大鳥居(KORG Gadget)

・KORG Gadgetならではのチップチューン・ガジェットの一つ。
・セガの名作アーケードゲームの「ドラムサンプル」を膨大にプリセット。ボイスや効果音も充実。
・トラックに妙味をもたらす飛び道具としても使え、低サンプリングレートのザラついたドラムマシンとしても。

 

🇯🇵 SEGA 16-bit DRUM MACHINE “Otorii”
タイプドラムマシン
得意パートFX ドラムス
得意ジャンルチップチューン
プログラム数486音色
リリース年2019年
Switch対応
価格iOS版 ¥1,840  Nintendo Switch版:¥1,000

コミカルなSEを膨大に収録したPCMサンプルタンク。MPCライクに操作できる。

大鳥居(Otorii)は、ビデオゲーム用の音源チップを再現したチップチューン音源。

Nintendo Switch版・iOS版 ともに、アプリ内課金で入手することができます。

KORG Gadget for Mac および for Plugins には、最初から搭載されています。

Otoriiのガジェット・パネル。

1988年に発売された家庭用ビデオゲーム・マシン「SEGA MEGA DRIVE」を模したルックスですが、その実、80年代の名作アーケード・ゲームのサウンドをサンプリング。

スペースハリアー・アウトラン・アフターバーナー…80年代終わりのセガを、キラ星のごとく彩った名作達の、主にドラムサンプルが膨大に収録されています。

AKAI MPCのように、12個あるパッドにサンプルをアサインし、オリジナルのドラムキットを作っていきます。

サンプルのピッチやディケイなどが操作でき、ドラムマシンとしての基本的なエディット性能を一通り備えます。逆再生も可能。

汎用のマルチ・エフェクターも内蔵しており、サウンドメイクを行うことができます。

おすすめ利用シーン

ピコピコガジェットKingstonや、ナムコ音源Kamata、タイトー音源Ebinaとあわせチップチューンに用いるのはもちろん、80年代の空気をたたえた、太くザラついた質感のドラムマシンとしても役立ちます。

どんなトラックでもすぐに80sサウンドへと変貌しますし、案外R&BレゲエHIPHOPで使っても面白いかもしれませんね。

「Get Ready?」といったボイスデータや、いかにもゲーミングな爆発音など、ファニーなSE(効果音)を数多くストックしたユニークなサンプルタンクとしても活用できるでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。