Gadget days

KORG Gadgetが「最高のモバイル・チップチューン制作アプリ」である理由。

KORG Gadgetは、野太いキックやシンセベース、グイグイ前に出るリードサウンドが印象的。

そのせいか、ダンスミュージック向きの音楽制作アプリだと言われてきました。

実際、このアプリで制作されたトラックをSoundCloudで聴くと、エレクトロニカやテクノの割合が多いようです。

しかしKORG Gadgertは「チップチューン」にも強いアプリであることをご存知でしょうか?

意外なことに、モバイル・プラットフォーム上で動作するチップチューン制作環境では、今やKORG Gadgetの一人勝ち状態。

なぜKORG Gadgetが、チップチューンの制作に向いているのでしょうか?

チップチューンについて

まずはチップチューンというジャンルに耳馴染みのない方へ、簡単に紹介します。

根強いファンを持つディープな世界ゆえ、浅学で恐縮ですがご容赦を…。

チップチューンとは?

ざっくり言えば「ファミコンやゲームボーイっぽい、ピコピコサウンドを用いた音楽」。

「ピコピコサウンドを、メインどころに据えた音楽」とも表現できるでしょう。

チップとは、ゲーム機に搭載されたICチップやLSIチップによる内蔵音源のこと。

かつて大量生産されたファミコンやゲームボーイ、欧米で人気を博したコモドール64でPSG系音源が採用されたことから、今ではそれらのサウンドが「チップチューン」の代名詞的存在になっています。

ただし明確な定義は存在せず「実機の内蔵音源以外、チップチューンとして認めない」という向きや「FM音源やスーファミ音源も含めるの?」「バンドやヴォーカルを加えるのもアリ?」など諸説あり、議論が絶えないようですね。

田中治久(hally)著「チップチューンのすべて」では

2001年に私は、世界初の総合的なチップチューン・ニュースサイト「VORC」を設立するにあたって、「少なくとも半分以上のパートがチップ由来の音で奏でられていること」をチップチューンの要件として定めた。この認識は広く共有されたものではないが、音楽ジャンルの変化と発展を阻害しない-つまり定義が権力になってしまわない-ぎりぎりの線で「チップチューンとは何か」という問いに答えるなら、おそらく今日でも最良の回答といえるものだろう。

と述べられています。

今回のブログでは上記の要件を採用し、

ファミコン(ゲームボーイ)音源、namco社製ビデオゲームやPCエンジンで使われた波形メモリ音源、メガドライブやアーケードゲームでお馴染みのFM音源、そしてスーパーファミコンのPCM音源すべてがチップチューン音源である。」

と捉え、この記事を書いていきます。

夢のチップチューン制作統合環境「KORG Gadget」

冒頭、「KORG Gadgetはモバイルにおける最高のチップチューン制作アプリ」であると表現しました。

その理由は、この分野でKORG Gadgetに肩を並べるiOSアプリが存在しないからです。

(かつて「iYM2151」という、アーケードゲームで用いられた4オペFM音源を再現したマニアックなiOSアプリが存在しましたが、2017年10月現在ディスコン状態。。)


KORG GadgetにはPSGや波形メモリ音源といった数々のチップチューン音源群が搭載され、音質も実機と聴き紛うほど良好。

ここからは、実際に各音源のサウンドを体験しながら、KORG Gadgetの魅力を述べていきましょう。

ファミコン(ゲームボーイ)音源・・・Kingston

まずは、トラックをチップチューンたらしめる基本中の基本「ファミコン(ゲームボーイ)音源」から。

しばしば「PSG音源」とも呼ばれますが、これは米・ゼネラルインストルメント社が開発したビデオゲーム専用チップセット「GIMINI 8900」に搭載された音源チップのこと。

ファミコン音源とは別物ですが、1980年代においてはゲームのピコピコサウンドを、一括りにPSGと呼んだようですね。

ファミコン音源を内包するCPUチップ「RP2A03」 (https://ja.wikipedia.org/wiki/ファイル:RP2A03E.jpg より)

そんなファミコン音源を、KORG Gadget上で再現したのがKingston

元波形として3種類のパルス波(Pulse width 12.5%/25%/50%)、三角波、それにノイズを選べファミコン音源の仕様とよく似ています。

そして見逃せないのが、音程を滑らかに変化させる「スィープ機能」を再現するJump!ボタン。

これをONにし、HEIGHTノブを適当にプラスにすれば音程が上がり、マイナスで下がります。とても直感的。

マ○オのジャンプ音や、シンセタムっぽいパーカッシブなサウンドを簡単に作ることができます。

こんなに可愛いらしいチップチューン・トラックも作れますよ。

波形メモリ音源・・・Kamata

http://gadget.korg.com/kamata/index_jp.phpより

ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)は1980年代はじめから、アーケードゲームのために自前の音源チップを開発していて、それに採用されたのが波形メモリ音源でした。

ゼビウスやパックマンなど、優れた作品性で業界をリードしたナムコでしたが、サウンド面においても一歩抜きん出た存在だったのですね。

その音源チップ「C30」を、なんと本家本元・バンダイナムコスタジオのサウンドチームの協力によりガジェット化したのが、このKamata。

波形メモリ音源方式は波形そのものをエディットできるのが強みで、オリジナリティあふれる音色を作ることができます。

当時、FM音源が登場するまで、C30サウンドの表現力は一つの到達点だったと言えるかもしれませんね。

Kamataだけで、こんなにゴージャスな作品が作れます。なんとKORG Gadgetオンリーとのこと!

