フェニックス(KORG Gadget)

・ポリフォニック仕様を活かしたコードバッキングやパッドなど、オールマイティーに使えるアナログシンセ。
・奇抜さはないが、Prophet-5ライクなウォームで存在感のあるサウンドが持ち味。
・王道のアナログサウンドゆえ、コルガジェでの曲作りにおいて「主戦力」となる重要ガジェット。

🇺🇸 Polyphonic Analogue Synthesizer “Phoenix”
タイプアナログシンセ
得意パートパッド リード ベース
得意ジャンルクラブ/ダンス ロック/ポップス
プログラム数48音色
リリース年2014年オリジナル15
Switch対応
価格Free

極めてコンサバティブな万能アナログシンセ。過激な音作りは他のガジェットで。

Phoenix(フェニックス)は、正統派のポリフォニック・アナログシンセ。

iOS版には最初から搭載されており、Nintendo Switch版でも扱う事ができます。

SYNTH パネル。オシレータ・フィルタ・EGを制御する画面。

Prophet-5がモデルと思われるルックス通り、ヴィンテージ感溢れる暖かなサウンドが得意。

ポリフォニック仕様なので、ブラスを使ってゴージャスなコードバッキングを作れますし、ストリングスでパッドサウンドを鳴らしても味があります。

2VCO / 1VCF / 2EG / 1LFOと、シンセサイザーとして極めてオーソドックスな構成です。あとはピッチを操作できるホイール2つと、簡易的なディレイも搭載。

MOD / FX パネル。音程を操作可能なホイールやLFO、ディレイも。

ベンドホイールをうまく使えば、サビに向かってせり上がるビルドアップ・ライザーを表現することもできますね。

プリセット音色数は48。分厚くツヤのあるブラスを始め、暖かみのあるストリングスやパッドサウンド、存在感あふれるリードにクラシカルなシンベなど、なかなか幅広いプログラム。

音色自体に奇抜さはありませんが、EDMを作る上で即戦力となるものばかりです。

なお、Phoenixに似た傾向のシンセガジェットに、同じポリフォニック仕様のWolfsburgや、より艶やかなサウンドが持ち味のアプリ内課金ガジェットLisbonがあります。

アナログシンセの波形をリサンプリングした「Wolfsburg」。

強力なシンセシス・エンジンを搭載した宇宙シンセ「Lisbon」。

しかしどちらもゴージャス仕様ゆえ、シンプルで軽快なPhoenixは捨てがたいところです。

おすすめ利用シーン

とにかく「アナログシンセサイザーの王道」といえるガジェットで、何にでも使えます。

得意のエレクトリック・ミュージックにはもちろん、その暖かみのあるサウンドは、バンド系のバッキング・パートにもよく馴染みます。

KORG Gadgetでの曲作りにおいて、絶対に欠かすことのできない「主戦力ガジェット」であると言えましょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。