エディット画面の役割を知りたい(ピアノロール/ガジェットパネル)

このページでは、エディット画面の構成について解説します。

KORG Gadgetでの曲作りは、メイン画面エディット画面を切り替えながら行います。

メイン画面からエディット画面への移動は、クリップまたはガジェットをタップすることで行います。

エディット画面からメイン画面への移動は、ヘッダー左はじにある[< Back]をタップすることで行います。

エディット画面は、クリップの中身を表示し、実際に曲の打ち込みやガジェットの演奏操作を行う画面です。ヘッダーピアノロールガジェットパネルフッターで構成されています。

ヘッダー(エディット画面)の役割を知りたい

エディット画面のヘッダーには、現在のトラック名と使用ガジェット(音源)が表示されています。ガジェットの切り替えもヘッダーにて行います。

  • ① < Back…エディット画面から、メイン画面に移動します。
  • ② ◁…左のトラックに移動します。
  • ③ Track…現在のトラックと、使用KORG Gadgetを表示します。タップするとKORG Gadgetセレクターが起動し、ガジェットの変更が行えます。
  • ④ ▷…右のトラックに移動します。
  • ⑤ 拡大ボタン…タップするとガジェットパネルが閉じられ、ピアノロールが全画面表示されます。再度タップするとガジェットパネルが再表示されます。
  • ヘルプボタン…ヘルプメニューが表示され、マニュアル表示やコルグのヘルプセンターへのリンク、バグ報告(いずれもオンライン)が行えます。

ピアノロールの役割を知りたい

ピアノロールでは、そのクリップの楽曲データを打ち込む(=録音)ことができます。録音方法としては、タッチパネルをタップしてノートを入力していく「ステップ・レコーディング」と、Recモードで鍵盤演奏しながら録音する「リアルタイム・レコーディング」があります。またレコーディング後に編集したいときも、ピアノロールで行います。

  • ① Draw/Select ボタン…ノートを入力するときに用いる[Draw]モードと、選択範囲を指定するときに用いる[Select]モードの切り替えボタンです。
  • ② Bar表示…現在再生中のロケーションを表示します。[Bar](小節)をタップすると、そのBarへ画面移動することができます。
  • ③ 再生範囲…[▶︎ ◀︎]で範囲指定したBar内だけで再生が行われます。それぞれのマーカー上で長押しタップすると、前後に移動できます。
  • ④ Bar追加ボタン…タップすると、クリップのBarを1小節分追加することができます。
  • ⑤ 鍵盤表示…現在設定されているスケール(音階)通りの鍵盤が表示されます。タップすると、その高さの音が鳴ります。スケールの設定はガジェットパネルの[Scale]ボタンから行います。
  • ⑥ ノート…クリップに打ち込まれた演奏データ。ノート上で長押しタップすると移動および音の長さを変える事ができ、タップすると削除できます。またノートの色はベロシティー(音の大きさ)を示します。
  • ⑦ Scale Off/Scale On/In-Use切り替えボタン…ピアノロールにおけるスケール(音階)の表示方法を指定します。[Scale off] にするとスケール外の音名がグレー表示となり、[Scale On]にするとスケール内の音のみ表示、また[In-Use]にすると使われていないノート表示を省略する事ができます(Fold機能)。
  • ⑧ パラメーター表示…レコーディング時に記録したパラメーターを表示します。タップすると、ベロシティーやピッチベンドなど様々なパラメーターをエディットできます。

ガジェットパネルの役割を知りたい

ガジェットパネルでは「ガジェット」(シンセやドラムマシンといった音源のこと)のビジュアルが表示され、演奏や操作を行う事ができます。ノブやスイッチのない場所でダブルタップすると、ガジェットの拡大/縮小表示を行えます。

  • ① 画面切り替えスイッチ…エディットを行うための画面が複数あるガジェットに存在します。たとえば、このガジェット(Dublin)には [SYNTH] と [PATCHBAY] 画面があり、スイッチで画面を切り替える事ができます。
  • ② プログラム選択ボタン…プログラム(音色)を呼び出すことができます。[ディスプレイ]をタップすると音色がリスト表示され、[-][+]ボタンをタップすると音色が1つずつ切り替わります。また、ここではユーザー自らが作成したプログラムを保存したり、呼び出したりすることも可能です。
  • ③ パラメーター…ガジェットのパラメーターが表示され、ノブ・スライダー・スイッチなどを操作し、サウンドを作り込む事ができます。録音中にパラメーターを操作すると、その内容が記録されます。
  • ④ キーボード(またはパッド)…ガジェットを演奏します。[Scale]ボタンで設定したスケール(音階)通りの鍵盤が並び、タップまたはスライドすることで「スケールを外す事なく」演奏できます。通常の鍵盤の並び(Chromatic)にすることも可能。
  • ⑤ Scaleボタン…タップすると、スケール(音階)を設定するためのボックスが表示されます。
  • ⑥ Octaveボタン…演奏するオクターブを切り替えます。

フッター(エディット画面)の役割を知りたい

エディット画面のフッターもメイン画面同様、ソングの再生・録音・停止・ループ設定やテンポ調節、あらゆる機能を網羅するFunctionボタンで構成されています。それに加え、クォンタイズ・ソロ/ミュート、アンドゥ/リドゥ操作も行えます。

  • ① Functionボタン。ここではガジェットのノブやスイッチにMIDI CC メッセージを割り当てることができ、iOSデバイスに接続した外部MIDIコントローラーにて操作できるようになります。またノートやオートメーションの一括削除、クリップに対する各種設定といった、曲作りに欠かせない様々な機能を表示します。

  • ② Recボタン。リアルタイム録音するときにタップします。
  • ③ Stopボタン。再生または録音を停止します。
  • ④ Playボタン。ソングを再生します。再生中にタップすると一時停止します。
  • ⑤ Loopボタン。そのシーンだけをを繰り返し再生します。
  • ⑥ Tenpoボタン。タップすると以下のボックスが表示され、BPMなどを定めることができます。

  1. Tempo…ソングのテンポ(BPM)を定めます。
  2. Swing…ソング全体のスウィング量を定めます。適度に上げると曲のノリが跳ね気味になり、0にするとジャストな感触となります。
  3. Tap…何度かタップすると、その間隔がそのままソングのテンポとなります。外部の再生ソースとテンポを合わせるときに役立ちます。
  4. Metoronome…[On]にするとテンポに合わせてクリック音が鳴ります。リアルタイムレコーディングを行う際に役立ちます。
  • ⑦ Quantizeボタン。①の[Function]にて設定したグリッド単位で正確に入力(クォンタイズ)する場合は[On]、グリッサンド演奏時などクォンタイズを行わない場合は[Off]にします。
  • ⑧ Soloボタン。[On]にするとそのトラックだけ音が鳴ります。
  • ⑨ Muteボタン。[On]にするとそのトラックだけ音が消えます。
  • ⑩ Undo/Redoボタン。エディット画面で行った操作を取り消す場合は[Undo]をタップし、取り消した操作をやり直す場合は[Redo]をタップします。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。