Gadget days

最初に「買う」ならこの音源!初心者向け課金ガジェットBest 3とは?

音楽制作ソフトウェア・KORG Gadgetの楽しさの一つに、様々な別売りガジェット(音源)の存在があります。

KORG Gadget for iOSでは、以下の全36種類のガジェットが使用可能です(2018年10月現在)。

  1. KORG Gadgetに標準搭載のガジェット…18種類
  2. アプリ内課金で入手可能なガジェット…9種類
  3. 単体のiOSアプリの購入で使用できるガジェット…9種類

上記のうち2と3は課金が発生するので、「一体どれを選べばいいだろう?」と慎重になりますよね。

そこで当Gadget-Junkies.netでは、このほどTwitter上でユーザーの皆さんにアンケートを実施。今回は、その結果を発表します。

コルガジェ初心者の方は、先輩ユーザーの声を参考にされてはいかがでしょうか?

「初心者に勧めたい課金ガジェット・アンケート」の設問項目について

ところでTwitterの投票機能には制約があり、1アンケートにつき4つの選択肢までしか設けることができません。

そこで、あらかじめ以下の設問項目を決めさせていただきました。

  1. Module(マルチ音源)
  2. Darwin(iM1)
  3. Bilbao(サンプラー)
  4. その他(リプ欄にて自由回答)

1~3については、筆者が初心者の方にとって、特に有用性が高いと判断したガジェットです。

もちろん他にも多くの課金ガジェットがありますから、それらは4で記入していただく形にしました。

それでは「初心者に勧めたい課金ガジェット・アンケート」行ってみましょう!

第3位 Darwin(iM1)…26%

第3位は、Darwin(iM1)が入りました。

Darwinは、スタンドアロンiOSアプリ「iM1」をガジェット化し、そのサウンドを扱えるようにしたもの。

iOSアプリ「KORG iM1」の画面。

つまりiM1アプリを購入すると、90年代の音楽シーンを語る上で欠かすことのできないミュージック・ワークステーション「KORG M1」のサウンドを、KORG Gadgetで使うことが可能になるのです。

とにかく「使える」PCM系のプリセット音色が膨大に用意されているのが特徴で、エフェクティブなキラキラ系音色から、M1ピアノや木管楽器など生楽器サウンド、果てはドラムキットまで、様々なジャンルの音をカバーします。

サウンド・ライブラリーをMaxまで拡張(課金が発生します)すれば、なんと3,300もの音色(!)が入手可能とのこと。

シンセサイザーとしての性能も申し分なく、実機M1には搭載されていなかったレゾナンス・フィルターや、合計18系統のエフェクト、カオスパッドによる音色エディットまで対応します。

使い方としては、iM1アプリ側で細かく加工し、その音色をKORG GadgetのDarwinに送って使うことになるでしょう。

PCM系サウンドであれば、必ずや好みのサウンドを入手できる「万能選手」なので、Darwinはコルガジェ初心者の方にピッタリな課金ガジェット(アプリ)ではないでしょうか?

iOSアプリ「KORG iM1 for iPad」は、2018年10月現在3,600円です。

第2位 Module(マルチ音源)…28%

第2位は、iOSアプリのKORG Module。

KORG Moduleは、スタンドアロンで動作する楽器演奏用のiOSアプリで、「アコースティックピアノ」「エクレクトリックピアノ」「オルガン」「クラビネット」それに「マルチ音源」の5楽器が搭載されています。

iOSアプリ「KORG Module」の画面

そしてこれら5楽器を、KORG Gadgetではガジェット音源として扱うことができるんです。

たとえば、アコースティックピアノは「Salzburg」として…

オルガンは、「Alexandria」として動作します。これらの楽器には多数のプリセットが用意されていて、簡単な音色加工も可能。

つまりModuleを購入すれば、「5つのガジェットと多くの音色」を同時にゲット出来るということで、とってもお得なんですね。

またModuleは、多くのエクスパンション・サウンド・ライブラリーがリリースされているので、それらの音色をコルガジェで使うためのプラットフォームとなります。

たとえばModuleの別売拡張ライブラリーに、超高音質グランドピアノIvoryがありますが、KORG GadgetではSalzburg上で演奏されるので、Moduleの導入は必須。

