London (Drum)

【Gadget for Switchの使い方】① 「London」で、ドラムの打ち込み方を覚えよう。

今回から、KORG Gadget for Nintendo Switchの使い方について徹底解説します。

チュートリアル形式で、実際にトラックを作りながら、コルガジェの基本操作を覚えていきましょう。

本来ゲームマシンであるSwitchで行う曲作りの特徴は、何と言ってもJoy-Conを駆使してのボタン操作がメインになること。

ドラムガジェットのパッドなど、一部タッチパネルを使うこともありますが、あくまで「画面上で操作したいツマミやスライダーにカーソルを持っていき、スティックでパラメーターを変える」操作が基本です。

前置きが長くなりましたが、とにかく実際にやってみるのが一番の近道。

この記事の通り操作すれば、すぐさま快適に操ることができるようになりますよ!

ドラムパターンを入力する

今回のチュートリアルでは、「ドラム」「ベース」「コード」の3トラックで、ソングを作ってみたいと思います。

まずはドラムから。

① ソフトを起動し、ドラムマシン・ガジェットを選ぶ

KORG Gadget for Nintendo Switchを起動します。

タイトル画面でAボタンを押すとメニューが表示されます。「新規作成」を選んでください。

ガジェット・セレクターが表示されます。

Switch版KORG Gadgetでは、この16種類のガジェット音源を駆使して曲作りを行えます。

そして、これから行おうとしているのは「ドラムの入力」でしたね。

それにふさわしいドラムマシンは、London、Tokyo、そしてAmsterdam。

それぞれユニークな特徴を持つガジェットですが、今回はオールマイティーに使えるLondonを選んでください。

② キックを入力

ガジェットセレクターでLondonを選ぶと、これから曲作りを行うソングの「オーバービュー画面」が表示されました。

すでにLondonのトラックができていて、打ち込みのスタンバイOKです。

今カーソルが合っているクリップ上で、Aボタンを押してください。

これから演奏データを打ち込む画面「ピアノロール」が表示されました。

何やら、マス目が並んでいますね。

ここに演奏データ「ノート」を入力して、トラックの打ち込みを行います。

早速、ダンスミュージックの基本中の基本「4つ打ちキック」を入力してみましょう。

4つ打ち…1小節に4分音符で4回「ドン・ドン・ドン・ドン」と打ち鳴らされるリズムのこと。キック(バスドラム)で鳴らされ、これを聴くと人々が自然と踊りだすマジカル・ビーツ。

こんな感じで、左から「1・5・9・13」マスにカーソルを持って行き、Aボタン。

上のように打ち込めたら、Yボタンで再生してみましょう。

・・・お馴染みの「4つ打ちキック」が、延々繰り返されますね。

③ キックの音色を変更

4つ打ちキックをプレイしたまま、ピアノロールの一番左に目を移してください。

ここに表示されているのはプログラム。つまり音色名のことで、8つあることがわかります。

ちなみに、このプログラムを一括りにしたグループのことをドラムキットと呼びます。

ドラムキットごと変更する場合

今鳴っている4つ打ちの音を、別の音に変えてみましょう。

右Joy-Conの+ボタンを押すと、画面移動を行えるスクリーンが表示されるので「ガジェット」を選択。

すると、Londonのガジェット・パネルが表示されます。

このガジェット・パネル上で、Londonの音色を選んだり、作ったりができるのです。

ドラムキットを切り替えてみましょう。

パネル左上にあるDRUM KITにカーソルを合わせ、Aボタンを押すと・・・

ドラムキットがリスト表示され、好みのキットを直接呼び出すことができます。

Londonのドラムキットは、全63種類から選ぶことができます。

なお、DRUM KIT表示窓の右にあるSELECTボタンを押すと、キットを一つずつ変更できますよ。

プログラムだけを変更する場合

ドラムキットはそのままに、プログラムだけを個別に差し替えることも可能。

プログラム名が表示されている表示窓にカーソルを合わせてAボタンを押すと、膨大なプリセットから任意の音色を選択できます。

ポップアップの左にあるのは、プログラムのジャンル。

最初にジャンルを選んでから音色を絞り込めば、素早く目的の音を探すことができます。

…少々長くなりました。キックの打ち込みは、この辺りにしておきましょう。

④ スネアを入力

今度は、スネアを打ち込んでみます。

+ボタンを押してピアノロールへ移動し、以下のようにノートを置きましょう。

下から三番目のパートがスネアです。その行の空いているマス目でAボタン!

