NEWS 2017

“使える”プリセット音色を大量ゲット!KORG Gadget新バージョンがリリース。

コルグは2017年7月20日、KORG Gadgetのマイナー・アップデートバージョンとなるVer 3.2.0(Mac版はVer1.2.0)をリリースしました。

新機能について

今回のアップデートでは、新たな機能が2つ加わっています。

9つのガジェットのプリセット音色が大幅強化

目玉は9つのガジェット音源に、新しいプリセット・サウンドFactory 2が追加されたこと。

他のDAWでガジェット音源を扱うことのできるGadget Plug-in Collectionでも、この新しい音色が使えるようになります。

ファクトリー・プリセットが2つになったガジェットは…

  1. Chiang Mai(チェンマイ)
  2. Berlin(ベルリン)
  3. Chicago(シカゴ)
  4. Phoenix(フェニックス)
  5. Wolfsburg(ヴォルフスブルク)
  6. Dublin(ダブリン)
  7. Kiev(キエフ)
  8. Helsinki(ヘルシンキ)
  9. Kingston(キングストン)

です。

「出力チャンネル」が設定可能に

Mac版ではオーディオ・デバイスの出力先を設定できる「出力チャンネル」項目が追加。

「メニュー」→「KORG Gadget」→「環境設定」(またはショートカット「⌘+,」)で環境設定ウインドウを開き、「オーディオ」を選ぶと、出力デバイスの下に「出力チャンネル」が追加されています。

新バージョンの入手方法

新しくなったKORG Gadgetを手に入れるには、iOS版はApp Store→アップデート。

Mac版はメニューの「アップデートを確認する…」を選択するか…

アプリの初回起動時にアップデートを促すポップアップが表示されるので、そこからインストールを行なってください。

いつも的確な改良に脱帽!

KORG Gadgetはデビュー以来、長らく同じプリセット・サウンドだったので、今回の音色追加はフレッシュなアップデートとなりました。

ユーザーにとって新しい音色は、トラックメイキングにインスピレーションをもたらすのと同時に、その音色パラメータを眺めることでサウンドエディットの「お手本」を学ぶことができます。

デビューして3年、またしても意義あるバージョンアップを果たしたKORG Gadget。

これからも稀有な「国産DAW」として、着実なる進化を遂げてほしいですね!

関連記事

  1. Allihoopa

    KORG Gadgetスペシャルコンテスト今年も開催。お題の「BPM140」って?

    コルグは2017年5月31日、毎年恒例となっているKORG Gadge…

  2. Montpellier (Mono/Poly)

    名機「Mono/Poly」をガジェット化!KORG Gadget Ver3.3.0リリース。

    コルグは2017年8月23日、KORG Gadgetのマイナー・アップ…

  3. for Mac

    スーパー特報。夢の”KORG Gadget for Mac”リリース決定!

    2017年1月12日の夜。いつものように帰路の通勤電車内でTw…

  4. Allihoopa

    3つの新ガジェットにNKS対応、Allihoopaとの連携強化も。KORG Gadget Ver3.…

    コルグは2017年11月15日、KORG Gadgetの新バージョンと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サウンドハウス

非公式楽曲コンペ「GadgetSonic 2018」特集ページ

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

PICKUP

SERIES

LATEST ARTICLE

  1. microKEY Air

    KORG microKEY Airの使い方。シンプルなワイヤレス接続で快適打ち込…
  2. Allihoopa

    KORG Gadgetユーザーの為の「Allihoopa」コラボガイド。① Fi…
  3. Allihoopa

    楽曲共有サービスAllihoopa(アリフーパ)について。世界中のクリエーターと…
  4. for Nintendo Switch

    「KORG Gadget for Nintendo Switch」まとめ。ひとり…
  5. Allihoopa

    音楽制作アプリ「Figure」パーフェクト・ガイド。いつでもどこでもサウンドスケ…
PAGE TOP