リスボン(KORG Gadget)

・ド派手で艶っぽいサウンドが自慢の「宇宙シンセ」。今日的なベース・ミュージック作りに最適。
・独自のアルペジエーター&完全独立5系統のマルチFXで、多彩なサウンドメイクが実現。
・初心者にも易しい、洗練された音色作成フロー。最小努力で最大効果をもたらす、スターリング・ガジェット。

🇵🇹 Polyphonic Sci-Fi Synthesizer “Lisbon”
タイプデジタルシンセ
得意パートリード パッド
得意ジャンルクラブ/ダンス
プログラム数70音色
リリース年2017年
Switch対応×
価格¥1,840

分厚い出音にクールなルックス。しかも易しい操作性。誰からも愛される「人気No.1」ガジェット。

Lisbon(リスボン)は、極めて今日的なフューチャー・サウンドを生み出すポリフォニック・デジタルシンセ。

KORG Gadget for iOSにおいては、アプリ内課金で入手することができます。

KORG Gadget for Mac および for Plugins には、最初から搭載されています。

Lisbonのガジェット・パネル。

コルグの「矜恃」をも感じる強力なシンセシス・エンジンによる、分厚く、ブライトなエレクトロニック・サウンドが持ち味。

明らかに最先端のベース・ミュージック作りを意識した、高揚感を伴うハイエナジーな出音です。

70ほど用意されたプリセット音色はどれも出来が良く、鋭いリードに分厚いパッド、独自のアルペジエーターを生かしたトリッキーなものまで、非常にEDM映えするサウンドが揃います。

それでいて、Lisbonにおける音作りはシンプルそのもの。分かりやすいパネルデザインのおかげで、多彩な音色を生み出す割には易しいガジェットと言え、狙いのサウンドが即座にゲットできます。

まずは、VCOにあたるGENERATORセクションで基本波形を定めつつ、倍音を強調させる「upper」やザラつきを加える「diffuse」といった、極めて効果が明確なパラメーターでサウンドを探ります。

直感的なパラメーターが並ぶ「GENERATORセクション」。

次に、ローパス・バンドパス・ハイパス間の割合を無段階に可変する、珍しいタイプのフィルターで音色を整え…

「FILTERセクション」。音色の明暗や、時間的変化の度合いを定める。

最後にLFOやEGを適用するという、シンセサイザーとして極めてオーソドックスな流れです。

音量の時間的変化を司るセクション群。

Lisbon独自のアルペジエーターも強力。様々な分散和音パターンを選ぶことができ、サウンドに妙味をもたらします。もちろんテンポと同期させることも可能。

アルペジオパターンは、上昇・下降・ランダム・トリガー(連打)など10種類から選択可能。

そして、パネル1画面分を費やした専用のマルチ・エフェクターが圧巻。

信号の流れ順に、SHAPER , MODULATION , EQUALIZER , DELAY , REVERB。極めて明快。

完全独立5系統というスペックは、KORG Gadgetの全ガジェットの中で最もパワフル。多彩なサウンドメイクを可能とします。

しかも、これら5系統のエフェクターはすべて固定。このような「いい意味」での割り切り設計も、筆者としてはリスボンの明快さに寄与していると感じます。

おすすめ利用シーン

記事の冒頭でも述べた通り、昨今のEDM映えする「ド派手でツヤっぽいサウンド」が即座に手に入るLisbon。

元々ダンス・ミュージックに強いと言われるKORG Gadgetにあって、象徴であると言って良いガジェット音源です。

音色の作成フローもシンプルで分かりやすく、とてもユーザーフレンドリー。こちらもコルガジェらしい美点だと感じます。

そんなLisbonはアプリ内課金アイテムですが、最小の労力で最大限の効果を上げるので、真っ先に購入を検討すべき優良シンセ・ガジェットだと言えるでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。