アムステルダム(KORG Gadget)

・楽曲に新鮮なインパクトを与えるサンプルタンク。
・効果音やワンショット系サンプルで、コラージュっぽく楽しめる。
・PCMモジュールだが、ピッチやリバースなど、ある程度の音色エディットも可能。

🇳🇱 PCM SFX Boombox “Amsterdam”
タイプドラムマシン
得意パートFX ドラムス
得意ジャンルクラブ/ダンス ロック/ポップス
プログラム数27プログラム・100サンプル以上
リリース年2014年オリジナル15
Switch対応
価格Free

楽曲にアクセントをもたらす効果音を大量に収録。PCMプリセット・サンプラーゆえ非常に簡便。

Amsterdam(アムステルダム)は、ワンショット系の効果音を多く収録したポン出しガジェット。

iOS版には最初から搭載されており、Nintendo Switch版でも扱う事ができます。

トラックに妙味をあたえるSEや、スケールの大きなシネマティック効果音などが大充実。

ドラム・ベース・リード・パッドとは異なるアプローチで楽曲に彩りを添える、縁の下の力持ち的ガジェットです。

Amsterdam一台につき、100あまりのサンプルの中から4つを割り当て可能。

「Disco Hits」や「DJ FX」といった、プログラムセットもスタンバイされています。

中にはシンセで演奏されたコードサンプルなんてのもあり、たとえ音楽知識がなくても、コラージュ感覚で楽曲を「構築」することもできるでしょう。

↑ このKORG Gadget永遠のアンセム「Gadget World Tour」も、コードサンプルが効果的に使われていますね。

そんなAmsterdamは、いわばPCMサンプルタンク。とは言えある程度の音色エディット手段は確保され、サンプルの長さやピッチを変えられますし、リバースもOK。

ガジェット全体に、25種類から選べるマルチエフェクターを適用することもできますよ。

おすすめ利用シーン

Amsterdamは、ワンショットやシンセ、レコードのスクラッチノイズなど、楽曲にインパクトをもたらす貴重なサンプル集です。

シンセやドラムマシンと違い、あくまで脇役ガジェットですが、単調なトラックにアクセントを付けたいときに役立つでしょう。

ヒット系のSEをシーン変わりで使うと、楽曲における場面転換的な効果も。

なお、この種のサンプルタンクは、セガのビデオゲームで使用されたサンプルを膨大に収録したアプリ内課金ガジェットOtoriiもあります。そちらは楽曲に、コミカルでファニーな雰囲気を与えるSE群がメインです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。