音色探訪 〜KORG Gadget 音作りの実例〜

 

KORG Gadgetは、優れた音楽制作ソフトウェアであるのと同時に、個性あふれる「シンセサイザーの宝庫」。

そのどれもに即戦力となるプリセット音色が備わっていて、私たちユーザーは、メーカーが用意した膨大な数のサウンドを「選ぶ」ことが出来ます。

もちろん、そんな音色を選ぶ楽しみも否定はしません。

しかし一方で、シンセの本懐とは「自分で音を”作って”なんぼ」。

オリジナルの音色で作成されたトラックは、世の中に二つと無い、かけがえのない創作物です。

音を「選ぶ」から「作る」へ。

クリエーターとしてさらなる高みを目指したい方に、当Gadget-Junkies.netで「音色探訪」していただけたら幸いです。

サビに向かって盛り上がれ!超定番EDMサウンド「ビルドアップ・ライザー」の作り方。

意外と簡単!ダブステップに欠かせない「ウォブルベース」の作り方。

TR−808音源をKORG Gadgetに取り込む方法。

グリッチノイズでエレクトロニカ!簡単に「プチプチ」グルーヴを作るための3ステップ。

非現実的な音色使いでトラックをユニークにするテクニック(Berlin編)

サイドチェインでEDMサウンドを作る。

「リバースシンバル」でトラックにアクセントを付ける。

サウンドハウス

非公式楽曲コンペ「GadgetSonic 2018」特集ページ

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

連載中

  1. かんたんシンセ入門

    KORG Gadgetで学ぶ「かんたん」シンセ入門。第2回「オシレーターで基本波…
  2. Gadget days

    最初に「買う」ならこの音源!初心者向け課金ガジェットBest 3とは?
  3. #GadgetSonic2018

    GadgetSonic2018 Weekly Highlights Vol.1…
  4. Recife (Drum)

    KORG Gadget期待の新作Recifeレビュー。MPCな画面&操作で快適ビ…
  5. Lifestyle for DTMer

    かんたんオフィシャルサイトのススメ。たった3つのステップで。
PAGE TOP