ダーバン(KORG Gadget)

・iOSデバイスがベースアンプに変身。ベーシスト必携。
・8種類のベースアンプ・12種類のキャビ。26種類の完全独立マルチエフェクターx2でサウンドメイク。
・手持ちのオーディオファイルをインポート可能。エフェクト・プロセッサとしての活用もアリ。

🇿🇦 Bass Effect Processor “Durban”
タイプオーディオトラック(アンプシミュレーター)
得意パートオーディオ
得意ジャンルロック/ポップス
プログラム数
リリース年2017年
Switch対応×
価格Free

ベース専用アンプとキャビネットを自在に組み合わせる事ができ、自由度は高い。操作性も良好。

Durban(ダーバン)は、ベースアンプシミュレーター・ガジェット。

Nintendo Switch版以外の、すべてのKORG Gadgetで使用可能です。

Durbanのガジェット・パネル。

ギターアンプRosarioに続き、ベーシスト待望の専用アンプ・ガジェットが登場。

iPhoneやiPadの内蔵マイクで、直接ベース演奏を録音可能です。

オーディオ・インターフェースを介してベースと接続すれば、iOSデバイスやMacをベースアンプとして使うことができます。

こちらのDurbanも、自分好みのアンプとキャビネットを組み合わせることで、オリジナル環境のシミュレートが実現。

8種類のベースアンプを搭載しており、CleanやJazz、Valveといった、シンボリックなプリセットが用意されています。

スピーカー・キャビネットも12種類を装備

「10インチx8」「12インチx4」など様々な組み合わせのキャビありますが、一般的にはスピーカー・ユニットのサイズが小さいほどクッキリした高音域が得られ大きければズッシリとした低音域が増し、かつ音量も大きくなります。

また、4発・8発とスピーカーの数が増えるほど音圧が強まる傾向があり、あなたの欲しいサウンドに応じたチョイスが必要となるでしょう。

そして、完全独立型のマルチエフェクターを2系統装備。

コンプレッサーをはじめ、オーバードライブ、ディストーションなどの歪み系、各種ディレイにリバーブ、そしてDurban独自のDI/DriverやFiltronといった26種類のエフェクターを、二重がけすることができます。

もちろんDurbanはオーディオトラック・ガジェットなので、RosarioやZurich同様、録音した波形に対し再生開始・終了ポイントゲインの設定が可能です。

おすすめ利用シーン

ベース演奏専用ガジェットDurbanは、KORG Gadgetで生ベースを演奏・録音する際に活躍します。

手持ちのオーディオ・ファイルをインポートできるので、例えば18インチ級のモンスター・キャビで出力…といった使い方も可能。

そんなDurbanは、あらゆるサウンドにベースアンプの効果を加えることのできる、一種のエフェクト・プロセッサーとしても活用できるでしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。