MENU
GadgetSonic 2021 グランプリ発表! 詳しくはこちら

キングストン(KORG Gadget)

・KORG Gadgetでチップチューンやロービットをやるなら、まずこの音源。
・基本波形を、三角波、矩形波、パルス波、ノイズから選べるのは実機さながら。
・「Run!」 や「Jump!」など、サウンドにコミカルさをもたらすギミックも。

🇯🇲 Polyphonic Chip Synthesizer "Kingston"
タイプ デジタルシンセ
得意パート リード FX
得意ジャンル チップチューン
プログラム数 21音色
リリース年 2014年オリジナル15
Switch対応
価格 Free

Kingstonでの音作りは、矩形波や三角波といった基本波形に対し、スゥイープ、または高速アルペジオをかける程度。ピコピコサウンドにひたすら特化する、ある意味尖ったガジェット。

Kingston(キングストン)は、KORG Gadgetならではのチップチューン・ガジェット。

iOS版には最初から搭載されており、Nintendo Switch版でも扱う事ができます。

ファミコンでお馴染み、あの「ピコピコ」としたチャーミングな電子音に特化したガジェットです。

この種のチップチューン音源は、アーティストトリオ「YMCK」さんがお造りになったMagical 8bit Plugが筆頭格ですが、このKingstonもかなりの本格派。

基本波形は、三角波矩形波パルス波(25%、または12.5%)・そしてノイズの中から選択可能。チップチューン作りに必要なものをほぼ網羅しています。

「ルート16ターボ」より。 (C)1985 SUNSOFT

そのサウンドはこの通り、ファミコンそのものです。

Kingstonの音作りは、先に述べた5種類の基本波形を選びつつ、通常のシンセと同じようにADSRを設定すると言うもの。

KORG Gadgetにおいて、最高峰とも言えるシンプルさです。

勿論それだけではなく、あたかもキャラクターが走っているかのような効果を得られる「高速アルペジエーター」Run!と…

「ピョ〜〜ン」という音程変化の効果(スウィープ)をもたらすパラメーターJump!を装備。

これらの機能や、Kingston専用のマルチエフェクターを駆使し、アブノーマルなサウンドを作る事も可能です。

EFFECT画面。RINGやLOFIといったユニークなエフェクトも。

プリセット音色数は21と多くはありませんが、意匠を凝らしたSEチックなものが充実している印象。

他にも、09: RPG FLUTE13: MOON BASSなど、若干のザラつきを抱く三角波を活かした音色は他のガジェットでは再現が難しく、なかなかソソるラインナップと言えましょう。

おすすめ利用シーン

どんなトラックでも、Kingstonの「ピコピコ」音色を加えるだけで、得も言えぬファニーな感触をもたらすことができるでしょう。

ナムコ音源Kamataやセガ音源Otorii、タイトー音源Ebinaと併用して、ガチなチップチューントラックを作る事もできますね。

そのような路線を突き進めるなら、FM音源ガジェットChiangmaiを絡めるのもオススメです。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

KORG Gadgetエヴァンジェリスト。 http://www.Gadget-Junkies.net 運営。ロックなダンスビートにピコピコサウンドを乗せ、昔のビデオゲームっぽい音楽も作ってます!

コメント

コメントする

目次
閉じる