#ガジェソニ後夜祭。草の根コンペを支えてくれた皆さまへ、感謝を込めて。

2019年8月晩夏、3週間にわたり繰り広げられた「真夏のトラックメイキング・バトル」#GadgetSonic2019

先日、グランプリ BEST of SONIC 3作品と、優秀作 SONIC of the Year に選抜された楽曲たちが発表され、その幕を閉じました。

ありがたいことに、今年も179作品ものエントリーをいただき、大いに盛り上がった「ガジェソニ」。その反響は大きく、多くの暖かいツイートを頂戴しました。

そこで、そんな呟きをこの記事にてピックアップし、この夏にあった奇跡のような出来事を、永久に記録したいと思います。

記事の上から、ガジェソニの開催が宣言され、大会期間中、そして終了後へ向け、通常のタイムラインとは逆にストーリーが進行します。

さあ、この夏、あらゆるトラックメーカーが燃えに燃えた熱き思い出を、追体験していきましょう。

どれもコルガジェ、そしてガジェソニに対する熱や愛に溢れる、素敵なツイートたちですよね。

これは、ガジェソニ参加者のみんなで作り上げた「物語」です。

ちなみに、応募者の方から寄せられた声でひときわ多かったのは「普段よりも、たくさんの人に聞いてもらえた」「このコンペが、曲作りのモチベーションになった」というもの。

昨年、私たちがGadgetSonicを旗揚げして以来、決して変わらぬ一貫した理念は「世のトラックメーカーに、失われつつある作品発表の場を提供する」こと。ですから、このような声は本当に嬉しいです。

そんな理念に呼応し、ご参加いただいた179楽曲の作者様、大会を応援してくれた人々。すべての方々に感謝します。

そして何より、忙しいさなかに身を削ってイベントを盛り上げてくれた、ガジェソニ共同運営者のタイキ@TaikiOverthereさんに、心より御礼申し上げます。

最後に、BEST of SONICに輝いたお三方の喜びツイートを紹介し、#GadgetSonic2019のレコードを終えたいと思います。

また来年、#GadgetSonic2020でお会いしましょう!!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。