読書エッセイ

トラック制作とブログ執筆は似ている。リスナー&読者に「完食」されるための方法論とは?

筆者のような社会人トラッカー&ブロガーは、常に時間との戦い。

忙しい日常の中で創作活動を行うためには、それぞれを効率的に行うことが求められます。

特にブログの執筆は、文章を素早く正確に書くことが大切。

その目的を果たすため、実用的な文章を素早く書くためのトレーニング本を手にとってみました。

「新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング」唐木元 著

プラモのように作文する

元々はナタリーというニュースサイトの新人ライター向け教育メソッドで、すばやく正確な実用記事を書くためのノウハウが凝縮されています。

いわゆる文章術の教則本ですが、ブログエッセイのような優しい語り口で書かれており、分かりやすいたとえ話で読者を惹きつけてくれます。

例えば「プラモデルのように作文する」という一節。

プラモの「箱絵」にあたる記事のテーマを決め、「取説」で取り上げる話題の順番や軽重を定めつつ「パーツ」を組み合わせて文章を書くということ。

書き始める前に「パーツ」をたくさん用意すべく検索や取材でネタ集めを行い、「事実」を集めてトピック化する…要は事前のダンドリが大切なわけです。

なるほど。料理と同じく下ごしらえをしてから執筆に取り組むと、驚くほど短時間でスラスラ書けるし、あてどもなく書いた記事で陥りがちな論理矛盾や構造的欠陥を防ぐことができますね。

ブログも音楽も「キャッチー」でなくてはならない

この本を読んでいて、ふとトラックメイキングとブログに相通ずる重大な要素に気づきました。

それはキャッチーさ

具体的には「サビ先」で受け手側を惹きつけ「完食」(完読)してもらうことを目指す…という大目標です。

たとえば自身の表現にこだわるあまり冒頭部分でもったいぶると、コラエ性のない筆者みたいな受け手は、すぐに離脱してしまいます。

それを防ぐため結論(サビ)を最初に持ってきて惹きつけ「完食」させることが肝要。

作品を素早く大量に作ることも大事ですが、それ以上に読者ファーストで完食されるコンテンツこそ、より良いものであると気づかされました。

初めて書評に挑戦してみました。

これからもトラックメーカーの視座で、皆さんのお役に立つ書籍を積極的に紹介していきたいと思います。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事

  1. Gadget days

    KORG Gadgetが「最高のモバイル・チップチューン制作アプリ」である理由。

    KORG Gadgetは、野太いキックやシンセベース、グイグイ前に出る…

  2. Lifestyle for DTMer

    すべてのクリエーターへ贈る「創作&睡眠時間捻出」のためのアイディア9選。

    筆者のような、ありふれたサラリーマンが作曲やブログに手を染めると、必然…

  3. Gadget days

    すべてのトラックメーカーに捧げる「楽曲共有サービス」7選。

    私たちトラックメーカーが「作曲」という表現活動をするからには、やはりオ…

  4. Gadget days

    自作曲にアートワークを(ラクに)つける7つのアイディア。

    今回は、いつものKORG Gadgetブログとは趣向を変え、あなたの自…

  5. Lifestyle for DTMer

    夢のDTM完全ワイヤレス化を目指して…ケンジントン「Expert Mouse Wireless Tr…

    私たちDTMerにとって、マウスは自らの意思を作品に吹き込むための道具…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

連載中

  1. ツアーガイド

    名機「Mono/Poly」をガジェット化!KORG Gadget Ver3.3.…
  2. テクニック

    アンプシミュレーション・ガジェットRosarioの実力とは?色々なサウンドを突っ…
  3. KORG Gadget for Mac

    はじめてのKORG Gadget for Mac。画面構成を理解する。
  4. NEWS

    KORG、約一年ぶりとなるKORG Gadget Featured Tracks…
  5. NEWS

    KORG、伝説のアナログシンセARP ODYSSEi発表。ガジェット名はLEXI…
PAGE TOP