テクニック

アンプシミュレーション・ガジェットRosarioの実力とは?色々なサウンドを突っ込もう!

前回のブログでは、KORG Gadgetのプリセット音だけでエレクトリック・ギターの打ち込みに挑戦しました。

今回は応用編として、前回の打ち込みギタートラックをギターアンプシミュレーターのRosarioに入力させ、さらにギターらしい質感を加えてみたいと思います。

ギターアンプ・ガジェット”Rosario”とは

RosarioはKORG Gadgetがオーディオトラックに対応したのと同時に用意された、ギターアンプシミュレーター・ガジェット。

実際にギターを演奏して、その音をオーディオ・インターフェースを介してMacやiOSガジェットに入力させる…のが、Rosario本来の使い方なんでしょう。

しかし実はWAVファイルのインポートにも対応しているんですよね。

オーディオを扱えるガジェットには、もう一つZurichという万能型もありますが、今回はギター用エフェクトが充実しているRosarioを試してみたいと思います。

KORG Gadget for Macでのやり方

それではMalseilleで作ったギタートラックをWAVファイルとしてエクスポートし、Rosarioのギターアンプに取り込むやり方を紹介します。

ギタートラックをWAVファイルにしてDropboxへエクスポートする

ファイル>エクスポート>オーディオファイルを選択します。

表示されたダイアログにてMARSSEILLEでギターを打ち込んだトラックを選択し、Exportボタンをクリック。

エクスポート先を指定するダイアログが表示されます。

デフォルトではiCloud Driveが選択されていますが、もしiOS版との連携を行う場合はDropboxの方をオススメ。

理由はiOS版がiCloud Driveからのインポート/エクスポートに対応していないからです・・・(2017年5月現在。)

ということでMac版だけでトラックメイキングを完結される方以外はエクスポート先をDropboxにしておいた方が無難でしょう

(もしDropboxを使われていない方は是非これを機にインストールしてください。KORG Gadgetをクラウドで扱えてとても便利ですよ!)

ともかく、このダイアログのプルダウンメニューからDropboxを選択して「エクスポート先を選択」をクリック。

これで打ち込んだギタートラックがWAVファイルとしてDropboxにアップロードされました。

ギタートラックのWAVファイルをRosarioにインポートする

KORG Gadget上で新規トラックを追加(Command + T )し、表示されたガジェット・セレクターにてRosarioを選択。

エディット画面に、Rosarioのトラックができましたね。

インポートを開始するシーンを選択します。

Rosarioの波形表示部の左下にあるImportをクリック。

先ほどエクスポートした、ギタートラックのWAVファイルを取り込みます。

ダイアログがDropboxの中身を表示していることを確認し、インポートしたいファイルを選択。

そして「オーディオを複数のシーンに続けて取り込む」にチェックマークを入れ、「開く」をクリックしてください。

このチェックを入れないと、一つのシーンに全ての波形が取り込まれてしまいます。

これでMarseilleで打ち込んだギタートラックが、Rosarioに波形データとして取り込まれました。

あとはRosario自慢のギターアンプをエディットして、好みのサウンドに仕上げましょう!

KORG Gadget for iOSでのやり方

for iOSの場合はヘッダー左上にあるファイルボタン>エクスポートとタップし、エクスポートメニューからDropboxを選択してください。

先ほども触れましたが、なぜか”iCloud Drive”という出力先が存在しないんですよねえ。。

あとはfor Macと同じ流れでOKです。

まとめ動画

文章だけでは、どんなサウンドになったかをお伝えできないので、動画を作ってみました。

Scene 1〜9まではRosarioのオーディオトラックを鳴らしていて、Scene 6からは別のアンプに変更しています。

Scene 10からはMarseilleのプリセット音色による「素」の打ち込みギターサウンドです。

…どうでしょう。よりギターっぽくなった気がしませんか?

本来はノン・エフェクトのクリーントーンをアンシミュに突っ込むべきなのだと思います。

しかしKORG Gadgetのギター音色にそのようなものがないので、やむなくエフェクトを二重にかける形になっています。

ギターに限らず、何でもアリでいきましょう!

以上KORG Gadgetでギタートラックを作るやり方を2本立てでお伝えしました。

Maeseilleで打ち込んだギタートラックを、WAVファイルにしてRosarioにインポートさせるという試みでした。

しかし、こいつに食わせる音源はギターじゃなくてもいいんです。

たとえばトレモロの効いたエレピをさらに枯れさせるなり、iPhoneにマイク突っ込んでデス声作るなり。。

あなたの自由な感性で、色々なサウンドを突っ込んで、様々な実験をしてみましょう。

音作りにルールや決まり事なんてないんですから、「何でもアリ」の精神でいきましょうね。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事

  1. テクニック

    「リバースシンバル」でトラックにアクセントを付ける。

    今回は、極めて簡単な手法ながら、トラックに劇的なアクセントを生み出す「…

  2. テクニック

    ガジェットの鍵盤を、通常の並び(ドレミファ…)に戻す方法

    KORG Gadgetでシンセ系ガジェットを呼び出してキーボードを弾く…

  3. テクニック

    アルペジエータで、シーケンスパターンを自動生成する。

    唐突ですが、あの「禁じられた遊び」のギタープレイを思い浮かべてみましょ…

  4. テクニック

    サイドチェインでEDMサウンドを作る

    今回は、EDMサウンドを作る上での定番テク「サイドチェイン」を、KOR…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新のKORG Gadget Recommendトラック(8/13付)

このサイトについて

案内人のくらんけ@gadget_junkiesです。 Gadget-Junkies.netは、モバイル音楽制作アプリ”KORG Gadget”の「超」入門サイト。 主に初心者の方へ向け、使い方やTipsを出来るだけやさしく紹介していきます。 KORG Gadgetにまつわる話題や情報も随時発信。 …とは言え、開設したばかりでまだまだショボいサイトです。。 これからコンテンツをガシガシ増やしていきますので、どうぞよろしくお願いします!

最近の記事

  1. KORG Gadgetが「最高のモバイル・チップチューン制作…
  2. すべてのクリエーターへ贈る「創作&睡眠時間捻出」のためのアイ…
  3. 夢のDTM完全ワイヤレス化を目指して…ケンジントン「Expe…
  4. 名機「Mono/Poly」をガジェット化!KORG Gadg…
  5. 【KGR】真夏のアムステルダム紀行。「Kiss the mo…
  1. テクニック

    ガジェットの鍵盤を、通常の並び(ドレミファ…)に戻す方法
  2. 雑記帳

    2016 年末特別企画「今年リリースされたガジェットで、どれが一番好きでしたか?…
  3. Kingston

    チップチューン・ガジェットKingstonについて。唯一無二の「ピコピコサウンド…
  4. KORG Gadget for Mac

    好みのDAWで全ガジェットが使えるGadget Plug-in Collecti…
  5. ガジェットを演奏しよう

    iPadのタッチパネルで演奏する
PAGE TOP