KGR Feb.2018

【KGR】アーティフィシャル・インテリジェンスな耽美的エレクトロニカ。「Saturation Intelligence Lifeform V1.5 – by tao303」

KORG Gadgetで制作された優れたトラックを、作者の方のノウハウを交えながら紹介させていただくKORG Gadget Recommends。

今回は、2018年最初のレコメンドにふさわしい、極めてハイレベルなエレクトロニカ・トラックを紹介します。

Saturation Intelligence Lifeform V1.5 – by tao303

静かにたゆたうパッドに、天国シークエンス。

そして、私たちリスナーを全く飽きさせることのない数々の「音仕掛け」。

テクノとアンビエントを包括したようなサウンドは、初期エイフェックス・ツインやオウテカを彷彿とする、知的で美しい音世界です。

制作環境について

さて、この魅惑的なトラックは、一体どのようにして作られているのでしょうか?

制作されたtao303(たお)@tao_303 さんに伺いました。

【コンピューター】Apple iPad Pro(9.7inch) & Apple Pencil

【アプリケーション】DAW KORG Gadget / オーディオドキュメントマネージャー AudioShare

【オーディオMIDIインターフェース】IK MULTIMEDIA iRig Pro I/O

【MIDIキーボード】YAMAHA Reface DX

【モニター】スピーカー Roland MA-22BT / ヘッドホン Audio-Technica ATH-M70x

曲作りに関しては、iPad ProのGadgetで完結。

Apple Pencilを活用されているようですね。「精密に操作できるので、とても便利」とのこと。

AudioShareは、異なるデバイス間で音声ファイルを共有するのに欠かせない、オーディオ管理アプリ。

もちろんiOSにも対応していて、KORG Gadgetのトラック(またはソング全体)を「オーディオファイル」としてエクスポートすることも可能。

さらに、ワンショットサンプラー「Bilbao」や、レコーダー「Zurich」にインポートできるので、一種のサンプルバンクとしても使えるという、極めて重宝するアプリです。

tao303さんは「AudhioShare」を、主にエクスポートした楽曲の管理に使われているようですね。

波形編集機能で、楽曲の頭と最後に「無音部分」を挿入することもあるとか。

テクニックについて

この楽曲に使われているガジェット音源や、音色作りのテクニックについても教えていただきました。

Kiev(イントロから続くアルペジオパート)

38番音色「Move Lead」をベースに、フィルタ・ディケイ・リリースなどのパラメーターで、音色が時間的に激しく変化しています。

さらには音像を広げるため、力技入力のオートパンを駆使。「KievのエフェクトはBPM Delayを使用し、共通エフェクト側にオートパンが無いので…」(tao303さん)

シンプルなアルペジオなのに、単調さが皆無で飽きずに聴けるのは、このような多様で緻密な工夫があってこそでしょう。

なお、このパートは「脳の神経細胞の活動をイメージ」して作られているとのことです。

Helsinki(パッドパート)

楽曲全体のイメージを司る、荘厳なパッドサウンド。

特徴的なのは、フランジングの速度変化によって、この楽曲の主題である「行き詰まった」印象を与えている点。

しかし、このパートに限らず、本当によく音が動いてますね。

Kingston(パッドの高音パート)

曲中に繰り返し聞こえる「ホワ〜〜〜ン」という印象的なサウンド。

ピッチをゆったりと変化させることで、怠い感じが表現されています。

Dublin(ベースパート)

少し物憂げなベースラインは、たおさん曰く「The Black Dog」からの影響が大きいとのこと。

「Bytes」by Black Dog (出典:Amazon.co.jp)

確かにダウナーで、インテリジェンスな匂いを感じます。

Tokyo(メインのドラムパート)

