マルセイユ(KORG Gadget)

・気軽に使える、万能PCM音源モジュール。
・音質的にはややリアルさに欠けるが、派手で明るいEDM向けチューンナップ。
・ピアノやブラスなど、シンセサイザーでは難しい生楽器系サウンドを担当する。

タイプPCMモジュール
キャッチPrlyphonic PCM Synthesizer
得意パートリード・ベース・パッド・アコースティック
得意ジャンルEDM・バンド・室内楽
音色数128
リリース年2014年(オリジナル15)
Switch対応
価格Free

マルセイユ(Marseille)は、マルチPCM音源。

iOS版には最初から搭載されていて、Nintendo Switch版でも使えます。

とてもシンプルな操作体系で初心者でも扱いやすく、欲しいサウンドをすぐにゲットできます。

音源としての特徴は、ピアノやエレピ、ブラス、ストリングスといった楽器音の演奏時にもってこいな反面、シンセサイザー的な音作りには向きません。

かつてパソコンにおける音楽製作といえば、PCに接続された「MIDI音源モジュール」が必要でしたが、Marseilleはそんな存在でしょうか。

かつて標準的だった音源モジュール「ROLAND SC-88 Pro」。wikipediaより。

もしMarseilleに飽き足らなくなったら、iOSアプリKORG Module Proをインストールすると入手できるGlasgowの導入を検討しましょう。

Glasgow。Marseilleを拡張する器楽音が満載。

Glasgowそのものに内蔵されたプリセットも優秀ですが、アプリ内課金で入手可能なプレミアムピアノ音源Ivoryをはじめ、TRITONのライブラリーなど、膨大なサウンドを拡張可能となります。

おすすめ利用シーン

シンセサイザーでは表現できない、現実的な楽器の音が欲しい時に役立ちます。

全体的に明るくデフォルメされた音色ゆえ、楽器音としてはリアルさに欠ける部分もありますが、ダンスミュージック・トラックに馴染みやすいサウンドだとも言えましょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。