ベルリン(KORG Gadget)

・存在感あふれる、孤高のモノリードシンセ。
・空間を切り裂くようなオシレーターシンク・サウンドを手軽に。
・見た目も音作りも、実にクラシカルで真っ当な印象。

🇩🇪 Monophonic Synchronized Synthesizer “Berlin”
タイプアナログシンセ
得意パートリード
得意ジャンルクラブ/ダンス ロック/ポップス
プログラム数30音色
リリース年2014年オリジナル15
Switch対応
価格Free

音作りの振り幅はあまり広くないが、1VCOでオシレーターシンクを実現したのは見事。

Berlin(ベルリン)は、極めてクセの強いリードサウンドを生み出すモノフォニック・アナログシンセ・ガジェット。

iOS版には最初から搭載されており、Nintendo Switch版でも扱う事ができます。

VCO / MOD 画面。

モノフォニック仕様ゆえに単音しか出せず、和音を奏でることはできませんが、それを補って余りあるオシレーターシンクという武器を持ちます。

オシレーターシンクとは、あるオシレーターの周波数を、別のオシレーターに強制同期させることで基本波形を捻じ曲げ、強烈な音色変化をもたらすテクニック。

簡単にいうと、VCO 1に隷属するVCO 2は、ご主人様が休むのと同時に己の波形をリセットします。

こうすることで、通常のオシレーターでは不可能な複雑な波形が得られ、個性的な音色を生み出すことができるというわけ。

そんなオシレーターシンクは特殊な概念ゆえ、難解であると捉えられがちですが、Berlinは極めて簡単な音色作りを実現。

秘密は、サブオシレーターの存在。オシレーターシンクはその原理上、2つのVCOが必要ですが、Berlinでは一方のオシレーターを隠す(サブ化する)ことで、ユーザーはその存在を意識することなく音作りに没頭できます。

いかにもコルガジェらしい工夫により、シンセ初心者でも手軽にオシレーターシンク・サウンドを楽しめるのですね。

サウンドの特徴は、オシレーターシンクならではの「うねる」音色。これは他のシンセでは到底真似できません。

「ギュイィィ〜〜ン」というクセのある音色で、実に存在感あふれる音です。

その他の特色としては、テンポシンク機能付きのディレイを装備すること。リードトラックとは好相性なギミックです。

おすすめ利用シーン

突き抜けるような、孤高のリードサウンド。これに尽きます。

「オシレーターシンク的」としか言いようのない個性あふれる音色は、あなたの旋律をより引き立てることでしょう。

Berlinの音が気に入ったなら、KORG Mono/Polyをガジェット化したMontpellierもオススメ。本物のオシレーターシンクで、モジュレーション・サウンドの真髄を味わえます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。