5.3 GadgetCloudで自作曲を公開する。

今回は、KORG Gadgetで作成した楽曲をアップロードして、全世界のリスナーへ向けて公開する方法について。

GadgetCloudとは?

KORG Gadgetの楽しみ方のひとつに、”GadgetCloud”というユーザーコミュニティーの存在があります。

これは楽曲共有サービス”SoundCloud”(サウンドクラウド)のシステムを使い、KORG Gadgetで作成したソングをアプリから直接アップロード→自作曲をワールドワイドに公開できるという、非常に画期的な取り組みです。

SoundCloudとは?

SoundCloudはインターネット上に楽曲をアップする共有サービスとしては老舗で、かつメジャー。

しばしばプロミュージシャン自らアカウントを取ってトラックを公開・配布していることから、一般リスナーの利用者もとても多いサービスです。

今を時めくスクリレックスも、珠玉の名トラック群を気前よく聴かせてくれていますね。

作者のトラックに直接コメントやリプライを付けたり、LikeやRepost(リツイート)、twitterやFacebookなどSNSへのシェアボタンも完備。

ユーザー参加型の楽曲共有サービスとして、確固たる地位を築いているのです。

GadgetCloudに接続する。

そんなGadgetCloudが、どういうサービスなのか体験してみましょう。

KORG Gadgetメイン画面のヘッダーにある、GadgetCloudボタンをタップしてみてください。

img_1216

GadgetCloudに接続され、すでにアップされている他のユーザーの楽曲がプレイリスト表示されます。

どの楽曲でもいいので、Playボタンをタップしてみましょう。

img_1215

これらの楽曲は、KORG GadgetのアプリからGadgetCloudに直接アップされています。

つまり、すべてKORG Gadgetのみで作られています。

世界中に存在するGadgetユーザーの力作が並び、とても刺激になりますね。

じっくり聴いて、KORG Gadgetの使い方を学ぶのも良いでしょう。

なお、このプレイリストは「新着順」に並んでいますので、この後あなたが自作曲をGadgetCloudにアップすると、このリストの最上位に表示されることになります。

さて、Gadget Cloud画面の下には、いくつかのアイコンが並んでいます。

たとえば、ランキングをタップすると…

img_1218

おそらく、再生数や獲得Like数などを自動集計して決められる「週間ランキング」が表示されます。

image

さすがに上位の曲はどれもハイレベル。

そんな中、自分がアップした自作曲の順位が表示されると、それだけで嬉しいもの。

ここで高いランキングを獲得すると注目度が上がり、再生数が劇的に増えるので、あなたの楽曲がさらに拡散されるという良循環が生まれます!

Gadget Cloudでソングをアップする。

今回は、チュートリアルトラックを作ってみよう編で制作したデモソングを、GadgetCloudにアップロードしてみます。

アップロードのためのレンダリングを行う

アップしたいソングが開いた状態で、メイン画面のヘッダーにあるファイルアイコンをタップ。

表示されたメニューからエクスポートをタップしてください。

img_1220

続いてエクスポートメニューよりGadgetCloudをタップ

img_1223

レンダリング(クラウドにアップするための変換処理)が開始されます。

このソングは「3トラック/16シーン」と比較的データ量が少ないので、筆者のiPad Air2だと数秒で処理が終わりました。

アップロードを中止する場合は、右下のCanselボタンをタップします。

img_1226

SoundCloudへのログイン、またはアカウント登録を行う

レンダリングが完了すると、SoundCloudへのサインイン、またはSoundCloudアカウントを新規登録するための画面が表示されます。

img_1225

SoundCloudアカウントを登録済みの場合

すでにアカウントをお持ちの方は、以下のフォームにてEmailとPasswordを入力し、Connect to SoundCloudをタップ

入力に誤りがなければSoundCloudへのサインインが完了し、引き続きソングの情報を入力するダイアログが表示されます(後述)。

img_1229

まだSoundCloudアカウントを登録していない場合

アカウントをお持ちでない方は、Create an account on SoundCloudをタップ

img_1230

外部リンクのsoundcloud.comへ飛びますので、ここでアカウントの登録作業を行いましょう。

img_1231

アカウントの登録手順は、この記事でご確認を。

なお、さきほどのフォームにはSign in with Facebookというボタンもあるのですが、筆者はフェイスブックを利用していないので良く分かりません。

おそらく、フェイスブックのアカウントで、SoundCloudにサインイン出来るのでしょう。

ソングのメタデータを設定する

サインインに成功すると、ソングのメタデータを入力するダイアログが表示されます。

img_1250

何も入力しなくてもアップロードできますが、タイトルが「2016-11-26 19:31:49 +0000」等となってしまいます。

とりあえず、「曲名」だけは入力されることをオススメします。もちろんアップ後でも変更可。

各項目の入力が出来たら、右上のNextをタップしてください。

ソングをSNSで告知する

あなたがtwitterもしくはFacebookユーザーの場合、SoundCloudにソングをアップした事実を、フォロワーに公表することができます。

この機能を利用したい場合はSNSアイコンをタップし、続けて「告知文章」などを書き込んでください。

SoundCloudへのアップ完了と同時に、SNSにもアップされます。

img_1251

アップロードを実行する

最後にUploadをタップすると、ソングのアップロード処理が開始されます。

img_1255

ほどなくアップロードが完了し、以下の通知ダイアログが表示されます。すると・・・。

img_1254

GadgetCloudのプレイリストに、あなたのソングが表示されました!

img_1249

まとめ動画。

今回紹介した手順を、動画でまとめてみました。

自作曲を積極的にアップして世界と繋がろう!

ユーザーの方は実感されていると思いますが、SoundCloudは日本人ユーザーよりも、断然海外ユーザー数の方が多いです。

つまり、あなたのオリジナルソングが世界中に広がる可能性が。

曲を作った以上、やはり世の中の人に広く聴いてもらい、感想コメントをもらったり「いいね」を多くゲットできたら嬉しいものです。

アップした楽曲は、こんな感じでウェブサイトやツイッターなどにも埋め込むことができるので、リツイートなどを通じ広く紹介・拡散されることもあるかもしれませんね。

そういったクラウドならではの醍醐味を、あなたもGadgetCloudで味わってみてはいかがでしょう?

それではまた。Have a nice trip!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。