チューリッヒ(KORG Gadget)

・レコーダー・ガジェット。楽器演奏やボーカルなど、オールマイティーに対応する。
・マイクやライン録音した波形はエディット可能。26種類のエフェクトをかけることも。
・外部からWAVやACCなどのオーディオ・ファイルをインポートできる。

🇨🇭 Universal Audio Recorder “Zurich”
タイプオーディオトラック(レコーダー)
得意パートオーディオ
得意ジャンルAll
プログラム数
リリース年2017年
Switch対応×
価格Free

録音機としては簡素な作りだが、非常に扱いやすいソニック・レコーダー。外部からオーディオファイルを取り込むこともできる。

Zurich(チューリッヒ)は、オーディオ・レコーダー・ガジェット。

Nintendo Switch版以外の、すべてのKORG Gadgetで使用可能です。

Zurichのガジェット・パネル(下)と、オーディオ・エディター(上)。

ボーカルや楽器演奏など、あらゆるサウンドをiOSデバイスの内蔵マイクオーディオ・インターフェースを用いて録音し、KORG Gadget上で扱えます。

コルガジェらしく、シビアな設定は一切不要。フェーダーモジュールのRecボタンタップし、VUメーターの振れ具合を見ながらINPUTノブでレベルを定めると、録音準備完了。※ iPhoneやiPadの内蔵マイクで録音する場合は「ハウリング」を防ぐため、MuteさせてからRecモードに入りましょう。

Zurichに録音されたサウンドは「オーディオ・エディター」に波形として表示され、再生開始/終了ポイントの設定ゲインの調節といった、簡単なエディットを施すことができます。

再生スタートとエンドポイントを指定できる。

リバーブ、コンプレッサー、EQ、ディストーション、各種モジュレーション系といった26種類あるエフェクトで、サウンドメイキングを行うことも可能。

また、Zurichはオーディオのリアルタイム・レコーディングだけでなく、手持ちのオーディオ・ファイルを取り込む「インポート」機能も搭載。

オーディオ・エディター左下の「Importボタン」をタップする。

iOSデバイス内のフォルダをはじめ、AudioShare、iCloud Drive、Dropboxなどから、オーディオファイルをインポートすることができます。

対応するオーディオ・フォーマットは、WAV , AIFF , MP3 , AAC となっています。

おすすめ利用シーン

歌声・タンバリン・カスタネット・オーケストラ…この世の全あらゆるサウンドを、KORG Gadgetに取り込むZurich。

生の楽器演奏を録音するのはもちろん、ブーツの足音やドアをノックする音といった何気ない環境音、公園の噴水や子供たちの遊び声といったフィールドレコーディングを楽曲に取り入れるのもオススメ。

そんなZurichはすべてのレコーディングに対応しますが、ギタリストやベーシストの方は、別の専用ガジェット(ギターアンプRosario・ベースアンプDurban)がありますので、そちらを活用するのもいいでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。