Allihoopa

楽曲共有サービス「Allihoopa(アリフーパ)」について。KORG Gadgetとの相性は?

Reasonなど多くの音楽制作アプリを世に送り出したPropellerheads社の音楽共有サービスAllihoopa(アリフーパ)

まだまだ日本では耳慣れないサービスですが、今回はAllihoopaとは一体どんなものなのか、KORG Gadgetユーザーの視座でレポートしたいと思います。

Allihoopa(アリフーパ)とは?

Allihoopaはスウェーデンのアリフーパ(Propellerheads社)が手がける楽曲共有サービス。

YouTubeやSoundCloudと同様、そこにアップされている無数の楽曲を、リスナーとして無料で楽しむことができます。

Allihoopaがユニークなのは、Propellerheads社の音楽制作ソフトウェア”Reason” “Figure” “Take”で作った楽曲を、それぞれのユーザーが手軽にアップできる点。

さらにその曲のデータを他のユーザーがダウンロードしてリミックスできたりもします。

そんなAllihoopaですが、このほどKORG Gadgetからも、自作曲を直接アップロードできるようになりました。

とりあえずアップされた楽曲を聴くところから体験してみましょう。

Allihoopaにアップされた楽曲を聴いてみる

まずはAllihoopa.comへ。

スマートフォンからアクセスした場合、以下のスタートアップページが表示されます。

…さすが北欧スウェーデンのセンス、サイトデザインが洗練されてますね。

楽曲を聴くだけならユーザー登録なしですぐに利用できます。

上にあるメニューから“Explore”をタップして、アップされているトラックを聴いてみましょう。

Allihoopaによるフューチャー楽曲が”Spotlight”や”Figure feature”といったプレイリストになっているので、それらのトラックをBGMとして流しっぱなしにすることも可能。

“beat”や”remix”などのタグから好みのジャンルの楽曲だけを呼び出すこともできますよ。

KORG Gadgetで作った楽曲をアップロードしてみる

それではKORG Gadget for iOSから自作曲をアップロードしてみましょう。

ヘッダーのファイルボタン>エクスポート>Drop to Allihoopaをタップ。

GadgetCloudへアップする時と同じように、レンダリング処理が開始されます。

処理が終わると引き続きallihoopaのユーザー登録画面が表示されます。

「今すぐ登録」ボタンをタップして、手続きを進めてください。

「Facebook」「KORG ID」「メール」のうち、お好みの方法で登録手続きを行いましょう。

筆者は「メールで登録する」を選択しました。

以降も画面の指示通りに登録手続きを進めていってください。

Allihoopaへの登録が完了すると、自作曲をアップできるようになります。

以下の画面にて曲のアートワークを設定したり、必要に応じ「曲の説明」や「タグ」の入力を行ってください。

全ての設定が完了したら、DROPボタンをタップ。

Allihoopaへのアップロードが完了しました!

他のユーザーが作った楽曲をダウンロード…できない?

いよいよAllihoopaが「ユーザー参加型」楽曲共有サイトたらしめる、ほかのトラックをダウンロードしてのリミックスに挑戦したいと思います。

…と思った矢先、コルグさんのAllihoopa紹介記事にこんな但し書きが。。

…つまりKORG Gadgetユーザーは、Allihoopaに対して自作曲をアップロードできるだけ

今のところ他のユーザーの楽曲を取り込んでのリミックス・ワークなどは行えないみたいですね。

元々プロペラヘッド社製アプリユーザーのためにあるサービスなので、当たり前かも知れません。

しかし、そのコミュニティーにKORG Gadgetユーザーも参加できるという触れ込みだったはずですよね。。

ReasonやFigureユーザーは楽曲データを取り込んで料理できるのに、Gadgetユーザーだけアップのみのワンウェイ…というのは、個人的には腑に落ちないところではあります。

KORG Gadgetユーザーにとっては残念仕様も、今後の改善に期待!

以上Allihoopaについてレポートしました。

私たちKORG Gadgetユーザーにとってはアップロードした自作曲を一方的にリミックスしてもらうだけという、なんとも残念な仕様でした。

しかしこのような現状をコルグさんが良しとするハズがありません。

今はまだ過渡期と信じKORG Gadgetで作ったトラックをどんどんアップしていきましょう。

いつかReasonなどで作られたトラックをKORG Gadgetに取り込み、フェアな条件でコラボできるようになる事を切望したいと思います。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事

  1. Allihoopa

    2017 Allihoopa x KORG Gadgetコンテストが終わっての感想文。

    毎年恒例となっているKORG Gadgetコンテストの結果が発表されま…

  2. Allihoopa

    KORG Gadgetスペシャルコンテスト今年も開催。お題の「BPM140」って?

    コルグは2017年5月31日、毎年恒例となっているKORG Gadge…

  3. Allihoopa

    3つの新ガジェットにNKS対応、Allihoopaとの連携強化も。KORG Gadget Ver3.…

    コルグは2017年11月15日、KORG Gadgetの新バージョンと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

連載中

  1. K.G.R

    「KORG Gadget Recommend」 始めます(僭越ながら・・・)
  2. Gadget days

    2016 年末特別企画「今年リリースされたガジェットで、どれが一番好きでしたか?…
  3. ソングを聴いてみよう

    デモソングのファイルを開き、実際にプレイしてみよう
  4. テクニック

    画面外にある演奏データを「全選択」する方法
  5. チュートリアル

    最高の音楽制作モバイルアプリ”KORG Gadget”とは?
PAGE TOP