リバーブとディレイが深めにかかっています。

特に「TOM404」と「PCS503」の、水滴が弾けるような音が印象的。

チープなアナログ・パーカッション・シンセ Tokyo。

「ダンス系」のLondonや、「バンド」系のGladstoneに比べ、使い所の難しいドラムマシンだと思っていましたが、そのどちらでもないこの曲に素晴らしくマッチしてますね。とても参考になります。

Amsterdam(隠し味)

曲中の最も盛り上がる場面でさりげなく使用。

Amsterdamのサンプル群は便利な反面、インパクトがありすぎて多用すると「ベタな感じ」が出てきてしまうので、このような使われ方が有効かもしれません。

Abū Dhabī(女声ボイスパート)

プリセットの46番「Vocal Loop Kit 2」の女声ボーカルをバラして再構築し、リバーブやパンをランダムに時間的変化させています。

曲の中盤で見え隠れする、印象的なささやき声に使われています。

「人間の外面的な知識部分のイメージ」を表現とのこと。

Bilbao(サブのドラムパート)

プリセット29番「Warped Kit」のワンショットサンプルに、コンプやフィルター、デシメーターといった各種FXをかけまくったそう。

特に後半は、かなり効果的に音を荒らしていますね。

DeeMax(音圧を持ち上げる)

音圧爆上げマキシマイザー「DeeMax」は、こちらの曲でも大活躍。

レバー位置「70」、SAFEモードで使われています。

楽曲の世界観の獲得は、コンセプチュアルなイメージ作りから。

記事中では、私たちコルガジェユーザーにとって役立つノウハウを惜しげも無く披露しつつ、何度かtao303さんのイメージコメントを紹介しました。

Kievのアルペジオパートでは「脳の神経細胞の活動をイメージ」、Abū Dhabīでは「人間の外面的な知識部分のイメージ」などですね。

本作「Saturation Intelligence Lifeform V1.5」に関して、tao303さんはこう語っています。

元々は、人工超知能と人間の境界をテーマにした音楽を企画した時に、実験的に作成しました。

人間側、人工超知能側、それぞれからの主観視点、俯瞰視点で、音色やリズム、雰囲気をあらかじめ決めておいて、音楽で表現することを目指しています。

この曲に関しては、人間側を俯瞰視点で、知識が飽和し、進化の行き詰まりに瀕している、という情景を表現しています。

昔からある、普遍的なテーマではありますが、いままでSF的だった事が、現実に差し迫っているという意味で、面白いテーマだと思っています。

地道に、長く続けたいシリーズです。

tao303(たお)@tao_303

驚くべきことに、この楽曲の背景には、これほどまでのストーリーが設定されているのです。

tao303さんの想起する「人口超知能と人間」を主題とする世界・・・このテーマを楽曲という形で、長く表現されようとしています。

私たちは、しばしば創作というものを、初期衝動に頼りあてどもなく始めがちですが、tao303さんの発想は全く逆。

最初に楽曲のコンセプトを自ら設定し、その世界の表現を目指して制作を行っています。

このアプローチは、創作の「モチベーション」を高める上でも、私たちにとって大いに参考となるのではないでしょうか。

今回は、tao303さんの「Saturation Intelligence Lifeform V1.5」をレコメンドさせて頂きました。

それではまた。Have a nice trip!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サウンドハウス

非公式楽曲コンペ「GadgetSonic 2018」特集ページ

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

PICKUP

SERIES

LATEST ARTICLE

  1. 1.ソングを聴いてみよう

    1.1 デモソングを開き、実際にプレイしてみよう。
  2. Gadget Tips

    CPUの処理が限界…!「音切れ」を回避するための5つの方法。
  3. for Mac

    自宅でMac、カフェでiOS。iCloudによる「完全」同期機能を試す!
  4. #GadgetSonic2018

    【特報!!】KORG Gadgetユーザー草の根コンペ「GadgetSonic …
  5. かんたんシンセ入門

    KORG Gadgetで学ぶ「かんたん」シンセ入門。第3回「フィルターで音色を作…
PAGE TOP