MENU

フェアバンクス(KORG Gadget)

  • URLをコピーしました!
  • 固定ノブ8つを駆使し、選んだ音色によってパラメーターが変化するハイブリッド・デジタルシンセ。
  • iOSアプリ「KORG Module Pro」をインストールすると使えるようになる。
  • 音色ライブラリーが極めて豊富(2023年現在 14種類)。楽器からではなく、作りたいジャンルやシチュエーションから選ぶスタイル。
目次

🇺🇸 Hybrid Digital Synthesizer "Fairbanks"

ビジュアル
タイプデジタルシンセサイザー
得意パートオールジャンル
得意ジャンルクラシック/室内楽 ロック/ポップス アンビエント/ニューエイジ クラブ/ダンス
プログラム数膨大
リリース年2020年
Switch対応非対応
価格  ¥4,800(KORG Module Pro)
 App内課金アイテム14ライブラリー(2023年現在)

Fairbanks(フェアバンクス)は、ハイブリッド・デジタル・シンセサイザー。
iOSアプリKORG Module Proをインストールすると、KORG Gadgetに追加される6つのガジェットのひとつGlasgowとして、Moduleと同じ音色を扱えるようになります。
KORG Gadget for Mac および for Plugins には、最初から搭載されています。

最大の特徴はガジェットパネルに配置された8つのノブ。選んだ音色に合わせてパラメーターが自動的に切り替わる仕様になっています。
これにより、最小限の操作子ながら、非常に多彩なパラメーターを選ぶことが可能。
つまり、その音色に相応しいパラメーターだけが最初から割り当てられるので、プレーヤーは何も考えずとも「美味しいサウンド」のみを求めることができるのです。
こうしたスマートさは、まさにバーチャルシンセならでは。最小限の労力で最大限の成果を得られる、とても理にかなった設計だと感じます。

またGlasgowと同じく、膨大な別売音色ライブラリーも魅力。
ただしサウンドの傾向は明確に異なり、オーケストラやクワイア、ビンテージ・シンセといった生真面目さが光るGlasgowに対し、Fairbanksはユニークなコンセプト系ライブラリーが多い印象です。

たとえば、別売ライブラリーの一つ90s IDMは、その名の通り90年代に盛んだったIDM(インテリジェンス・ダンス・ミュージック)制作に特化したもの。
こうした追加サウンドパックは、ピアノやシンセ機種に搭載された音色で構成されるもの。
しかしFairbanksでは、作りたい音楽ジャンルやシチュエーションにマッチしたサウンドが、リードやベース、ドラムなどノージャンルに収録されています。

他にも、「つまびく」「叩く」サウンドばかりを集めたPlucks & Malletsや、女性ダンス&ボーカルグループkolmeで活動中の MIMORIさんによるボイスをフィーチャーしたmimoPopという変わり種パックまであります。

おすすめ利用シーン

欲しいサウンドを、シンセの基本波形から作り込むのは大変ですが、Fairbanksにプリセットされているプログラムは、どれもすぐ使えるようエディットされています。
それでいて自らもエディットしやすい設計で、非常によく練られたガジェットだと思います。

14種類の別売りライブラリーという拡張性を誇り、極めて多方面のサウンド趣向に応えるFairbanksは、オリジナルプロダクトであるKORG Moduleを象徴するハイブリッドシンセ。やりたい音楽が何であろうと、欲しい音色が必ず見つかること請け合いです。
すべてのコルガジェ・ユーザーにおすすめできる逸品でしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

KORG Gadgetエヴァンジェリスト。 http://www.Gadget-Junkies.net 運営。ロックなダンスビートにピコピコサウンドを乗せ、昔のビデオゲームっぽい音楽も作ってます!

コメント

コメントする

目次