ちなみに入力済みノートにカーソルを合わせてAボタンを押すと、そのノートを削除することができますよ。

⑤ スネアの音色をエディット

さて、KORG Gadgetには、膨大なプリセット音色が用意されています。

それらは即戦力となりますが、やはりサウンドを自由にアレンジして「自分だけの音」を作るのがコルガジェの醍醐味。

ドラムマシンガジェット「London」では、プリセット音色に対し、以下のエディットが可能です。

  • 音の高さ(TUNE)
  • 音の長さ(TIME)
  • 音のパンチ(PUNCH)
  • トリガー(GATE/ONESHOT)
  • 音のボトムを強化(LOW BOOST)
  • 音を反転(REV)
  • エフェクトを有効化(MFX)
  • 音の音量(LEVEL)
  • 音の定位(PAN)
  • ミュート(MUTE)
  • グループ(GROUP)

これからスネアの音色を用いて、順に説明して行きます。

まずは+ボタンで、ガジェット・パネルへ移動してください。

さあ、これからスネアの音色をクリエイトしましょう。

どのドラムキットも、たいていの場合は左から3つ目がスネアなので、このパートをエディットしていきます。

音の高さ(TUNE)

TUNEと書かれたツマミ(ノブ)に、カーソルを合わせてください。

合わせてから、右Joy-Conのスティックを上下させると、TUNEノブをクルクル回すことができます。

スティックを上へ倒すとピッチが上がり、下へ倒せばピッチを下げることができますよ!

音の長さ(TIME)

音が発音する長さを変えたい時はTIMEノブを回します。

この後説明するトリガーを「ONESHOT」にすると、そのパートのディケイ・タイム、つまり音の減衰する速さを変えることができます。

また「GATE」だと、そのパートのリリース・タイム、つまり音の余韻を調節可能。

あえてTIMEを短くすればサウンドをタイトに決めることができ、有効に使えますね。

音のパンチ(PUNCH)

Londonのガジェット・パネル上部にあるMODE SELECTION。

ここで、「EDIT」「IFX」「MIXER」の3画面を切り替えることができます。

点灯しているボタンから、今いるのはEDIT画面だと分かります。

右にカーソルを持って行き、Aボタンを押してIFX画面にしてみましょう。

すると、Londonのガジェットパネルが以下のように切り替わりました。

ここは、音色自体にエフェクト効果を適用できるiFX画面。

ためしにPUNCHノブを上げて、スネアにパンチを加えてみましょう。

適切に使えば存在感溢れる音にできますが、上げすぎると音が飽和してバランスが悪くなったり、歪んだりするのでほどほどに。

トリガー(GATE/ONESHOT)

GATEにすると、そのパートのサンプルはノートの長さが分だけ発音。

ONESHOTでは、ノートの長さに関係なく、サンプルが最後まで鳴ります。

前者はドラムンベーストラックなど、タイトに仕上げたい場合に有効です。

音のボトムを強化(LOW BOOST)

PUNCHツマミの下には、LOW BOOSTノブがあります。

その名の通り、その音色の低域を持ち上げる効果があります。

これはスネアよりも、バスドラムに使う方が有効かも。

音を反転(REV)

また、LOW BOOSTノブの下には、2つの小さなボタンがありますね。

左のREVを押すとボタンが点灯し、そのサンプルを逆回転することが可能。

上手く使えば、意表を突くギミックに使えます。

特にリバース・シンバルは、展開づけのための定番テクニックなので、ぜひ覚えておきたいですね。

エフェクトを有効化(MFX)

MFXボタンを押すと、この後説明する「エフェクト」が、そのパートの音色にもたらされます。

音の音量(LEVEL)

再びパネル上部のMODE SELECTIONに目を転じ、一番右にあるMIXERボタンを押してください。

London独自の、ミキシングができる画面に移動します。

スライダーにカーソルを持って行ってスティックを上げ下げすると、そのパートの音色のボリュームを調節できます。

音の定位(PAN)

パンポットは、そのパートの音色を左右に定位させることが可能。

トラックにステレオ感をもたらすことができる、とても重要なツマミです。

ミュート(MUTE)

パンポットとスライダーの間に、何やら小さなボタンがあります。

左はミュート、つまりそのパートを出力させなくします。

トラック再生中、リアルタイムに音をON/OFFすれば、気分はダヴ・ミュージシャン?

