ロサリオ(KORG Gadget)

・iOSデバイスがギターアンプに変身。ギタリストなら必携。
・伝統的なアンプからモダンなキャビネットまで幅広いラインナップ。独立2系統のマルチエフェクターで自在にサウンドメイク。
・手持ちのオーディオファイルをインポート可能。あらゆるサウンドに歪みをもたらすことができる。

🇦🇷 Guitar Effect Processor “Rosario”
タイプオーディオトラック(アンプシミュレーター)
得意パートオーディオ
得意ジャンルロック/ポップス
プログラム数
リリース年2017年
Switch対応×
価格Free

実機アンプとキャビネットを自由に組み合わせることができ、自由度は高い。ギターアンプとしての操作性も良好。

Rosario(ロサリオ)は、ギターアンプシミュレーター・ガジェット。

Nintendo Switch版以外の、すべてのKORG Gadgetで使用可能です。

Rosarioのガジェット・パネル。

iRigなどのオーディオ・インターフェースを介してギターと接続すれば、iPhoneやiPad、それにMacがギターアンプに変身。

iOSデバイスの内蔵マイクで、直接ギター演奏をレコーディングすることもできます。

英国・VOX社製のコンボギターアンプACシリーズ(!)をはじめとする、19種類のギターアンプを搭載。

「UK 80s」や「US HiGain」「Boutique Metal」といったプリセットもあり、シンボリックなサウンドが簡単に再現できます。

またキャビネット(スピーカー)が12種類用意されていて、いにしえのロカビリー・サウンドを再現するTweedBlack(おそらくフェンダーのブラック・フェイス)などを選択でき、かなりマニアック。

ちなみに上の「2×12」は、「12インチスピーカーを2発搭載する」という意味です。

そして、完全独立型のマルチエフェクターを2系統装備。

オーバードライブ、ディストーション、ファズといった歪み系に、フランジャーやフェイザーといったモジュレーション系、各種ディレイにリバーブなど、24種類のエフェクターを二重がけすることができます。

また、Rosarioはオーディオトラック・ガジェットゆえ、ユニバーサル・レコーダーZurich同様、録音した波形に対し再生開始・終了ポイントゲインの設定も可能です。

おすすめ利用シーン

ギタリストのKORG Gadgetユーザーなら必携の、ギターアンプ・ガジェットです。

打ち込み一辺倒ではない、本物の生ギターサウンドをもたらすことができます。

また、手持ちのオーディオ・ファイルをインポートする事ができるので、あらゆるサウンドにオーバードライブやファズをかけることが可能。

たとえば、Marseilleで打ち込んだギターフレーズをDropboxへ書き出し、Rosarioに戻してサウンドメイクする…といったフローも考えられるでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。