アレクサンドリア(KORG Gadget)

・高品位なオルガン音源。リアルなハモンドやパイプオルガン音色が手に入る。
・iOSアプリ「KORG Module Pro」をインストールすると使えるようになる。
・App内課金により、更なるライブラリーの強化が可能。

🇪🇬 Legendary Vintage Organ “Alexandria”
タイプ鍵盤楽器(オルガン)
得意パートキーボード
得意ジャンルクラシック/室内楽 ロック/ポップス
プログラム数18音色 Max60音色(App内課金で拡張可)
リリース年2014年
Switch対応×
価格¥4,900(KORG Module Pro
App内課金アイテムOrgan & Clav Collection ¥2,440(40音色)

ハモンドオルガンを多く収録。ロータリースピーカーのシミュレートなどをシンプルに行える。

Alexandria(アレクサンドリア)は、高品位なオルガン音源。

iOSアプリKORG Module Proをインストールすると、KORG Gadgetに追加される5つのガジェットのひとつAlexandriaとして、Moduleと同じ音色を扱えるようになります。

KORG Gadget for Mac および for Plugins には、最初から搭載されています。

Alexandriaのガジェットパネル。

ヴィンテージ・オルガンに特化したユニークなガジェットで、特にジャズやロックにマッチするハモンド(ドローバー)オルガンを多数収録。

スタジアムで演奏される「Take Me Out to the Ball Game」のような伸びやかな音色はもちろん、EL&Pでおなじみのパーカッシブ・サウンドもお手の物。

もちろん、荘厳で迫力あふれる響きを持つパイプオルガンも演奏できます。

本物さながらのエディットが可能で、たとえばAlexandriaのパラメーターのひとつROTATIONは、ハモンドオルガン独特の機構であるロータリースピーカーを再現するもの。

ローターの回転スピードをSLOW(低速)/FAST(高速)のどちらかにでき、ビブラートまたはコーラス効果を、それぞれ3種類のプリセットから選択します。

パネルの右側にも汎用のエフェクトセクションがあり、モジュレーション系22種と、アンビエント系8種の中から設定可能。

さらにDRIVEノブを上げると、荒々しいオーバードライブ・サウンドに変貌させることもできます。

おすすめ利用シーン

ハモンドオルガンは、そのビビッドで存在感あふれるサウンドゆえ、ジャズロックにおいて、ギターを相手にタメを張れるパートとなります。

このことは、ディープ・パープルやアニマルズといった名手達のプレイが証明しており、そのような傾向の楽曲を作る際、Alexandriaは必須ガジェットとなるでしょう。

もちろん楽曲のバッキングにてコードを刻んでも、トラックにとても良く馴染みます。

一方、荘厳で唯一無二の響きを持つパイプオルガンは「使い所」の難しい部分はあるものの、曲の冒頭や途中でソロパートとして起用すると、トラックの雰囲気をガラリと変えることができ、ある種の飛び道具として期待できます。

特にホール系のリバーブを深くかけると、他では得られない「神々しくも崇高なムード」を演出できるでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。