KORG Gadgetでブレイクビーツ!(Bilbao編)

今回は、KORG Gadgetで「ブレイクビーツ」をやる方法について紹介します。

ブレイクビーツとは?


ある楽曲のドラムソロをサンプリングし、ビートをちぎって「解体」(ブレイク)。

その断片を並べ直し、新たなビートを作る…という手法です。

ヒップホップやドラムンベース界隈では、定番中の定番的なテクニックですね。

以前から、ドラムループ波形を解析して自動的にスライスしてくれるRecycle というソフトもあります。

今やブレイクビーツを作るための機能は、大抵のDAWに実装されていますが、今回はKORG Gadgetの「Bilbao」を使い、「人力で」ブレイクビーツを作る一例をご紹介したいと思います。

※余談ですが、先日KORG Gadgetユーザーは「Allihoopa」というコミュニティーに参加できるようになりましたが、そこの運営元であるPropellerhead社が開発したソフトウェアです。

ブレイクビーツの作り方

それでは実際に作ってみたいと思うのですが、まずは材料となる「ドラムループ」が必要ですよね。

① ループ素材を用意する

「ドラムだけ」が鳴っているループ素材なら何でも良いのですが、今回は超定番大ネタである楽曲「Amen」を使います。

1:26から1:33にかけての「4小節・7秒間」が、いわゆる伝説のドラムソロ

ただしBilbaoは「扱えるオーディオファイルが5秒まで」という制約がありますから、今回は「2小節目」だけを切り取ったサンプルを作ることにしました。

それが、この部分です(SoundCloudに行けばサンプルファイルがダウンロードできますので、よろしければお使いください)。

 

② サンプルをアップロードする

ダウンロードしたサンプルをKORG Gadgetに取り込むため、一旦DropBoxへアップロードします。

③ サンプルをKORG Gadgetにインポートする

KORG Gadgetにて、ワンショット・サンプラーガジェット「Bilbao」を立ち上げてください。

まだお持ちでない方は、とても使い勝手の良いドラム音源でもあるので、これを機にゲットするのをオススメしますよ!

次に、ガジェットパネルの左の方にあるPROGRAMボタンをタップし、真っさらな「033 Bilbao init」をロード

これを行う理由は、デフォルトのドラムキット「001 RawCutz Kit 01」だと、すでにパートごとにパラメータ(PITCHやPANなど)が設定されてしまっているからです。

「033 Bilbao init」を呼び出したら、さきほどDropboxにアップしたサンプルを、各パートにインポートしていきます。

やり方は、Part “01”が選択されている状態で…

SAMPLEボタンをタップし、開いたポップアップ右下のインポートをタップ

そしてDropboxを選択します。

すると、さきほどDropboxへアップしたサンプルが表示されるので、タップしてダウンロードしましょう。

ダウンロードには、WiFi環境にもよりますが、数秒ほどかかります。

これと同じ作業を、今度はPart “02”で行い、これをPart “08”まで繰り返し行います。

④ 各パートのサンプルの「再生タイミング」をエディットする

さて、これからPart 01〜08に割り当てられたサンプル波形をエディットして行きます。

といっても簡単で、サンプルを再生させる「スタートポイント」と「レングス」(長さ)を、各パートで設定するだけ。

コツは、波形のタテ幅が大きいポイント…つまり、キックやスネアが鳴る瞬間の所から再生がスタートするよう設定する事です。

Part 01:1拍目

実際にやってみましょう。まずPart 01をタップしてください。

インポートしたサンプルがゆっくり減衰しながら、最後まで再生されますね。

「033 Bilbao init」というプログラムのパラメータ設定が、そうなっている為です。

そこで、DECAYノブを絞り切ってください。

するとサンプルが減衰されなくなり、LENGTHで設定された長さ分だけ、ピタッと再生されるようになります。

この状態でPart 01をタップすると、ちょっとだけ1拍目ウラのキックに食い込んでますね。

LENGTHノブを少し絞り、最初のキックだけが再生するように調整しましょう。

…こんな感じでしょうか。

このようにして、それぞれのサンプルが再生する範囲の調整を、Part 02以降にも行ってください。

サンプルを、どのように千切っていくかは自由(センスがモノを言う部分です!)ですが、今回はわかりやすいよう「8分音符」ほどを、各パートのサンプルの長さにしました。

つまり、こういう事です。

Part 02:1拍目ウラ

STARTノブを上げて2打目のキックからスタートするように調整。

LENGTHも「次のスネアが鳴る直前までの長さ」に調整しています。

 

ちなみにPart 01と同じくキックですが、質感が全く異なります。

これこそがブレイクビーツの醍醐味というか、打ち込みだと出せない味なんですよね。

Part 03:2拍目

スネアその1です。

Part 04:2拍目ウラ

ハットが16分音符で2発、16分ウラでスネアがかすかに聴こえますね。非常に美味しい部分です。

Part 05:3拍目

ここも、16分音符のハットと小スネアのミックス。

Part 06:3拍目ウラ

ハットと小キックが、ミックスした音です。

Part 07:4拍目

スネアその2。Part 03のスネアよりピッチが低めです。

Part 08:4拍目ウラ

ハットと小スネアのミックス。

これで、文字通りビートをブレイクできましたね。準備完了です!

⑤ 解体したサンプルを順番に鳴らしてみる

準備ができたところで、各パートを普通に並べたシーケンスを組んでみましょう。

今回は、8分音符の長さで各パートのサンプルを範囲指定しましたから、ピアノロールでも8分音符で打ち込みます。

それではPlayしてみましょう!

ちなみにBPM144です。

人力ブレイクビーツの割には、スムーズにつながっていると思います。

⑥ サンプルを自由に並び替えて新たなビートを作る

お待たせしました!いよいよブレイクビーツで最も楽しい、サンプルの並び替え作業に移りましょう。

ここは、本当にあなたの感性がモノを言う作業で、決して正解などありません。

例えば…

上の動画では、BPM172に早め、各パートのPITCHを少し上げました。16分や32分音符で細かく刻んでいる部分もあります。

これだけで、何となくスクエア・プッシャーばりのドリルン・ベースっぽくなったと思いませんか?

逆にテンポとサンプルのピッチを下げると、マッシヴ・アタックっぽいトリップ・ホップなビートも作ることができますよ。

あとは、サンプルを並べ替えるなり個別にエフェクトをかけるなりして、あなただけのビートに仕上げましょう!

今回のまとめ


以上、KORG Gadget Bilbaoを使ってのブレイクビーツ・テクニックをご紹介しました。

パートごとにサンプルをアップしたり、再生タイミングをエディットする所だけ、若干メンドくさいです。

しかし一旦エディットしたプログラムをセーブしておけば、どのソングにも呼び出すことができます。

あなたオリジナルのドラムキットが出来たようなものですから、かけがえのない財産になりますよ。

Bilbaoを用いたブレイクビーツ作り、是非お試しくださいませ。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。