MENU
GadgetSonic 2022 グランプリ決定! 詳しくはこちら

アウトレット世界初出店! “KORG OUTLET” の楽しみ方。

  • URL Copied!

天高く馬肥ゆる2022年10月23日、楽器メーカーKORGの直営店がアウトレットモールに出店(!)との話を聞きつけ、グランドオープンしたばかりのふかや花園プレミアム・アウトレットへ行ってきました。

今回はセール情報やアクセスなど、KORG OUTLETでの楽しみ方をご紹介しましょう。

目次

コルグ製品がアウトレット価格…いざKORG OUTLETへ

このたびオープンしたKORG OUTLETは、世界初となるコルグショップ。楽器店でありながら、アウトレットモールでの出店なのがユニークですね。

その「ふかや花園プレミアム・アウトレット」に入場します。秩父鉄道「ふかや花園駅」から徒歩2~3分。

グランドオープン最初の週末だけあり、家族連れで賑わう広大なモール内。レンガ色のゾーン「ブリックフィールド」中ほどにあるKORG OUTLETを目指します。

お店に到着!さっそく中へ入ってみましょう。

KORG OUTLET店内の様子。コンパクトながら電子ピアノやアコースティックギターなど様々な楽器に、ギターアンプといった各種ガジェットが整然と配置され、非常にゆったりとした空間。家族連れを意識してかトイピアノも充実していました。もちろん試奏OKです。

くらんけ

店内撮影はショップの許可をいただき行っています。

シンセサイザーコーナー。気になるアウトレット価格は おおよそ20〜30%オフといったところでしょうか。この日はKORG i3、EK-50、それにMS-20 FSのブラックと限定色グリーンが3割引で販売されていましたよ。

残念ながら、筆者お目当てのKORG opsixは見当たりませんでしたが、モノフォニック・アナログシンセの名機をリファインしたMS-20 FSは電子楽器としてのオーラに溢れていて、非常にそそられましたね。

様々な楽器の他にも、KORG OUTLETでしか手に入らない限定Tシャツも嬉しい!

くらんけ

ちなみに筆者は、真ん中にある黒のバックプリントTeeを買いました!

Tシャツはサイズ合わせ可能。結構大きめ。

以上、世界初出店となるコルグショップ KORG OUTLETをご紹介しました!

ふかや花園プレミアム・アウトレットへの行き方

関越自動車道の花園ICから国道140号線は大変渋滞するため、おすすめは断然電車。しかも秩父鉄道が新たに開業したふかや花園駅の目の前という最高のロケーションです。

ふかや花園駅からアウトレット方面。徒歩2〜3分ほど

都内南西部在住の筆者は、池袋駅から東武東上線で寄居まで行き、秩父鉄道に乗り換えてふかや花園駅へ向かいました。

絶対おとく!「SAITAMAプラチナルート乗車券」を使おう

ぜひともフリーきっぷ東武鉄道x秩父鉄道 SAITAMAプラチナルート乗車券(1日1,900円)を利用しましょう。

東武鉄道の池袋〜寄居と坂戸〜越生間、それに秩父鉄道のふかや花園〜三峰口がフリー乗車区間になります。これまで秩父鉄道側は寄居〜三峰口でしたが、アウトレットの開業に伴いフリー区間が拡大されました。

池袋〜ふかや花園(片道1,150円)の2点間移動だけでも割安ですが、アウトレットでのお買い物のあとに秩父や長瀞観光も楽しめるという、非常にお得なきっぷです。

くらんけ

販売駅は、東武東上線/越生線の全駅(みなみ寄居駅を除く)と、秩父鉄道のふかや花園駅、寄居駅、長瀞駅、秩父駅、御花畑駅、影森駅、三峰口駅。通年販売です!

池袋駅10:00 or 11:00発「川越特急」で快適移動

ふかや花園プレミアム・アウトレットのある深谷市は埼玉の県北エリア。この秩父にもほど近い移動を快適に行うため、ぜひ東武東上線池袋10:00、11:00発の川越特急 小川町行を狙いましょう。

途中駅の朝霞台での乗車多し。始発の池袋からがおすすめ

なんとTJライナーで運行されるクロスシート車両に無料で乗車可能。「特急」だけあり停車駅が少ないので、素早く快適に移動できます。しかも非常に空いていて、池袋出発時点で半分ほど、途中停車駅の朝霞台〜川越でも8割程度の乗車率でしょうか。

池袋から終点の小川町にて寄居行に乗り換え、秩父鉄道ふかや花園駅まで。所要時間は、およそ1時間47分です。

魅力いっぱいの埼玉県北部への旅。KORG OUTLETで楽しんだ後はショッピングや園内グルメ、フリー区間である長瀞の自然に触れるのもいいですね。秩父の番町通り(御花畑駅下車)や、西武秩父駅直結の日帰り温泉施設なんかも楽しいですよ!

番町通りにて「片わらじカツ」を食べ歩き。

今度の週末は、そんなKORG OUTLETへ出かけてみるのはいかがでしょう? それではまた!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

KORG Gadgetエヴァンジェリスト。 http://www.Gadget-Junkies.net 運営。ロックなダンスビートにピコピコサウンドを乗せ、昔のビデオゲームっぽい音楽も作ってます!

コメント

コメントする

目次
閉じる