KORG Module

KORG Moduleの高品位サウンドをGadgetで。「別売」追加ライブラリー・プレビュー。

2018年2月1日、コルグはiOS音源アプリ「KORG Module」のアップデート「バージョン 2.6」をリリースしました。

新しく3つの他社製エクスパンション・サウンド・ライブラリーが追加されたのが、大きなトピック。

他にもパフォーマンスの改善や演奏時の不自然な音切れが解消されるなど、全体的なリファインが行われています。

(新作ライブラリーの詳細については、以下の記事をご覧ください)

これまで当ブログは「KORG Gadget 激推しサイト」という立場上、あまりModuleについて触れてきませんでした。

しかし、実はGadgetでも使うことができる「拡張ライブラリー」が充実してきた今、改めてModuleについて、9つあるサウンド・ライブラリー(2018年2月現在)の話題をメインに記事を書きたいと思います。

KORG Moduleのライブラリー音色は、Gadgetでも使用可能

KORG Moduleは、ピアノやエレピと言ったハイクオリティーな内蔵音源を、iPhoneやiPadで「演奏」することに特化したアプリ。

そして、そのModuleの音色ライブラリーは、すべてGadget for iOSでも扱う事ができます。

ただし専用ガジェットとしてではなく、Moduleをガジェット化した以下のモデルのどれかに「追加」される形で供給されます。

  • Salzburg(アコースティックピアノ)
  • Montreal(エレクトリックピアノ)
  • Alexandria(オルガン)
  • Firenze(クラビネット)
  • Glasgow(マルチ音源)

たとえばModuleで、追加ライブラリー「KAPro Orchestral Dreams」を購入した場合・・・

Gadgetでは、そのライブラリーの音色を、マルチ音源ガジェット「Glasgow」で使うことになります。

なので「Moduleで購入したのにGadgetが見つからないぞ!」と勘違いしないでくださいね・・・筆者のように。苦笑

購入したライブラリーがどのガジェットで使えるかは、このあとガイドしていきますのでご安心を!

エクスパンション・サウンド・ライブラリーの一覧

2018年2月現在、Moduleの拡張音源として、個性豊かな9本のライブラリーが存在します。

これらはModuleアプリ内のストアで購入することができ、作曲を行うクリーエーター自らの音楽スタイルに合わせて拡張していくことが可能。

一つずつ紹介していきましょう。

SCARBEE EP-88M (20 Programs)

<音色が追加されるガジェット:Montreal>

今回のアップデート(2018年2月)で追加された、新作ライブラリーその1。

デンマーク・SCARBEE社製の、とても丁寧に仕上げられたプレミアム・エレクトリックピアノです。

華やかで、ダイナミック・レンジの広いエレピサウンドが持ち味。

KApro Orchestral Dreams (63 Programs)

<音色が追加されるガジェット:Glasgow>

新作ライブラリーその2。

こちらは、コルグのミュージック・ワークステーション「KRONOS」に音色を提供していたKAPro社製のライブラリー。

KORG Gadgetで初めて、本格的なオーケストラ・サウンドをもたらしてくれます。

伸びやかでツヤのあるストリングス・アンサンブルは絶品!

KApro Dreamy Synths (63 Programs)

<音色が追加されるガジェット:Glasgow>

新作ライブラリーその3。

様々なヴィンテージ・シンセの「美味しいサウンド」を取り揃えた、即戦力なサンプル音色群。

ウォームな質感のブラスやシンセストリングス、アンビエントに使えそうなドローン、果てはコンピューター・ボイスも収録されていて、飛び道具としても超便利。

80’s Electric Piano (30 Programs)

<音色が追加されるガジェット:Montreal>

「これぞエイティーズ…!」と叫びたくなるような、煌びやかな質感のキラキラ・エレピ。

ハウスにマッチするド派手ピアノのほか、YAMAHA DX7にとても近いFMエレピが多く、思わずニヤリとしてしまいますね。

リバーブを深めにかけると、90年代のローファイ前に流行った、都会的なゴージャス・サウンドの出来上がり!

