ダブリン(KORG Gadget)

  • パッチングで音作りを行うアナログシンセ。
  • モノフォニック仕様ゆえ、音が1つしか同時に出ない。
  • 野太いシンセベースや、存在感のあるリードサウンド向き。
タイプシンセサイザー
キャッチMonophonic Semi-Modular Synthesizer
得意パートベース・リード
得意ジャンルハウス・ヒップホップ・テクノなど
音色数48プリセット
リリース年2014年(オリジナル15)
Switch対応
価格Free

Dublin(ダブリン)は、モノフォニック・セミモジュラーシンセ。

SYNTHパネル

iOS版では最初から搭載されており、Nintendo Switch版でも扱う事ができます。

無料体験版「Le」で体験できる3ガジェットの一つでもあり、コルガジェ・ユーザーにとってはお馴染みのガジェットではないでしょうか?

一番の特徴は「セミモジュラー仕様」ゆえ、自ら(ある程度)自由に、音の流れを定める事ができる点。

PATCHBAYパネル

ドラッグ操作で、送信元モジュールのジャックにパッチケーブルを挿しこみ、それを送信先モジュールのジャックまで持っていくと、両者を接続することができます。

たとえば「EG→VCO」と繋げば、音程をEGのエンベロープ波形通りに操作することができますし(これができるガジェットは意外に少ない)、「LFO→VCF」とやれば、音色が震える「ワウワウ」効果を得られます。

なお、Dublinと同じパッチングシンセに、KORG MS-20をガジェット化したMemphisがあり、こちらは更に複雑で本格的な音作りが楽しめます。

メンフィス(Memphis)

パッチングという大変ユニークな操作体系を持ちながら、シンプル操作で音作りがしやすいのもポイント。

ウッドパネルをあしらったビンテージ感溢れるルックスも、なかなかイカしているのではないでしょうか?

このように自由な音作りができる反面、モノフォニック仕様ゆえ、同時に一つの音しか出すことができません。

また、シンセについての基本的な知識がないと、パッチングで音を作るのはなかなか難しいと思います。

プリセット音色数は48と少なめですが、どれも出音が太く、個性的なものもあるので、シンセ初心者はそのまま使わせてもらいましょう。

おすすめ利用シーン

モノフォニックという特性上、シンセベースや、和音を伴わないリードサウンドを得意とします。もっとも後者については、Dublinを複数台立ち上げてやればよいのですが…。

また、いかにもシンセサイザーらしい野太いサウンドは、やはりEDMやハウス、テクノといった楽曲に向くことでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。