• HOME
  • ブログ
  • K.G.R
  • 【KGR】涼やかに飛び回る音の欠けらたちとクールなボーカル。「Frozen2007remix – by Anzbeats」

【KGR】涼やかに飛び回る音の欠けらたちとクールなボーカル。「Frozen2007remix – by Anzbeats」

KORG Gadget for Macのデビューに花を添えた、待望のオーディオトラック対応。

波形データを扱えるようになったことで、従来の「打ち込み」プラス「録音」という、既存のDAWと肩を並べる基本性能を得ました。

それ以降はKORG Gadgetで制作されたトラックも、ボーカロイドを含め「歌モノ」が目立つようになってきたなと感じます。

今回ご紹介させていただくトラックも、生歌の醍醐味を存分に聴かせてくれています。

Frozen2007remix – by Anzbeats

この曲の最大の魅力は、やはりキャッチーなボーカルトラック。

このクールで一握りの気だるさも持ち合わせた印象的な歌声は、2007年に「seventh」というユニットで活躍されていた「fuddama」(ふっだま)さんによるもの。

同ユニット出身で、この曲を作られたAnzbeatsさんに取材したところ、オーディオガジェット”Zurich”のリリースでサクッとリミックスできると思い、この曲を再び世に出したとのことです。

Zurichの存在により今後も昔の曲をリミックスしてアーカイブするという新たな楽しみが生まれた。とも言っておられました。

そしてそのボーカルを引き立てる魅惑的な音の欠けらたちについて、Anzbeatsさん曰く、

大好きなnamcoのKamataやLexington、Kingstonなどを全部完全にLRに降って散りばめ、BDはRecifeを利用して、Helsinkiでアンビエントっぽい感じの部分やAbuDhabiでちょこっとSEを使って、Saizburgでピアノをちょこ〜っと足して…あと、MilpitasのROMカードに面白い音がいっぱい入っていて、「なんぢゃこりゃぁぁぁ」と言いながら使わせていただきました。

とのこと。

このように実際の制作風景を惜しげも無く公言してくださるのは、同じトラックメーカーとして非常にありがたく、参考になりますね。

疾走感溢れるボーカルを彩る、変幻自在でアブストラクトな音の欠けらたち。

この二つの持ち味で、このトラックがとても魅力的な作品になっていると感じました。

今回のKORG Gadget Recommendsはここまで。

ではまた。Have a nice trip!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。