シーンの操作方法を知りたい

このページでは、KORG Gadgetにおける「シーン」まわりの操作方法について解説します。

シーンとは

シーンとはその名の通り、ソングの「とある場面」のこと。たとえば以下のソングでは、上からシーン1=イントロ、シーン2=Aメロ、シーン3=Bメロ、シーン4=サビ、そしてシーン5=アウトロという構成です。

このように一つのソングは、通常、複数のシーンで成り立っています。

それぞれのシーンの長さは、ユーザーが自由に定める事ができます。よく見かける16小節=1シーンでも、8小節でも1小節でもOK。極端な話、16分音符分という極短シーンを作ることも可能です。

拍子についてもシーンごとに決める事ができ、たとえば「4/4拍子」と「4/3拍子」を交互に繰り返す変拍子なども、簡単に実現できます。

その他、シーンごとにフェードイン・アウトを適用したり、テンポのアップ・ダウンなどを駆使する事で、多彩な楽曲展開が可能となります。

シーンの長さを定めるには

新規ソングを開くと、1 Bar、つまり1小節分の長さのシーンが生成されます。試しにこれを4 Bar(4小節分)にしてみましょう。

メイン画面、またはエディット画面にて「Function」ボタンをタップし

シーン1の「○ Bar」と記されたところをタップ

画面右上に表示されるボックスの「小節数」で設定します

「-」「+」ボタンをタップすれば、小節数を一つずつ増減させる事も可能です。

クリップをタップしてエディット画面に入ってみましょう。シーン1が、4小節分の長さに広がった事が分かりますね。

シーンを追加するには

今度は、新しいシーンを追加してみましょう。ソングを展開させる上で、シーンの追加や複製は必要不可欠となります。

シーンの真下にある「+」ボタンをタップしましょう。新しいシーンが追加されます

シーンを複製するには

メイン画面にて「function」ボタンをタップし

コピーしたいシーンの「複製」ボタンをタップ。するとシーンが、中身の演奏データごとコピーされます

なお、最終シーンをコピーしたい場合は、そのシーンの真下にある「複製」ボタンをタップしてもOKです。

シーンを移動させるには

このような構成のソングで、シーン2「Aメロ」と、シーン3「Bメロ」を入れ替えてみましょう。

シーンを移動させるには、まずシーンの▶︎ボタンがあるエリアで、ホールド(長押しタップ)します

そのまま下(または上)へドラッグし、移動させたいところまで持って行って、指を離すと移動が完了します

空白シーンを挿入するには

このような構成のソングで、シーン3「Bメロ」と、シーン4「サビ」の間に、「Cメロ」を挿入してみましょう。

メイン画面にて「function」ボタンをタップし

シーン3「Bメロ」の「挿入」ボタンをタップしましょう。「Bメロ」の下に、新しいシーンが挿入されます。

このシーンに「Cメロ」と名付ける方法については、こちらをご覧ください。

不要なシーンを削除するには

このような構成のソングで、シーン4を削除してみましょう。

メイン画面にて「function」ボタンをタップし

削除したいシーンで「削除」をタップ。OK?と聞かれるのでもう一度タップすると、そのシーンの削除が完了します

3拍子や7拍子などで演奏するには(拍子の設定)

KORG Gadgetでは、3拍子や7拍子といった「シーンの拍子」を、自由に定める事ができます。ここでは例として8分の7拍子(7/8)のシーンを作ってみましょう。

