミュレーター・ガジェット。

実際にギターを演奏して、その音をオーディオ・インターフェースを介してMacやiOSガジェットに入力させる…のが、Rosario本来の使い方なんでしょう。

しかし実はWAVファイルのインポートにも対応しているんですよね。

オーディオを扱えるガジェットには、もう一つZurichという万能型もありますが、今回はギター用エフェクトが充実しているRosarioを試してみたいと思います。

KORG Gadget for Macでのやり方

それではMalseilleで作ったギタートラックをWAVファイルとしてエクスポートし、Rosarioのギターアンプに取り込むやり方を紹介します。

ギタートラックをWAVファイルにしてDropboxへエクスポートする

ファイル>エクスポート>オーディオファイルを選択します。

表示されたダイアログにてMARSSEILLEでギターを打ち込んだトラックを選択し、Exportボタンをクリック。

エクスポート先を指定するダイアログが表示されます。

デフォルトではiCloud Driveが選択されていますが、もしiOS版との連携を行う場合はDropboxの方をオススメ。

理由はiOS版がiCloud Driveからのインポート/エクスポートに対応していないからです・・・(2017年5月現在。)

ということでMac版だけでトラックメイキングを完結される方以外はエクスポート先をDropboxにしておいた方が無難でしょう

(もしDropboxを使われていない方は是非これを機にインストールしてください。KORG Gadgetをクラウドで扱えてとても便利ですよ!)

ともかく、このダイアログのプルダウンメニューからDropboxを選択して「エクスポート先を選択」をクリック。

これで打ち込んだギタートラックがWAVファイルとしてDropboxにアップロードされました。

ギタートラックのWAVファイルをRosarioにインポートする

KORG Gadget上で新規トラックを追加(Command + T )し、表示されたガジェット・セレクターにてRosarioを選択。

エディット画面に、Rosarioのトラックができましたね。

インポートを開始するシーンを選択します。

Rosarioの波形表示部の左下にあるImportをクリック。

先ほどエクスポートした、ギタートラックのWAVファイルを取り込みます。

ダイアログがDropboxの中身を表示していることを確認し、インポートしたいファイルを選択。

そして「オーディオを複数のシーンに続けて取り込む」にチェックマークを入れ、「開く」をクリックしてください。

このチェックを入れないと、一つのシーンに全ての波形が取り込まれてしまいます。

これでMarseilleで打ち込んだギタートラックが、Rosarioに波形データとして取り込まれました。

あとはRosario自慢のギターアンプをエディットして、好みのサウンドに仕上げましょう!

KORG Gadget for iOSでのやり方

for iOSの場合はヘッダー左上にあるファイルボタン>エクスポートとタップし、エクスポートメニューからDropboxを選択してください。

先ほども触れましたが、なぜか”iCloud Drive”という出力先が存在しないんですよねえ。。

あとはfor Macと同じ流れでOKです。

まとめ動画

文章だけでは、どんなサウンドになったかをお伝えできないので、動画を作ってみました。

Scene 1〜9まではRosarioのオーディオトラックを鳴らしていて、Scene 6からは別のアンプに変更しています。

Scene 10からはMarseilleのプリセット音色による「素」の打ち込みギターサウンドです。

…どうでしょう。よりギターっぽくなった気がしませんか?

本来はノン・エフェクトのクリーントーンをアンシミュに突っ込むべきなのだと思います。

しかしKORG Gadgetのギター音色にそのようなものがないので、やむなくエフェクトを二重にかける形になっています。

ギターに限らず、何でもアリでいきましょう!

以上KORG Gadgetでギタートラックを作るやり方を2本立てでお伝えしました。

Maeseilleで打ち込んだギタートラックを、WAVファイルにしてRosarioにインポートさせるという試みでした。

しかし、こいつに食わせる音源はギターじゃなくてもいいんです。

たとえばトレモロの効いたエレピをさらに枯れさせるなり、iPhoneにマイク突っ込んでデス声作るなり。。

あなたの自由な感性で、色々なサウンドを突っ込んで、様々な実験をしてみましょう。

音作りにルールや決まり事なんてないんですから、「何でもアリ」の精神でいきましょうね。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事

  1. テクニック

    KORG Gadgetの音色を「ユーザー同士がシェア」する方法。

    KORG Gadget for iOSは、シンセサイザーの詰め合わせの…

  2. テクニック

    画面外にある演奏データを「全選択」する方法

    今回は、ちょっとしたTipsをひとつ。KORG Gadgetの…

  3. テクニック

    KORG Gadgetと他のiOSアプリを連携させる方法 …AudioCopy

    今回は"AudioCopy"という機能を通じ、KORG Gadgetと…

  4. テクニック

    DAWで作ったデータをKORG Gadgetに取り込む方法(インポート)

    KORG Gadgetには、コンピュータのDAWで書き出したMIDIフ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サウンドハウス

非公式楽曲コンペ「GadgetSonic 2018」特集ページ

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

PICKUP

SERIES

LATEST ARTICLE

  1. Allihoopa

    音楽制作アプリ「Figure」パーフェクト・ガイド。いつでもどこでもサウンドスケ…
  2. Lisbon (Sci-Fi)

    Sci-Fiシンセ・ガジェット「Lisbon」レビュー。手のひらに広がる宇宙サウ…
  3. for Nintendo Switch

    【NEWS】KORG Gadget for Nintendo Switch初のイ…
  4. K.G.R

    「KORG Gadget Recommend」 始めます(僭越ながら・・・)
  5. 音色探訪

    サイドチェインでEDMサウンドを作る。
PAGE TOP