海老名(KORG Gadget)

・KORG Gadgetならではのチップチューン音源の一つ。
・FM音源を中心とした「タイトーサウンド」が手に入る。
・ゲーミング音色が特色も、充実したパラメーターで、ユニークでチープなデジタルシンセとしても使える。

アーケードゲームで使用されたFM音源をサンプリングしたゲーミング・ガジェット。シンセシス機能を活用し、個性的なデジタルシンセとしても。

🇯🇵 TAITO Arcade Synthesizer “Ebina”
タイプデジタルシンセ
得意パートリード FX ベース
得意ジャンルチップチューン
プログラム数65音色
リリース年2019年
Switch対応
価格iOS版 ¥1,840  Nintendo Switch版:¥1,000

海老名(Ebina)は、ビデオゲーム用の音源チップを再現したチップチューン音源。

Nintendo Switch版・iOS版 ともに、アプリ内課金で入手することができます。

KORG Gadget for Mac および for Plugins には、最初から搭載されています。

Ebinaのガジェット・パネル。

かのスペースインベーダーを生み出したタイトー社が生み出した、数々の名作アーケードゲームのサウンドを収録したガジェットです。

ダライアスやニンジャウォーリアーズ、ナイトストライカーなど、80年代に一斉を風靡したFM音源の特徴的な音色をプリセット。

お聴きの通り、実に煌びやかで硬質なFMサウンドです。

そんなEbinaの特徴は、3オシレーター仕様であること。

これらは同じサンプルを発声しますが、オシレーターごとに出力レベルを調節することが可能。オシレーター間の発音タイミングを微妙にずらすことで、サウンドに厚みをもたらすディチューンや、プリミティブなディレイも行えます。

それとは別にマルチエフェクターも搭載されていて、ディストーションやEQ、コーラス、オートパンなど計25種類のFXから1つを選び、サンプルに適用することができます。

おすすめ利用シーン

やはり、80年代の雰囲気をたたえたチップチューン制作に威力を発揮するでしょう。

プリセット音色を鳴らすだけでも、懐かしのFMサウンドを思う存分堪能できます。

PCM音源による意匠を凝らしたSEもプリセットされており、これらをうまく活用すればトラックにファニーなコミカルさを演出できます。

その一方でシンセシス機能が充実しており、特にピッチに対してEGをかけることができるのが美点。「ピュ〜〜ン」といった、いかにもゲーミングな効果音作りも可能です。

サンプルにフィルターをかけることで音色の明暗を定めることができますし、LFOで音色に揺らぎをもたらすギミックも楽しい。

このように思いのほか音作りの幅が広いので、チップチューンのみならず、通常のトラックにおいてユニークなデジタル・シンセサイザーとして活用しても面白いでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。