メイン画面にて「function」ボタンをタップし

拍子を設定したいシーンにて「4/4 x 1」のところをタップすると、このようなボックスが表示されます

ボックス内の「拍子」セクションにて-/+ボタンをタップし、7/8と設定しましょう。これで完了です。

同じようにして、3/4拍子や6/8拍子、5/4拍子などなど、自由に設定する事ができます。

シーンのリピート回数を設定するには

KORG Gadgetでは、同じシーンを最高8回まで繰り返す事ができます(リピート)。リピートをうまく使う事で、いたずらにシーンを増やす必要がなくなります。

このような構成のソングで、シーン4「サビ」を2回ほど繰り返してみましょう。

メイン画面にて「function」ボタンをタップし

リピート回数を設定したいシーンにて「4/4 x 1」のところをタップすると、このようなボックスが表示されます

ボックス内の「リピート」セクションにて-/+ボタンをタップし、2と設定しましょう。これで完了です。

シーンのテンポを徐々に(急に)速くしたり、遅くしたりするには

KORG Gadgetでは、シーンごとにテンポを速めたり、ゆっくりにする事ができます。うまく活用できれば、楽曲にまたとない緩急が生まれます。

また、シーンのつなぎ目のところで徐々にテンポを変える「スムース」が適用可能。スムースをOffにすれば、シーンの変わり目で急にテンポを変えることもできます。

ためしに、このようなTempo=128.0のソングで…

「Aメロ」に向かって徐々にTempo=110へと落とし、「Bメロ」でTempo=110を維持しつつ、「サビ」に向かって徐々にTempo=128へと戻す…という動きを付けてみましょう。

文章にするとややこしいので、このテンポの動きを以下に示します。

メイン画面にて「function」ボタンをタップし

Aメロの「4/4 x 1」のところをタップすると、このようなボックスが表示されます

・シーンテンポ…「有効」にすると、このシーン独自のテンポを設定可能となる。「無効」にすると、このシーンにはソングのマスターテンポが適用される。
・Tempo…このシーン独自のテンポ。
・スムース…「On」にすると、テンポが徐々に変化する。「Off」にすると、テンポが即座に変化する。

したがって、このようにAメロのシーンテンポを「有効」、Tempoを「110.0」、スムースを「On」と設定しましょう。これで、イントロの後半からテンポが「スムースに」落ち始め、Aメロが始まった時点でTempoが110.0へと変化します。

続いてBメロでも、このように設定してみましょうAメロに引き続き、Tempo=110.0が維持されます。「スムース」はどちらでも構いません。

サビでは、このように設定します

サビに入った時点で、元のTempo=128.0に戻るわけで、独自のシーンテンポを設定する必要がないため「無効」にしています。ただし徐々にテンポが戻って欲しいので、スムースは「On」です。

シーンをフェードイン/フェードアウト/カットアウトさせるには

KORG Gadgetでは、シーン全体の音量を上げ切ったり(フェードイン)、下げ切ったりする事(フェードアウト)ができます。イントロに使えば曲の幕開けに相応しい、アウトロで使えば味わい深いエンディングになるでしょう。また、音色の余韻をばっさり断ち切るカットアウトも行えます。

まずは、イントロでフェードインを行ってみます。メイン画面にて「function」ボタンをタップし

フェードインを適用したいシーンであるイントロの「4/4 x 1」のところをタップすると、このようなボックスが表示されます

ボックスの右カラムに「フェードイン」および「フェードアウト」セクションがありますね。今回は「フェードイン」を有効、比率を「100%」にしてください

これで音量0から徐々に音が立ち上がり、シーン終わりのところで音量が上がり切ります。

音量がシーンの半分のところで上がり切って欲しい場合は、比率を50%と指定しましょう

フェードアウトも同じ要領。アウトロのシーンで「フェードアウト」を「有効」にして、比率を「100%」にすれば、シーンの最後で音量が絞り切られます。アウトロの途中で音が絞り切ってほしい場合は、比率を調整しましょう。

また、カットアウトを行いたい場合は、「フェードアウト」「0%」にすればOKです。

シーンに名前をつけるには

作成中のソングにシーンを追加した際、シーンナンバーが自動的に付加されますが、これを好きな名前にする事ができます。

メイン画面にて「function」ボタンをタップし

名前をつけたいシーンの「4/4 x 1」のところをタップすると、このようなボックスが表示されますので、「シーン名」に名前を入力してください

一般的な使い方は「イントロ」「Aメロ」「サビ」といった、文字通りそのシーンを名付ければ良いでしょうが、例えばコード進行をメモするなど、工夫次第で便利に使えるでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。