Mellow Tape Keyboard (20 Programs)

<音色が追加されるガジェット:Glasgow>

60〜70年代のプログレッシヴ・ロックで多く聴かれた「メロトロン」サウンドを幅広く収録。

ストリングス・バイオリン・フルート・コーラスなどの音色をテープに収録し、それを鍵盤演奏(再生)させて得られる独特のサウンドは、ノスタルジックで郷愁を帯びています。

筆者を含め、Marseilleの20〜22番音色(TAPEシリーズ)がお好きな方にとっては、まさに夢のような胸キュン・ライブラリーでしょう。

TRITON Best Selection (100 Programs)

<音色が追加されるガジェット:Glasgow>

コルグのミュージック・ワークステーション「TRITON」から、よりぬき100音色を収録。

「Mellow Tape Keyboard」が60〜70年代で、「80’s Electric Piano」が80年代なら、これは90年代サウンドでしょうか?

ポピュラー音楽にマッチする、非常に美味しい音色が手に入ります。

【販売終了】PREMIER Vintage Organ (16 Programs)

<音色が追加されるガジェット:Alexandria>

横須賀に本拠を置くPREMIER SOUND FACTORY社製の、ヴィンテージ・オルガンに特化したライブラリー。

ロックのバッキングにぴったりな、野太く、ザラついた質感の荒々しいオルガンサウンドが拡張されます。

オルガンといっても教会っぽさはなく、叩きつけるようなパーカッシヴや、ハモンド系が得意みたいですね。

【2018.12.1追記】Premiere Vintage Organは、11月30日のKORG Module Ver.2.7.1へのアップデートを持って販売終了となりました。

Ivory Mobile Grand (16 Programs)

<音色が追加されるガジェット:Salzburg>

真打ち登場。泣く子も黙る、米・SYNTHOGY社製のコンサート・グランド・ピアノ。

しかもこのIvory Mobile Grandは「Ivory II」と同じ録音から収録しているそうで、はっきり言ってガチです。

この音源のDAW版は、宇多田ヒカルさんも愛用しているようですね。


Ivory Mobile Grandは、そのうち「German Steinway D Concert Grand」のサンプルを収録。

それでも約2GB(!)もありますが、ぜひゲットしておきたいプレミアム・ライブラリーです。

Wurley Electric Piano (14 Programs)

<音色が追加されるガジェット:Montreal>

甘く儚いサウンドで夢見心地になれる、エレクトリック・ピアノ。

冒頭ご紹介した「SCARBEE EP-88M」のエレピサウンドに比べ、ベロシティーレイヤーによる音色変化が自然で穏やか。

ダイナミック・レンジもそこそこで、全体的に大人しめな印象を受けます。

この辺りの質感の差は好みなので、それぞれのサウンドを試聴してみて購入を決めてくださいね。

あとがき:Moduleを購入する前にチェックしておきたいこと

手持ちの音色を劇的に拡張する追加ライブラリーは、あなたの音楽的な引き出しを広げてくれる、実に頼もしい存在です。

しかし、ぜひ購入前に気に止めたいのは、KORG Gadget 「for Mac」において「SCARBEE EP-88M」「KApro Orchestral Dreams」「KApro Dreamy Synths」、そして「Ivory Mobile Grand」の4ライブラリーは、たとえModuleで購入したとしても扱うことができないこと(2018年2月現在)。

共通するのは、どれも他社製のライブラリーだという点です。

これは販売契約に基づく…いわゆる「大人の事情」が見え隠れするようで、やむを得ない対応だと思われますが、せっかく購入したライブラリーなのだからiOS/Mac問わず使えるようになってほしいものです。

ただし、同じく「他社製」オルガンライブラリーの、PREMIER SOUND FACTORY社製「PREMIER Vintage Organ」だけは、なぜか例外。

なので、次のバージョンアップで案外あっさりMacでも使えるようになるのでは・・・と、密かに期待しています。

今回はKORG Moduleについて、エクスパンション・サウンド・ライブラリーを中心に書いていきました。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サウンドハウス

非公式楽曲コンペ「GadgetSonic 2018」特集ページ

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

PICKUP

SERIES

LATEST ARTICLE

  1. for Nintendo Switch

    【Gadget for Switchの使い方】⑧ コルガジェの醍醐味はシンセにあ…
  2. Lifestyle for DTMer

    MacBook Pro用のハードケースをお取り寄せしました。
  3. 1.ソングを聴いてみよう

    1.3 「Swing」で、ソングに抑揚をつけてみよう。
  4. 音色探訪

    非現実的な音色使いでトラックをユニークにするテクニック(Berlin編)
  5. for Nintendo Switch

    【速報】「KORG Gadget for Nintendo Switch」は4月…
PAGE TOP