• HOME
  • ブログ
  • NEWS 2017
  • “使える”プリセット音色を大量ゲット!KORG Gadget新バージョンがリリース。

“使える”プリセット音色を大量ゲット!KORG Gadget新バージョンがリリース。

コルグは2017年7月20日、KORG Gadgetのマイナー・アップデートバージョンとなるVer 3.2.0(Mac版はVer1.2.0)をリリースしました。

新機能について

今回のアップデートでは、新たな機能が2つ加わっています。

9つのガジェットのプリセット音色が大幅強化

目玉は9つのガジェット音源に、新しいプリセット・サウンドFactory 2が追加されたこと。

他のDAWでガジェット音源を扱うことのできるGadget Plug-in Collectionでも、この新しい音色が使えるようになります。

ファクトリー・プリセットが2つになったガジェットは…

  1. Chiang Mai(チェンマイ)
  2. Berlin(ベルリン)
  3. Chicago(シカゴ)
  4. Phoenix(フェニックス)
  5. Wolfsburg(ヴォルフスブルク)
  6. Dublin(ダブリン)
  7. Kiev(キエフ)
  8. Helsinki(ヘルシンキ)
  9. Kingston(キングストン)

です。

「出力チャンネル」が設定可能に

Mac版ではオーディオ・デバイスの出力先を設定できる「出力チャンネル」項目が追加。

「メニュー」→「KORG Gadget」→「環境設定」(またはショートカット「⌘+,」)で環境設定ウインドウを開き、「オーディオ」を選ぶと、出力デバイスの下に「出力チャンネル」が追加されています。

新バージョンの入手方法

新しくなったKORG Gadgetを手に入れるには、iOS版はApp Store→アップデート。

Mac版はメニューの「アップデートを確認する…」を選択するか…

アプリの初回起動時にアップデートを促すポップアップが表示されるので、そこからインストールを行なってください。

いつも的確な改良に脱帽!

KORG Gadgetはデビュー以来、長らく同じプリセット・サウンドだったので、今回の音色追加はフレッシュなアップデートとなりました。

ユーザーにとって新しい音色は、トラックメイキングにインスピレーションをもたらすのと同時に、その音色パラメータを眺めることでサウンドエディットの「お手本」を学ぶことができます。

デビューして3年、またしても意義あるバージョンアップを果たしたKORG Gadget。

これからも稀有な「国産DAW」として、着実なる進化を遂げてほしいですね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。