メンフィス(KORG Gadget)

・永遠の名機「MS-20」を再現した、モノフォニック仕様のアナログ・セミモジュラーシンセ。
・図太いオシレーターと強烈なフィルターが持ち味。パッチングにより、自由で複雑な音色を作成できる。
・アシッドサウンドやSEといった「奇音」を作らせたら無双の、暴れ馬ガジェット。

🇺🇸 Semi-Modular analogue Synthesizer “Memphis”
タイプアナログシンセ
得意パートリード ベース FX
得意ジャンルクラブ/ダンス ロック/ポップス
プログラム数90音色
リリース年2019年
Switch対応×
価格¥3,680(KORG iMS-20)

パッチ次第でエキセントリックな奇音を出せるが、シンセサイザーについての高度な知識が要求される。

Memphis(メンフィス)は、1978年にリリースされた、モノフォニック・アナログシンセの名機 KORG MS-20 をガジェット化したもの。

iOSアプリ iMS-20 for iPad をインストールすると、KORG GadgetにガジェットMemphisとして追加され、iMS-20と同じ音色を扱えるようになります。

なお、iMS-20はiPad専用アプリですが、リモート・インストールを行うことで、iPhoneにMemphisが転送されます。

KORG Gadget for Mac および for Plugins には、最初から搭載されています。

Memphisのガジェット・パネル。SYNTH画面。

アナログシンセの中でも屈指の、ワイルドかつ野太い出音が持ち味。ブリブリ・グチョグチョとしたアシッドサウンドも得意で、いかにも電子楽器的です。

Memphis最大の特徴は、パッチングによってユーザー自らが信号の流れを定める、セミモジュラー仕様であること。

PATCHBAY画面。

VCOやEGなど、各モジュールには入出力端子が用意されており、タッチパネルをドラッグして送信元と送信先をパッチ・ケーブルで接続し、様々な音色加工を行います。

一見難しそうに思えますが、実はインプット同士やアウトプット同士など、不適切なパッチングは行えないようになっています。一種の「ガイド機能」と言えるでしょう。

OUT同士だと端子がグレーアウトし、接続できない。

この種のセミモジュラーシンセ・ガジェットに、同じくモノフォニック仕様であるDublinがありますが、Memphisの方が自由で、より複雑なセッティングが可能。

外部から入力した信号のピッチをCV信号に変換するエクスターナル・シグナル・プロセッサまで用意されています。

PHONE端子から、信号をエクスターナルさせている様子。

そんなMemphisですが、シンセとしての仕様は2VCO・2VCF・1VCA・2EGと、いたってオーソドックスな構成。しかし、各モジュールの素性は強力そのもの。

リング・モジュレートも可能な2基のVCOは、倍音成分がたっぷり含まれた基本波形を発生します。まさにMemphisを率いる2トップ。

太い出音が自慢のVCOを2基搭載。RINGを適用できるのも美点。

フィルターも強烈で、ローパスに加えてハイパスにもレゾナンスを適用可能。PEAKノブを上げていくと、やがてフィルター自らが発振します。

ハイパス・フィルターを活かした、ピーキーな音色作りも可能。

このキレの良いフィルターを活かした複雑な音色作りこそ、Memphisの醍醐味であると言えましょう。

そんな自由さゆえ、シンセ初心者にとっては難しいガジェットではありますが、90種類のユニーク、かつ即戦力となる音色がプリセット。それだけでもMS-20の魅力を存分に味わえるでしょう。

おすすめ利用シーン

実機MS-20と同じく、モノフォニック仕様であるMemphisの主戦場はやはりシンセ・ベース。非常に図太く、存在感のあるベースサウンドを生み出すことができます。

フィルターを目一杯効かせたビヨビヨとしたアシッド・サウンドも、得意中の得意。

さらにリング・モジュレーターを活かし、キンキンした金属的なサウンドも作れます。

ホワイト&ピンクノイズジェネレータもバッチリ用意されており、トラックメイキングにおいて場面展開に使えるような奇抜なSEなど、飛び道具作りも思いのまま。

とにかく非音楽的というか、不思議でエキセントリックなサウンドを作らせたら、このMemphisの右に出るガジェットはありません。一方、繊細で、浮遊感あふれるようなサウンド作りは不向きです。

アナログシンセの魅力がいっぱい詰まったMemphis。そんな「暴れ馬」を操ることができれば、あなたにとって大切な相棒になってくれることでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。