グループ(GROUP)

AおよびBの2グループが設定可能。

設定すると、同じグループの先に鳴っている音の途中で、後の音が鳴り始めると、直ちに先の音が止まります。

ハイハットの「オープン」「クローズ」を再現させるための機能ですね。

⑥ ハイハットを入力

最後に、軽快なビートを刻むハイハットを打ち込んでみましょう、

+ボタンでピアノロールへ移動します。

Londonでは、パート5がハイハットであることが多いので、下から5つ目の行にハイハットを入力してください。

こんな感じに打ち込んでみました。

⑦ ハイハットのベロシティを調節

ここまで入力したノートは、すべて同じ音量なので、いささか単調かもしれません。

そこで、トラックに起伏をつけるべくハイハットの音量(ベロシティー)をいじってみたいと思います。

Xボタンを押して、メニューを表示してください。

「ベロシティーを編集」を選択すると、画面下半分にベロシティー編集エリアが表示されます。

このトラックは、クォンタイズがジャストにかかっているので、たとえば一番左のノートだと「キック」「スネア」「ハイハット」の3パートが重なっています。

これからベロシティーを変えるパートは「ハイハット」でしたね。

なので、左Joy-Conのスティックを上下に倒して(または上下ボタンを押して)、ベロシティーを編集するパートを「ハイハット」に切り替えましょう。

そして、ツマミを回す時と同じように右Joy-Conのスティックを上下に倒すと、ベロシティーを調節できます。

今回は、こんな感じでハイハットのベロシティーに変化を与えてみました。

⑧ エフェクトを適用

今回のチュートリアルではLondonを用い、ドラムトラックを打ち込んできました。

その締めくくりとして、全てのパートに適用可能なエフェクトを設定してみましょう。

EFFECT

パネル上部中央のEFFECT表示窓にカーソルを合わせてAボタン。

現在は「GATE REVERB」が選択されていますが、他にも全26種類の中から一つを選ぶことができます。

リバーブやディレイといった定番FXから、オートパンにスライサーなんていう面白系、さらにはコーラス/フランジャーや、リングモジュレーターなどの変調モノまで、ありとあらゆるサウンドメイキングが可能です。

TIME/LEVEL/MASTER LEVEL

EFECTウィンドウのすぐ右には、3つのノブが並んでいます。

左と真ん中のノブは、それぞれ「エフェクトの適用時間」と「エフェクト量」を設定するツマミ。

ここで設定したパラメーターをパートに適用するには、先に述べたMFXボタンを押してランプを点灯させます。

一番右はマスターレベルノブ。これは簡単ですね。

London全体のボリュームを設定するツマミです。

⑨ ソングデータをセーブ

最後に、これまで入力したドラムトラックを保存しておきましょう。

オーバービュー画面にてXボタンを押してメニューを表示し、システム>セーブを選択。

セーブ画面が表示されますので、新規保存を選択。

ソングタイトルを入力してOKを押し、セーブを完了してください。

お疲れ様でした。これでドラムトラックの入力を体得!

今回は、KORG Gadget for Nintendo Switchの使い方講座第一弾として、ドラムトラックの打ち込みに挑戦しました。

突っ込んだ内容になったせいか、結構なボリュームになってしまいました。

それだけに、この記事を最後まで読みながら操作したあなたは、すでにかなりのスキルを身につけたと言えましょう。

次回からも、引き続きベーストラックの打ち込みを通じ、コルガジェの操作を習熟して行きましょうね。

それではまた。Have a nice trip!

KORG Gadget for Nintendo Switchの入手方法

通常の購入方法

Nintendo Switchのホーム画面から「ニンテンドーeショップ」に行きます。

「ニンテンドーeショップ」の検索窓で「gadget」と入力すると、販売ページすぐに呼び出すことができますよ。

PC・スマホから購入

「KORG Gadget for Nintendo Switch」をPCやスマホから購入される方は任天堂のサイトからどうぞ。

関連記事

  1. for Nintendo Switch

    【Gadget for Switchの使い方】④ 押す、捻る、傾ける…Joy-Conを駆使して「即興…

    ここまでのチュートリアルでは、演奏データの入力をもっぱら「ステップ入力…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

PICKUP

SERIES

LATEST ARTICLE

  1. ミキシング

    【Gadget for Switchの使い方】⑦ 「ミキサー」を操り、楽曲のバラ…
  2. Recife (Drum)

    KORG Gadget期待の新作Recifeレビュー。MPCな画面&操作で快適ビ…
  3. NEWS 2016

    KORG、伝説のアナログシンセARP ODYSSEi発表。ガジェット名はLEXI…
  4. for Nintendo Switch

    「KORG Gadget for Nintendo Switch」まとめ。ひとり…
  5. for Mac

    はじめてのKORG Gadget for Mac。画面構成を理解する。
PAGE TOP