3つの新ガジェットにNKS対応、Allihoopaとの連携強化も。KORG Gadget Ver3.5.0リリース!

コルグは2017年11月15日、KORG Gadgetの新バージョンとなる「Ver.3.5.0」(iOS版)および「Ver1.5.0」(Mac版)を公開しました。

今回はコルグ自ら「大型アップデート」を標榜していますが、実際、極めて見どころの多い内容となっています。

どのような機能強化がなされているのか、チェックしていきましょう。

3つの新作ガジェットがデビュー

新たに、3種類のガジェット音源が追加されました。

① Lisbon(リスボン)

まずは、スペーシーなルックスがめちゃくちゃイカすポリフォニック・シンセサイザー「Lisbon」。

わずか2画面で、今どきのエレクトロやダブステップに向くド派手なサウンドを、簡単に作ることができます。

フィルターの効きもいいですし、5系統あるFXで、かなり積極的にサウンドメイキングを楽しめますね。これがわずか2画面で完結。

シンプルながら奥深く、素晴らしい出来だと思いました。

② Vancouver(バンクーバー)

待望のサンプラーガジェット。

これで、KORG Gadgetのサンプラーは「Bilbao」「Abu Dhabi」に続いて3つ目となりました。

2つのサンプルをレイヤーして、オリジナルの音色を作っていきます。

波形のスタート&エンドポイントを指定できますし、リバースも可能。

ビブラートやスペース・エコーなど、サウンド・メイキングのための美味しい要素だけに絞ったという印象です。

筆者的には、レトロ・フューチャーなデザインセンスがとても気に入りました。

③ DeeMax

話題のラウドネス・マキシマイザー。

「レバー」「TURBOボタン」「SAFEスイッチ」という3つの操作子だけで成り立つ、超シンプルなマスター・エフェクトです。

元々はDOTEC-AUDIO社製(国産)のDAW用プラグインですが、このほどKORG Gadgetに移植されました。

ゴツいレバーをグイッと上げるだけで、トラック全体の音圧を持ち上げてくれます。

「音楽性を損なわずに音圧を上げられる」のが売りですが、TURBOボタンを押し、わざと過剰なサチュレーションを起こすのもオススメ。

かなり暴力的なサウンドを作れますから、Gadgetとはあまり縁のなかった「インダストリアル」や「ノイズ」といったジャンルにも挑戦できると思いますよ。

歪ませずに音圧だけをサクッと上げたい方は、SAFEボタンを活用しましょう。

…そうそう、購入&使用場所は、マスターフェーダーの所ですよ!

アリフーパとの連携強化

今回の目玉は、ズバリこれです。

スウェーデンの音楽共有サイト「Allihoopa」へは、かねてよりKORG Gadgetからソングをダイレクトにアップすることができました。

それに加え、なんとソングをそのままプロジェクトごとアップし、それを他のGadgetユーザーが取り込むことが可能になったのです。

これは極めて重要で、Allihoopa最大の醍醐味である「ユーザー間でのリミックス」といった真のコラボレーションが、遂にGadgetでも可能になったことを意味します。

Allihoopaにアップされた優れたトラックを取り込み、じっくり研究することもできるでしょう。

こうしたソーシャルな試みは、他のDAWとの差別化を図る意味で、とても意義深いと思います!

NKSフォーマットに対応

Mac版では、Gadget Plug-in Collectionが「NKS」規格に対応。

NKSとは、Native Instruments社が開発した拡張プラグインフォーマットで、DAWでKOMPLETE KONTROLやMASCHINEを使うとき、スムーズに連携されるようですね。自動マッピングとか。

出典:www.native-instruments.com/jp

筆者はNKSを使える環境ではないのですが、おそらくKOMPLETEでガジェット音源を扱うことができるのでしょう。

「大型アップデート」はダテではなかった

以上、新しくなったKORG Gadgetの新機能について取り上げました。

コルグみずから「大型」と標榜した今回のアップデート。

これが掛け声倒れではなく、極めて充実したブラッシュアップであることが、お分かりいただけたかと思います。

デビューして3年、稀有な国産DAWとして着実に進化を続けるKORG Gadget。

実に頼もしく、また、これからもGadgetでやっていくんだというコルグの覚悟を垣間見た気がします。

まだ体験されていない方は、一刻も早くアップデートして楽しんでくださいね。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。