マイアミ(KORG Gadget)

・昨今のEDMに欠かせない「ウォブルベース」専用仕様。
・極めて簡便なサウンドメイクが実現。パネルは一画面で完結。
・クロス・モジュレーションなどにより、思いのほか音作りの幅が広い。

タイプシンセサイザー
キャッチMonophonic Wobble Synthesizer
得意パートウォブルベース
得意ジャンルEDM(フューチャーベース)
音色数30プリセット
リリース年2014年(オリジナル15)
Switch対応
価格Free

Miami(マイアミ)は、モノフォニック・ウォブルシンセ。

iOS版には最初から搭載されており、Nintendo Switch版でも扱う事ができます。

ほとんどウィブルベース専用機と言って良いほど、とことん昨今のEDM映えする凶暴なサウンド作りに特化したデザイン。

操作は極めて簡単。WOBBLEノブでウォブルのかかり具合を調節しつつ、フィルターセクションのCUTOFF、そしてCRUSHで「今風のワルな音」に仕立て上げていきます。

ウォブルサウンドのキモとなるLFOは自動的にテンポと同期し、その振幅周期を音符単位で指定できるという親切設計。

それに加え、クロス・モジュレーション(VCOでVCOを変調させる一種のFM)が用意されているのもユニークで、これによりハーモニクス溢れるサウンドを作ることも可能です。

さらにCUTOFFやRATEがリアルタイムで変化するパラメーターを書いて、より複雑怪奇なサウンドを作りましょう。

モノフォニック仕様ゆえ、同時に1音しか出すことができないものの、ベース・ミュージックに特化しているMiamiゆえ欠点になり得ません。

プリセット音色数は30と決して多くはありませんが、どれも完成度の高い音色で、そのパラメーターを眺めているだけでも勉強になります。

おすすめ利用シーン

文句なくEDM…とりわけ、今日人気を博しているフューチャーベース・トラックとの相性は抜群。

サイバーパンクな見た目通り、退廃的なベースサウンド作りにも最適です。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。