チュートリアル

はじめてのKORG Gadget。3分間でわかる「超」クイックスタート・ガイド。

今この記事をご覧のあなたは、KORG Gadgetに少なからず興味をお持ちなのだと思います。

もしかしたら話題の音楽制作アプリの噂を聞きつけ、はじめてKORG Gadgetに触れようとしているのかもしれませんね。

このページは、そんなあなたのために用意した「KORG Gadget 弾丸ツアーガイド」。

これからお伝えする通りにアプリを操作すれば、一通りのトラック・メイキング体験が行えます。

用意するのは普段お使いのiPhoneだけ。もちろんiPadでもOK。

KORG Gadgetの世界にお連れしましょう!

KORG Gadgetに触れてみよう

初めてKORG Gadgetに接するあなたへ、できるだけわかりやすくガイドしていきます。

体験版「KORG Gadget Le」をゲットする

まだKORG Gadgetアプリをお持ちでない方は、インストールしてください。

価格は4,800円ですが、だいじょうぶ。ちゃんと「無料体験版」が用意されてます。

App Storeでダウンロードできますよ!

アプリを起動する

iPhoneにKORG Gadget Leをインストールしたら、さっそく起動してみましょう。

ドラムトラックを作る

アプリを起動すると、こんな画面が現れました。

下の黒っぽいエリアにある+をタップしてください。

ガジェット選択画面にて、ドラム音源Londonをタップ。

ドラムを打ち込むためのトラックが一つできました。

ドラムを演奏する

Londonのアイコンをタップ

すると、こんな画面に切り替わりました。

下はLondonの操作パネルで、上は演奏データを打ち込むシーケンス画面。

ちょっと狭くてiPhoneだと操作しづらいと思いますので、iPhoneを横向きにしてください。

Londonのパッドを自由にタップして、ドラムを鳴らしてみましょう。

キック・スネア・ハット・・・8種類のドラム楽器が演奏できましたね。

これは”01 BET ON IT”というデフォルトのドラムキット。

他のプリセットに切り替えるには”DRUM KIT”をタップしてください。

4つ打ちキックを打ち込む

画面右上にある↕️をタップ。

シーケンス画面に切り替わりました。

これから打ち込むキック(例:”BD Visual”)のパートは一番下にあるので、下にスクロールさせます。

左上に注目してください。

ここで「DRAWモード」と「SELECTモード」の切り替えを行います。

今はDRAWモードなので、演奏データが打ち込める状態です。

このまま“BD”のパートをタップすれば、演奏データ(ノートといいます)を入力できます。

今回は4つ打ちキックなので、このように打ち込みました。

再生する

下にあるをタップすると再生スタート。

今はの右にあるループボタンが点灯中なので、ループ再生します。

一時停止は再度、停止させ最初に戻す場合はをタップしてください。

録音する

スネアも入力してみます。

今度はリアルタイム入力で打ち込んでみましょう。をタップして録音モードにします。

この状態でをタップし、ループ再生に合わせてタイミングよくパッドをタップしてください。

今回はiPhoneを縦向きに戻してますが、お好きな向きでどうぞ。

こんな感じで、ハイハットなど他のパートも打ち込んでいきます。

ノートを削除/コピーする

DRAWモードで入力済みノートをタップすれば消せますし、以下のようにSELECTモードで「範囲指定削除」が可能です。

同じ操作で「範囲指定コピー」もできますよ。

ミキシングする

ドラムトラックの音量レベルやPANなどを調整してみましょう。

左上にある<をタップ。

最初の画面に戻りました。

もしミキサーセクションが表示されていなければ↕️をタップ。

セーブする

左上のファイルボタンをタップ。

保存をタップすれば”Untitled”というソングネームでセーブ。

違うソングネームで保存したければ別名で保存です。

おめでとうございます!あなたはKORG Gadgetの基本をマスターしました!!

今回はKORG Gadgetでトラックメイキングをするための操作を、一通り体験していただきました。

ドラムトラックの入力だけの解説でしたが、たとえシンセであっても「パッド」と「鍵盤」という違いだけで、基本的には同じ操作で曲作りができます。

つまり、このページに最後までついてこれたあなたは、KORG Gadgetの基本操作をすでに体得したと言えます。

今日覚えたことをベースに、これから音色を作るためのパラメータ操作や細かいミキシングテクニックなど、複雑な操作を徐々に覚えていきましょうね。

このページの内容では物足りないという方は、より詳しいビギナー向けチュートリアルも用意しています。

そちらでは3トラックのオリジナルソング作りに挑戦できますので、興味のある方は是非どうぞ。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事

  1. チュートリアル

    最高の音楽制作モバイルアプリ”KORG Gadget”とは?

    KORG Gadget(コルグ・ガジェット)は、iOS上で動作する最先…

  2. チュートリアル

    KORG Gadgetのインストール方法と、その注意点について。

    ここからは、実際にKORG Gadgetをダウンロードし、あなたのiO…

  3. チュートリアル

    KORG Gadgetを購入する前に知っておきたい4つのこと。

    前の記事で"KORG Gadget"が、いかに素晴らしいモバイル音楽制…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

連載中

  1. 特集

    nanoKONTROL Studioの使い方③「DAWモード」編。万能フィジコン…
  2. テクニック

    非現実的な音色使いでトラックをユニークにするテクニック(Berlin編)
  3. NEWS 2017

    “使える”プリセット音色を大量ゲット!KORG Gadg…
  4. テクニック

    iOSの”Slide Over”機能が邪魔になる時の対処方法。
  5. ガジェットを演奏しよう

    演奏するスケール(音階)を設定する
PAGE TOP