nanoKEY Studio

nanoKEY Studioの使い方① 初期設定〜ワイヤレス接続の方法について。

最近ではキーボードやコントローラーなど、iOSにも対応するデバイスが盛んにリリースされていますよね。

今回はその中でも「大本命」と言えるモバイルMIDIワイヤレスキーボード、”KORG nanoKEY Studio”について取り上げてみたいと思います。

nanoKEY Studioで何ができる?microKEY Airとの違いは??

iOSデバイス、とりわけKORG Gadgetに完全対応する製品としては、以前このサイトで紹介したmicroKEY Airが存在します。

どちらも「KORG純正のワイヤレスMIDIキーボード」です。

決定的な違いはmicroKEY Airが本物のミニ鍵盤であるのに対し、nanoKEY Studioは擬似鍵盤という点。

nanoKEY Studioのキーボード部分を操作すると分かりますが、実際の鍵盤とは全く異なる「カチャカチャ」とした打鍵感。。

全くフィーリングが違うんですよね。

これはある意味、打ち込みデータの入力に特化した割り切り設計と言えるのでしょう。

その代わりnanoKEY Studioは、タッチパッドやノブといったコントロール部分が充実。

そして、同じコルグ社のプロダクトであるKORG Gadgetと極めて高度に連携します。

キーボードがスケールに合わせて光ってガイドしてくれたり、ガジェット楽器のパラメータを実際のノブを回してエディットできたり。

このように特性が異なる2製品ですから、「演奏用=microKEY Air」「入力用=nanoKEY Studio」と、用途に応じて使い分けるのが良いと思いますよ。

KORG Gadgetでの設定方法

はじめにnanoKEY Studioを箱から取り出し、実際に使えるようになるまでの流れを確認しておきましょう。

ちなみに同梱物はたったこれだけ。。

使い方の詳細を示したマニュアルや各種ユーティリティー、購入特典のバンドルソフトウェアなどは、すべてダウンロードで供給されます。

電池を入れる

nanoKEY Studioをワイヤレス(Bluetooth)で使用する場合は、本体底面にある電池ボックスに単4電池2個をセットしてください。

約10時間の使用が可能との事。

電源を入れる

本体のリアに切替スイッチがありますので、左側(電池マークの方)にしてください。

右側(USBマークの方)は、同梱のUSBケーブルで給電する際に使用します(要コンピュータ接続)。

電源が投入されると、本体右上のLEDが青く点滅します。

iOSデバイスと接続する

iPadやiPhoneとワイヤレス接続してみましょう。

まずはGadgetを起動し、ヘッダー右側にある歯車アイコンをタップしてください。

設定メニューの一番上にある、Bluetooth MIDIのSettingsをタップ。

すぐにiOSデバイスがmicroKEYを認識しますが、まだ未接続です。

接続するためにnanoKEY Studioの項目をタップしてください。

数秒ほどで「接続済み」となり、nanoKEY StudioとiOSデバイスのワイヤレス接続が完了。

接続状態になると、本体右上のLEDが点滅から点灯状態になります。

もし上記の方法で接続できない場合は、iOS設定から“Bluetooth”がONになっているかを確認してくださいね。

電源を切る

本体のリアの切替スイッチを、中央(Standby)にしてください。

電源が切れて本体右上のLEDが消灯します。

実際にプレイしてみよう

ワイヤレス接続できたところで、とりあえずドレミファが鳴るかを確認してみましょうか。

KORG Gadgetにて新規ソングを開き、なんでもいいのでガジェット楽器を立ち上げてください。

そして演奏したいトラックのMIDIボタンをONにすると、そのトラックのガジェット楽器をnanoKEY Studioで演奏する事ができるようになります。

ソングに複数のトラックが存在する場合は、演奏したいトラックのエディット画面に入れば、自動的にMIDIがONになりますよ

それではnanoKEY Studioのキーボードをレッツ・プレイ!!

…ガジェットから音が鳴るのと同時に、弾いたキーボードのバックライトが白く光りましたね。

現時点では大して意味のあるギミックではありませんが、「スケール・ガイド機能」「イージー・スケール機能」を使う時、このバックライトが威力を発揮します。

nanoKEY Studioの設定編は、ここまで。

次回は、音楽知識がなくても誰でもソレっぽくプレイできる「スケール機能」について紹介したいと思います。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

連載中

  1. Lifestyle for DTMer

    MacBook Pro用のハードケースをお取り寄せしました。
  2. トラックを作ってみよう

    ドラムトラックをステップ入力する
  3. Allihoopa

    楽曲共有サービス「Allihoopa(アリフーパ)」について。KORG Gadg…
  4. NEWS

    KORG、約一年ぶりとなるKORG Gadget Featured Tracks…
  5. ソングを聴いてみよう

    “Tempo”で、ソングのスピードを変更する
PAGE TOP