そんな意味でもModuleは、コルガジェ・ユーザーならいち早く揃えるべきガジェット(iOSアプリ)だと言えるでしょう。

iOSアプリ「KORG Module」は、2018年10月現在セール中で、通常4,800円のところ2,400円になっています(10/30まで)。

KORG Moduleの拡張ライブラリーについて知りたい方は、こちらの記事もどうぞ。

第1位 Bilbao(サンプラー)…30%

そしてコルガジェ・ユーザーが選ぶ「最初に買うべき課金ガジェット」第1位は、ワンショット・サンプラーのBilbaoが選ばれました。

筆者はこの結果にとても共感していて、さすがコルガジェ・ユーザーは分かってるなあ…と思ってしまった次第です。

Bilbaoは、ガジェットとして2つの顔を持っています。

まずは、KORG Gadgetに標準搭載のドラムマシーンLondonを大きく拡張してくれる、豊富なプリセットを持つビートメイキング・マシーンという側面。

傾向としては、ザラッとしたローファイ・サウンドが得意で、楽音のみならず効果音や、vox系のサンプルも多く取り揃えています。

それらを16パート分あるパッドにアサインして、即座に楽曲制作へ活かすことができます。

そしてBilbaoが何より重大なのは、外部からオーディオ・ファイルをKORG Gadgetにインポートできる「サンプラー」であるという事実。

iTunesやDropboxを介し、この世にある無数のビートや環境音など、あらゆるサンプルを取り込み、トラックメイキングに取り入れることが可能になるのです。

ぜひBilbaoで、あなたオリジナルのサウンドセットを無限に拡張して、作曲の真の醍醐味を味わってください!

BilbaoはKORG Gadgetのアプリ内課金となり、2018年10月現在1,200円です。

番外編 その他の別売ガジェット…16%

ということで「初心者が買うべきガジェットアンケートベスト3」は、このような結果となりました。

3日間で53もの投票をいただきました。ありがとうございました!

さて、ここからは少数意見を紹介していきましょう。

  • Lisbon(宇宙シンセ)…3票
  • Madrid(リアルベース)…2票
  • Montpellier(iMono/Poly)…2票
  • Stockholm(スライサー)…1票
  • Kamata(ナムコ波形メモリ音源)…1票
  • DeeMax(ラウドネス・マキシマイザー)…1票
  • 敢えて素のまま使う…1票

次点はLisbonでした。

シンセとしてはEDM映えする派手で分厚い音なのに、直感的に音作りができるのが素晴らしい。

2017年11月デビューと比較的新しくもあり、複雑なサウンドにも関わらずUIがシンプルに練られていて、筆者としても極めて優秀なガジェットだと思います。

Madridも、複数の方から支持されました。

ピッキングやフレットレスなど、ベースの様々な奏法がシミュレートされた、コルガジェでは稀有な「楽器としてのベース音」を扱うことができるのがポイントですね。

KORG Gadgetでバンドサウンドをやるためには、リアルドラム音源GLADSTONEと共に不可欠なガジェットと言えましょう。

そして、iMono/Polyのガジェット版Montpellier

4VCOの分厚いリードサウンドに、オシレーター・シンクとクロス・モジュレーションの奇音は、他では決して出せないユニークで魅惑的なサウンド。

オールマイティーなサウンドを作れる万能アナログ・シンセとして、たしかに初めての課金アプリとして導入に相応しいと思います。

最後に、筆者が膝を叩いたのはDeeMax

「レバーひとつで音圧アップ」という、この上なく最小の手間で、最大の効果をもたらしてくれるDeeMaxは、もしかして真っ先に課金すべきキラー・ガジェットかもしれませんね。

今回はKORG Gadget初心者の方に向け、ユーザーの先輩である皆さんから「最初に買うべき課金ガジェット」を伺ってみました。

この記事を、楽しいガジェット選びにお役立ていただけたらと思います。

最後になりましたが、以下の記事で各ガジェットの特徴をまとめてありますので、よろしければ参考にしてくださいませ。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事

  1. Gadget days

    すべてのクリエーターへ贈る「創作&睡眠時間捻出」のためのアイディア9選。

    筆者のような、ありふれたサラリーマンが作曲やブログに手を染めると、必然…

  2. Gadget days

    KORG Gadget「あなたが欲しい実機シンセは何ですか?」アンケート結果発表!

    少し前になりますが、Twitter上でこんなアンケート調査を行いました…

  3. Gadget days

    数あるDAWの中から、あなたが「KORG Gadget」を選ぶべき5つの理由。

    強力なプロダクトが数多くひしめき合う、昨今のDAW(音楽制作ソフトウェ…

  4. Gadget days

    iPadの動画撮影用に、クリップ式のアームホルダーを買ってみた

    Gadget-Junkies.netというレクチャー・ブログを運営する…

  5. Gadget days

    自作曲にアートワークを(ラクに)つける7つのアイディア。

    今回は、いつものKORG Gadgetブログとは趣向を変え、あなたの自…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サウンドハウス

非公式楽曲コンペ「GadgetSonic 2018」特集ページ

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

PICKUP

SERIES

LATEST ARTICLE

  1. トラックを作ってみよう

    ⑤ パラメータをリアルタイム・エディットする。
  2. NEWS 2016

    KORG、約一年ぶりとなるKORG Gadget Featured Tracks…
  3. 雑記帳

    特別企画!ウィキペディアで「KORG Gadget」を編集するための簡単3ステッ…
  4. Allihoopa

    KORG Gadgetスペシャルコンテスト今年も開催。お題の「BPM140」って…
  5. 音色探訪

    サイドチェインでEDMサウンドを作る。
PAGE TOP