3 Gadgets challenge !!

診断メーカーを用いた3ガジェット作曲コンペ「3 Gadgets challenge !!」。グランプリ3作品を発表します!!

2019年1月31日まで開催された、KORG Gadget ユーザーコンペティション「3 Gadgets challenge !!」。

今回は、全エントリー74楽曲の中から選ばれた「グランプリ3作品」を発表します。

本コンペは、Twitterの「診断メーカー」で偶然引き当てた3つのガジェット音源のみを使い、作曲の腕前を競うというもの。

中には「ドラム音源3つのみ」とか、「逆にシンセしか引けなかった…」なんてムチャな診断結果に対し、積極果敢にチャレンジするユーザーもいて、とても楽しくエキサイティングな企画となりました。

なお、このあと発表するグランプリに輝いた3名様へは、副賞として当Gadget-Junkies.netよりnanoSERIES2 限定カラー・モデル」のどれかを贈呈いたします

お待たせしました。いよいよグランプリ3作品の発表です!

【重要】3 Gadgets challenge !!は、株式会社コルグ、株式会社ディチューン、およびすべての権利所有者とは全く無関係の、非公式・非営利なユーザー草の根イベントです。ご了承ください。

Congratulations!「3 Gadgets challenge !!」グランプリは、この3曲!!!

グランプリ最初の曲は、sean winter@seanwinter12さん「三種の神器〜Three sacred treasures」です!

底抜けに明るいポップなトラックですが、楽曲そのもののクオリティーが極めて高く、めくるめくカラフルな展開に心踊りっぱなしです。

筆者的には、大好きだったセガサターンの名作ゲームNightsの音楽から受けた「ワクワク感」を思い出させてくれましたね。

(C)SEGA

印象的でモーダルな旋律に、どこまでも転がって行くコードワーク…とにかく、リスナーをグイグイ引っ張る「推進力」が素晴らしい。

Milpitasをリズム隊やコード楽器として有効に使いつつ、その脇を固めるMiamiボトム。

そしてBerlinの切り札「オシレーター・シンク」をギンギンに効かせた、強烈なリードサウンド。

とてもとても、3ガジェットだけで制作された曲とは思えません。

このトラックは、sean winter@seanwinter12さんの作曲能力が、いかん無く発揮されている逸品だと思います。お見事!!

グランプリ2作品目は、オンザベースタナカシンヤ(OTBT)@obtanaka さんの作品「EOD」。

アシッドベース番長Chicagoをシンベで使いつつ、高音のフレーズパートに起用しているのが最高にクール!

Chicagoで、あんなにヒラヒラした音が出せるとは思いませんでした。。

もしかして「3ガジェット縛り」ゆえに生まれた、斬新なアイディアなのかもしれませんね。

アナログ・ドラムマシンTokyoによるエッジの効いたビートに乗せ、オーディオ・トラックにて「時報音」をリフレイン。これがまた退廃的でカッコいい!

用いているのがギターアンプ・ガジェットRosarioという事で、ディストーションを過激にかけられ、この曲をよりスチーム・パンクな雰囲気に仕上げています。

また、フィル直後のミュートがとても効果的で、これが楽曲に劇的な展開をもたらしていると感じます。

シンプルで音数は多くありませんが、オンザベースタナカシンヤ(OTBT)@obtanaka さんのセンスが光る、味わい深いトラックだと思います。

最後のグランプリ作品は、peko(๑₃๑) @HighCalorie998 さん作曲のテクノポップ「3gc 05 D#」。

まず、この作品には、音楽を形作る3要素の一つ「リズム」を刻むためのドラム音源が欠けています。

きまぐれ診断メーカーのせいで、シンセ音源しか引けなかったんですね…しかしだからこそこの曲は輝いている。

リズム成分を、本来シンセベースが得意なセミモジュラー・シンセDublinで補い、さらに味のある奇天烈?フレーズにも起用。

ピコピコ宇宙シンセLisbonも効果的に使われ、その強力な武器であるアルペジエーター主体でシーケンスされています。

1トラックだけ使用されているMiamiはウォブル・ベース作りに特化したガジェットですが、この曲では旋律の一部としてカジュアル、かつ大胆に活用。

peko(๑₃๑) @HighCalorie998さんの確かなソングライティング技術も相まって、この曲を聴けば、シンセサイザーという「キュートな電子音楽」の魅力を再発見できること請け合いです!

ほんのタッチの差…「準グランプリ」10作品はこちら!

以上、グランプリ3作品を紹介しました。

グランプリに輝いた3作品の作者には、この後ツイッターのDMより、どの副賞がご希望かをお尋ねします。しばしお待ちください。

さて、今回実施した3 Gadgets challenge !!も、去年共催したGadgetSonic2018(ガジェソニ)同様、極めてハイレベルな楽曲ばかりでした。

そこで「もう一息でグランプリ!」な楽曲10作品を、ここに掲載させていただきます。それではどうぞ!!

この10作品を選抜する作業も難航を極めました。それはコルガジェ・ユーザーの皆さんのレベルが高く、本当に素晴らしかったから。

Gadget-Junkies.netでは、これからも様々な趣向のコンペティションを、じゃんじゃん企画します!

今回は、3ガジェット限定コンペ「3 Gadgets challenge !!」のグランプリ3作品を発表しました。

エントリーいただいた皆さん、本当にありがとうございました!!

それではまた。Have a nice trip!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サウンドハウス

過去に開催したコンペティション

KORG Gadget for Nintendo Switch 特集ページ

PICKUP

SERIES

LATEST ARTICLE

  1. Marseille (Keys)

    PCM音源ガジェットMarseilleについて。CHORD機能で美味しいコード進…
  2. KGR Aug.2017

    【KGR】真夏のアムステルダム紀行。「Kiss the moon –…
  3. かんたんシンセ入門

    KORG Gadgetで学ぶ「かんたん」シンセ入門。第6回「LFOで波打つサウン…
  4. テクニック

    DAWで作ったデータをKORG Gadgetに取り込む方法(インポート)
  5. Chicago (Acid)

    アナログベース・ガジェットChicagoについて。太っとくブリブリなアシッドベー…
PAGE TOP