FM音源・・・Chiangmai

FM音源方式は、元々デジタルシンセ「YAMAHA DX7」などで採用されましたが、同時にヤマハは、FM音源機能のワンチップ化を推進。

その結果、多くのゲーム機やパソコンにFMチップが搭載されたのです。

ヤマハが開発したFM音源チップYM2151(OPM) https://ja.wikipedia.org/wiki/ YM2151#/media/File:Yamaha_ YM2151.PNG より

これまでのPSG系音源に比べ、格段にリアルな音作りが可能となった上、同時発声数も多く、圧倒的な表現力でした。

硬質かつ煌びやかなサウンドが持ち味で、キラキラしたベルやエレピ系サウンドは今でも大定番。

このFM音源チップによってビデオゲームのサウンドは劇的に進化し、「アウトラン」「ドラゴンスピリット」「ニンジャウォーリアーズ」「グラディウスII」など、極めて芸術性の高い作品が次々に生まれました。

ヤマハが特許を持つFM音源方式。KORG Gadgetでの再現はさすがにムリだろう…。と思いきや、なんと実現するんです。

それが、このChiangmaiというガジェット。

正しくはFM音源ではなくVPM(バリアブル・フェーズ・モジュレーション:可変位相変調)ですが…まあ、原理的には同じです。

ただし音色の簡単エディットを実現するために、音作りのパラメータを大幅に削る事で、FM音源独特の「キャリア」や「オペレータ」といった概念を意識させないインターフェースを取っています。

したがって、先にあげたチップ音源に比べ再現性が低いのですが、80年代の雰囲気は十分に表現できるでしょう。

スーファミ音源・・・Marseille / Darwin

スーパーファミコンの時代になると、サウンド面が究極的に進歩し、遂にサンプリングが可能なPCM音源が搭載されるようになります。

ドラム・ベース・ピアノ・ストリングス……電子音ではなく「生楽器」のサウンドが使えるようになりました。

もっとも、当時のROMカセットの容量は数十メガビットほどで、CDに比べるとかなり圧縮された音質でしたが……。

スーパーファミコンの発売は1990年ですから、ちょうど同時期、シンセ界を席巻していた「KORG M1」から多くのサウンドがサンプリングされたことは、想像に難くありません。

というわけで、KORG GadgetではM1を音源化したDarwinを扱うことができるのです。

誰もが耳にしたことのある「M1ピアノ」など、ポピュラーなPCMサウンドが大量に手に入りますよ。

Marseilleも、生音系・シンセ系問わずベーシックなPCMサウンドが多く収録され、とても使えるガジェット。

メロトロンを意識したテープフルートやテープストリングスなど、いい意味でチープな音色が多いのもスーファミらしさ?を演出できるかと。

このトラックのように、他のチップチューン音源と併用すると、よりスーファミっぽくなりますね。

KORG Gadgetのトラックメイキングは「ゲーム感覚」。気軽に始めよう!

今回は、いかにKORG Gadgetがチップチューンの制作に向くアプリであるかを紹介しました。

これらの豊富なチップチューン音源と、超簡単に入力できるシーケンサーによりKORG Gadgetがチップチューン制作環境としていかに秀でているか、お分かりになったかと思います。

本格的なチップチューン作りを、片手一つでお手軽に・・・KORG Gadget。あなたも始めてみませんか?

それではまた。Have a nice trip!

関連記事

  1. Lifestyle for DTMer

    夢のDTM完全ワイヤレス化を目指して…ケンジントン「Expert Mouse Wireless Tr…

    私たちDTMerにとって、マウスは自らの意思を作品に吹き込むための道具…

  2. Gadget days

    すべてのトラックメーカーに捧げる「楽曲共有サービス」7選。

    私たちトラックメーカーが「作曲」という表現活動をするからには、やはりオ…

  3. Gadget days

    iPadの動画撮影用に、クリップ式のアームホルダーを買ってみた

    Gadget-Junkies.netというレクチャー・ブログを運営する…

  4. 読書エッセイ

    トラック制作とブログ執筆は似ている。リスナー&読者に「完食」されるための方法論とは?

    筆者のような社会人トラッカー&ブロガーは、常に時間との戦い。忙…

  5. Gadget days

    自作曲にアートワークを(ラクに)つける7つのアイディア。

    今回は、いつものKORG Gadgetブログとは趣向を変え、あなたの自…

  6. Lifestyle for DTMer

    すべてのクリエーターへ贈る「創作&睡眠時間捻出」のためのアイディア9選。

    筆者のような、ありふれたサラリーマンが作曲やブログに手を染めると、必然…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

連載中

  1. トラックを作ってみよう

    入力したノートを編集する
  2. Gadget days

    すべてのトラックメーカーに捧げる「楽曲共有サービス」7選。
  3. Gadget days

    自作曲にアートワークを(ラクに)つける7つのアイディア。
  4. K.G.R

    【KGR】”ファミコンサウンド”への郷愁と偏愛…サクッと聴ける小粋なチップチュー…
  5. ネットにアップしよう

    GadgetCloudで自作曲を公開する
PAGE TOP