3 Gadgets challenge !!

「診断メーカー」を利用した3ガジェット限定コンペ「3 Gadgets challenge !!」開催!優秀作には賞品も!!

Gadget-Junkies.netは、Twitter上において、KORG Gadgetユーザー・コンペティション3 Gadgets challenge !!を開催します。

エントリーは、「診断メーカー」で引き当てた3つのガジェットだけで曲を作り、所定のハッシュタグをつけてTwitterにアップするだけ。

対象アプリは、KORG Gadget for iOS / Mac / Nintendo Switch。つまりコルガジェ・ユーザー全員が参加できます!

エントリー作品は、すべてTwitterのモーメントに掲載し、最後に優秀作品3点をGadget-Junkies.netにて表彰させていただきます。

【重要】3 Gadgets challenge !!は、株式会社コルグ、株式会社ディチューン、およびすべての権利所有者とは全く無関係の、非公式・非営利なユーザー草の根イベントです。ご了承ください。

Step.1 Twitterの「診断メーカー」で、あなたに似合うガジェットを引き当てよう。

それでは、エントリー方法を確認しましょう。

まずはTwitterの「診断メーカー」にてあなたの名前を入れ、曲作りに使う3つのガジェットを引き当てて下さい。

上の画面で「診断する」をタップすると、診断メーカーが3つのガジェット音源を提示してくれます。

3 Gadgets challenge !!では、この3ガジェットだけで曲作りを行うわけですね。

診断は、あなたが「iOS / Mac版ユーザー」ならhttps://shindanmaker.com/857969、「Nintendo Switchユーザー」であればhttps://shindanmaker.com/859303にアクセスし、行ってください。

ちなみに診断結果は日替わりで変わるので、もし「ロンドン・ビルバオ・レシフェ」などとムチャ振りされたら、明日またチャレンジしましょう。笑

Step.2 引いた3つのガジェットだけで、オリジナル・ソングを作ろう。

曲作りに使う3ガジェットをツイートしたら、それらだけを使い作曲スタート! カバー曲ではなくオリジナル・ソングでお願いします。

指定のガジェットさえ使っていれば、トラック数の制限はありません。

また、Twitterにて「例えば3つのうち、2つだけで作っていいの?」というご質問がありましたが、特にNGにはしません。

しかし、せっかくなので3つのガジェット全部を使った方が楽しいかな?と、個人的には思います。

Step.3 出来たソングを、ハッシュタグを付けてTwitterにアップしよう。

曲が完成したら、その動画をTwitterにアップしましょう。

その際に重要なのが、以下のハッシュタグを付けることです。

長いタグなので入力するのがメンドい…という方は、でもOKです。

筆者が、上の3つのタグを検索してエントリー作品を見つけるので、どうかご協力ください。

応募締め切りは2019年1月31日(木)。優秀作は当サイトで発表!

3ガジェット限定コンペ「3 Gadgets challenge !!」。エントリー受付は1月31日(木)まで

当サイトにて、優秀3作品を2月10日(日)前後に発表し、賞品として「nanoSERIES2 限定カラー・モデル」のどれかを贈呈します!

優秀作品発表後、作者の方へダイレクトメッセージをお送りしますので、お好きなモデルをご指定くださいね。

もし受賞者がNintendo Switchユーザーの方でも、多数のバンドル・ソフトやディスカウント・クーポンが同梱しますから、メリットは大きいと思いますよ。

「診断メーカー」が選んだガジェット3つだけで曲を作るプチコンペ「3 Gadgets challenge !!」。コルガジェ・ユーザーならどなたでもエントリーできますので、どうぞお気軽にご参加くださいませ。

それではまた。Have a nice trip!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LATEST ARTICLE

サウンドハウス

Gadget-Junkies.net コンテンツメニュー

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

PICKUP

過去に開催したコンペティション

  1. 5.ネットにアップしよう

    5.2 SoundCloud「Proバージョン」をオススメする6つの理由
  2. 逆引きマニュアル

    無料体験版「KORG Gadget Le」について知りたい
  3. 3.トラックを作ってみよう

    3.1 ドラムトラックをステップ入力する。
  4. 1.ソングを聴いてみよう

    1.3 「Swing」機能で、ソングに抑揚をつけてみよう。
  5. for Nintendo Switch

    【Gadget for Switchの使い方】⑥ Joy-Conひとつで和音が弾…
PAGE TOP