MENU
Gadget Awards 2021 結果発表! 詳しくはこちら

ダーウィン(KORG Gadget)

・ミュージック・ワークステーション KORG M1 をガジェット化。
・最大3,300の、超膨大なサウンドライブラリー群が手に入る。
・ダンス・ポップス・アンビエント…あらゆるジャンルを全方位的にカバー。

🇦🇺 Digital PCM Synthesizer "Darwin"
タイプ デジタルシンセ
得意パート マルチ
得意ジャンル クラブ/ダンス ロック/ポップス クラシック/室内楽
プログラム数 3,300音色(M1 Cards , T1 Cards 含む)
リリース年 2015年
Switch対応 ×
価格 ¥3,680(KORG iM1 for iPad)
App内課金アイテム M1 Cards Pack ¥610

T1 Cards Pack ¥610

膨大な音色数はKORG Gadget屈指。エディットも容易。全てにおいてハイレベルな必須ガジェット。

Darwin(ダーウィン)は、伝説のデジタルシンセ KORG M1 をガジェット化したもの。

iOSアプリ KORG iM1 for iPad をインストールすると、KORG GadgetにガジェットDarwinとして追加され、iM1と同じ音色を扱えるようになります。

なお、iM1はiPad専用アプリですが、リモート・インストールを行うことで、iPhoneにDarwinが転送されます。

KORG Gadget for Mac および for Plugins には、最初から搭載されています。

Darwinのガジェットパネル。

KORG M1は、1988年にリリースされた、PCM音源を内蔵したミュージック・ワークステーション。

極めてリアルな生音系サウンドが持ち味で、そのきらびやかな出音は、今なお多くのミュージシャンから愛され続けている名機中の名機です。

そんなM1を、コルグ自らがiPadアプリとして蘇らせたのがiM1 for iPadで、これをインストールすると、KORG Gadgetでもガジェット・Darwinとして動作するわけです。

何といっても最大3,300のサウンド、34枚のカードというライブラリー群が圧巻。

これだけ膨大な音色群ですから、目的のサウンドを探すだけでも一苦労…と思いきや、Darwinには優れた検索性をもつスマートサウンド・ブラウザが搭載されています。

スマートサウンド・ブラウザ。好みの音色を素早く検索できる。

Piano,Guitar,Drums/Hitといった具合に、目的のサウンドをジャンルから絞り込むことが可能です。

出音もM1そのもので、まさに本物。多くの楽曲やCMで使われた「M1ピアノ」に象徴されるM1サウンドを、思う存分堪能できます。

パラメーターも良くできていて、実機M1の小さな液晶表示をiPadで見事に再現。ノブを回すと数値が変わり、非常にわかりやすいです。

パラメーター群。極めて明快。

おすすめ利用シーン

空間的で奥行きのある、「これぞM1!」といったデジタルサウンド群が手に入ります。

ダンス・ポップス・アンビエントと、あらゆる音楽ジャンルを全方位的にカバーするので、コルガジェ・ユーザーなら導入しない理由を探す方が難しい。

M1がポップミュージック・シーンにもたらした衝撃。それまで主流だった、YAMAHA DX-7に代表されるFM音源を、完全に駆逐するほどのものでした。

そんなM1を私たちは今、手のひらで扱うことができる。文句なくオススメできるガジェットです。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

KORG Gadgetエヴァンジェリスト。 http://www.Gadget-Junkies.net 運営。ロックなダンスビートにピコピコサウンドを乗せ、昔のビデオゲームっぽい音楽も作ってます!

コメント

コメントする

目次
閉じる