for Mac

KORG Gadget for Mac Ver.1.1.0新機能まとめ。夢のベクターシンセMilpitasをゲット!

コルグは2017年5月26日、KORG Gadget for Macのマイナーアップデート・バージョン「1.1.0」をリリースしました。

Mac版のリリースから2ヶ月。比較的規模の大きなアプデとなります。

Ver.1.1.0の新機能

今回のアップデートでは以下の新機能や改善点がアナウンスされました。

  • Milpitasガジェットの追加
  • 各ガジェットのプレビューサウンドを追加
  • トラック切替表示の動作を改善
  • DarwinのMIDIチャンネルがOmniで受信できるように動作を改善
  • その他、使い勝手や安定性の向上のための様々なチューニング

個別にフォーカスしていきましょう。

Milpitasガジェットの追加

今回のアップデートにおける、最大の目玉がこれ。

デビュー当初は未対応だったMilpitas(ミルピタス)ガジェットが、いよいよfor Macにも搭載されます。

Milpitasとは、伝説のベクターシンセサイザーKORG WAVESTATION(1990)をKORG Gadget向けにガジェット化したもの。

オリジナルのfor iOS版は2016年12月にリリース。ダウンロード価格3,600円。

ダウンロードするとスタンドアロンで動作する”iWAVESTATION”と、KORG Gadgetで使える新ガジェット”Milpitas”が入手できます。

Milpitasの最大の特徴は、サンプルのコマ切れをつないで一本の波形を構築する「ベクター・シンセシス」という音作り。

極めてユニークな概念ゆえ最初は難しいかも知れませんが、Milpitasが奏でるアブストラクトなサウンドは、他では再現できない唯一無二なものです。

そんなMilpitasを、新たなトラック・メイキングの武器として取り入れてみてはいかがでしょう。

各ガジェットのプレビューサウンドを追加

ガジェットセレクターに「プレビュー」ボタンが追加。

これをクリックすると、そのガジェット音源で作られたサンプルフレーズが試聴できます。

KORG Gadgetの音源である「ガジェット」は、世界の都市の名前にちなんで名付けられていますよね。

しかし「LONDON? Abu Ghabi?? 一体どんな音がするのか分からないよ!」という、初心者の方からの声があったのも事実。

そんな声に応えた「ガジェット音源クイックガイド」と言える機能でしょう。

ガジェット音源を他のDAWで「プラグイン」として使う(Gadget Plug-in Collection)ユーザーからも同じ意見が上がっていて、そちらは各ガジェット名の後に「それが一体なんなのか」を明記することで解決しました。

この問題、徐々に改善されてはいるようです。。

トラック切替表示の動作を改善

主に低スペックMac向けの改善だと思われます。

確かにGadgetを起動して最初にトラックを移動(読み込み)する時、若干動作がもたついてはいましたね。

筆者のiMac(4GHz Intel Core i7・メモリ16GB)でトラック移動を試したところ、アプデ前よりかは改善が実感できるかな?と言ったところ。

ただし一度トラックを呼び出せば、その後は極めてスムーズに移動できます。

これは前のバージョンから変わりません。

ちょっと昔のマックを使われている方の声を聞きたいですね。

DarwinのMIDIチャンネルがOmniで受信できるように動作を改善

KORG Gadget版M1の”Darwin”。

そのDarwinで「Omniで受信できるように改善」とのことですが、前バージョンでは外部からチャンネルメッセージを受け取れない現象でもあったのでしょうか?

それが改善されたとのことで、この現象で困っていたユーザーにとっては朗報だと思います。

無料体験版”KORG Gadget Le for Mac”も同時デビュー!

KORG Gadget無料体験版”Le”に、Mac版が用意されます。

iOS版LeではLondon(ドラムマシン)・Dublin(アナログモノシンセ)・Marseille(マルチPCM音源)の3ガジェットが使えましたが、Mac版ではそれに加えてPhoenix(アナログポリシンセ)・Chicago(アシッドベースシンセ)の5ガジェットが使用可能。

作成できるトラックは5つまでという制限はあるものの、ガジェットの機能や演奏そのものは完全版と全く同じですから、購入前に思う存分試すことができます。

今このブログをご覧の「KORG Gadget」に少しでも興味のあるあなた。

まずはLeを無料ダウンロードして、Gadgetの魅力と実力を体験してみませんか?

ちなみにKORG Gadget Le for Macのファイルサイズは243.5MBでした。

(2017.5.28追記)

なお”nanoPAD2″や”microKEY Air”などのKORG社製品を接続すると、使用できるトラックとガジェットが更に3つ増えるみたいですね。

追加ガジェットはAmsterdam(SFXポン出しサンプルバンク)・Brussels(EDM系モノシンセ)・Ching Mai(FMシンセ)。

つまり無料体験版のLeでも「計8トラック8ガジェット」が使えるようになるわけです。

まとめ:すべてのKORG Gadget for Macユーザーに恩恵。すぐにアップデートしよう!

今回はKORG Gadget for Macのリリース後初めてとなる、規模の大きなアップデートでしたね。

Milpitasの追加が大きなトピックですが、筆者としては「無料体験版」を用意できたことが大きいと思っています。

フリー版は今や、どのDAWでも用意され、その使い勝手を試してからフルバージョンを購入する。というのが当たり前になっていますから、我らがKORG Gadgetもその土俵にようやく上がれた感じがします。

コルグさんは今後もこのペースで、大小交えたブラッシュアップを進めて行って欲しいですね。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事

  1. for Mac

    スーパー特報。夢の”KORG Gadget for Mac”リリース決定!

    2017年1月12日の夜。いつものように帰路の通勤電車内でTw…

  2. for Mac

    自宅でMac、カフェでiOS。iCloudによる「完全」同期機能を試す!

    これまではiOS専用アプリだったKORG Gadget。Mac…

  3. Allihoopa

    3つの新ガジェットにNKS対応、Allihoopaとの連携強化も。KORG Gadget Ver3.…

    コルグは2017年11月15日、KORG Gadgetの新バージョンと…

  4. for Mac

    はじめてのKORG Gadget for Mac。画面構成を理解する。

    KORG Gadgetにおけるトラック・メイキングは、ガジェット・セク…

  5. Montpellier (Mono/Poly)

    名機「Mono/Poly」をガジェット化!KORG Gadget Ver3.3.0リリース。

    コルグは2017年8月23日、KORG Gadgetのマイナー・アップ…

  6. for Mac

    みんなが待ってたKORG Gadget「for Mac」! 新機能まとめ

    コルグは2017年1月20日未明、NAMM Show 2017(毎年1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サウンドハウス

非公式楽曲コンペ「GadgetSonic 2018」特集ページ

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

PICKUP

SERIES

LATEST ARTICLE

  1. ネットにアップしよう

    SoundCloud「Proバージョン」をオススメする6つの理由
  2. セール情報

    【セール】モノポリーとMono/Polyが夢のコラボ…?「KORG iMono/…
  3. テクニック

    ガジェットの鍵盤を、通常の並び(ドレミファ…)に戻す方法。
  4. ガジェットを演奏しよう

    ③ 演奏するスケール(音階)を設定する。
  5. Lifestyle for DTMer

    モバイルDTMerにとっての「スタイラスペン」は、一体どれがおすすめだろうか。
PAGE TOP