【2020/11/23更新】KORG Gadgetユーザーリミックス企画「Director United」の楽しみ方。

Twitterアカウント「ディレクター・ユナイテッド」は、このほどKORG Gadgetユーザー同士の交流を目的とする新企画 “Director United” を開始すると発表しました。

名うてのトラックメーカー3名がアップした自作のプロジェクトを、私たちコルガジェ・ユーザーがダウンロードし、手持ちのKORG Gadgetを使ってリミックス。

そのトラックが完成したら、原作者名を付した上でSoundCloudやYouTubeにアップしてエントリーする…という、非常にユニークな企画です。

かつて存在した楽曲共有サービス Allihoopa で花開いた「リミックス文化」を受け継ぐ Director United 。この記事では、その内容や楽しみ方を紹介しましょう。

名手たちの「プロジェクトファイル」をダウンロードして、リミックスを楽しんじゃおう!

その新企画 Director United の楽しみ方ですが、いたってシンプル。

これから、何曲かアップされる「課題曲」のどれかを、私たちコルガジェユーザーが「プロジェクトファイルごと」ダウンロード。それを思い思いにリミックスしてアップする…というものです。

手順① Dropboxにアップされたプロジェクトをダウンロードしよう!

まず、コルガジェ・ユーザーの皆さんにリミックスを楽しんでいただく課題曲が、Dropboxの各ユーザーアカウントにアップされます。

その中から、あなたが「リミックスしてみたい」と思ったトラックを、プロジェクトごとダウンロードしましょう。やり方はこちらでご確認ください。

選りすぐりの課題3楽曲は、Twitterアカウント「ディレクター・ユナイテッド」にて発表されますが、当サイトでもお知らせしたいと思います。

手順② 手持ちのKORG Gadgetを使って、自由にリミックスしよう!

さて、私たちがダウンロードした課題曲はプロジェクトファイルなので、自由に改変することができます。

楽曲構成を変える、新しいフレーズを入れる、テンポをいじる、音色を作り直す、エフェクトをかける…どんな事でも思うがまま。あなたのセンスで、自由にリミックスを始めましょう!

手順③ リミックストラックを、SoundCloudやYouTubeで公開しよう!

リミックストラックが完成したら、それをオーディオファイルに書き出し、SoundCloudやYouTubeなどへアップしましょう。

その際、とても大切なルールがあります。それは必ずオリジナルの作者名と曲名を明記すること。その作者の曲のリミックスである事を、忘れずに表示してください。

※「Director United.Rec2」エントリーの締め切りは、2020年12月27日(日)となります。

手順④ ハッシュタグ #Duremix を付けてツイートしよう!!

最後にTwitterにて、ハッシュタグ #Duremix を付け、アップ先のURLをツイートすればエントリー完了です!

優秀作品「Spotlight」を選出。当サイトやTwitterアカウントにて発表!

エントリーされたリミックストラックの中から、優秀作「Spotlight」を課題曲の作者自らが選出。当サイトや、Director Unitedツイッターアカウントにて発表されます。

「リミックス課題曲」を募集します!

そして、コルガジェ・ユーザーがリミックスに励むことになる課題曲を、2020/11/30(月)まで受け付けます。

応募条件は以下の通り。

  1. ご自身のDropboxアカウントを用意し、KORG Gadgetからプロジェクトファイルをアップロードできる方。
  2. 必ずオリジナル楽曲であること。

エントリーに際しては、Director Unitedアカウントに対し、DM(ダイレクトメッセージ)を使って自薦する方法で受付。見事選出された方には、同じくDMにてお知らせします。

自ら作ったトラックが、多くのユーザーからリミックスされる…これはまたとなく刺激的で、クリエーターとして痺れる体験となります。どしどしご応募くださいませ!

Director United イベントスケジュール

Director United.Rec2

  • 2020/11/23(日)〜11/30(月)…「課題曲」のエントリー期間。
  • 2020/12/1(火)…Director Unitedが、課題曲を発表。「リミックス」エントリー開始。
  • 2020/12/27(日)…「リミックス」エントリー締切。
  • 2021/1/3(日)…Spotlight楽曲を発表。当サイトやTwitterアカウントにて告知。

それでは、Director United Twitterアカウントからの情報発信にご注目ください!!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。