Chiang Mai

FM音源ガジェットChiang Maiについて。80年代っぽいキラキラサウンドを作ろう

Chiang Mai(チェンマイ:タイ王国第二の都市)は、VPM(可変位相変調)という「元の波形を位相変調」して音作りを行うシンセ。

硬質で金属的なサウンド(エレピやベルなど)が得意で、かの「FM音源」とよく似ています。

しかし、Chiang Maiは「オペレータ」や「アルゴリズム」といった難解な概念を学ぶ必要がありません。

アナログシンセのような簡単操作で、FMサウンド作りが楽しめるよう工夫されています。

“Chiang Mai”における音作りの流れ

Chiang Maiは、5種類の波形から選べるオシレータが2基搭載されています。

そして、それらを位相変調するセクションを経て、1基のフィルタで音色を作ります。

フィルタ用とアンプ用に配備されているEGは、オーソドックスな「ADSR」ですね。

最後に、コーラス&ディレイで、サウンドを整えましょう!

各パラメータの説明

Chiang Maiは、“OSC/FILTER”と”EG/AMP”の2画面で構成されています。

OSC/FILTER画面

OSCILLATORS(1,2)セクション

LEVEL(0~127)

それぞれのオシレータの「音量バランス」を調整します。

WAVEFORM(Sine,Triangle,Saw,Square,Pilse)

それぞれのオシレータの元波形を「サイン波」「三角波」「ノコギリ波」「矩形波」「パルス波」の5種類から選択します。

PITCH(-24~+24)

それぞれのオシレータの「音の高さ」を設定します。値が±1変わると半音。±12で1オクターブ分。

HARMONICS(0.5~24)

VPMの変調周波数を「オシレータの倍音の倍数」(ハーモニクス)として設定します。

このHARMONICSとDEPTHの設定が、Chiang Maiによるサウンドデザインのキモとなります。

DEPTH(0~127)

VPMの「モジュレーションの深さ(変調度)」を設定します。

このDEPTHとHARMONICSの設定が、Chiang Maiによるサウンドデザインのキモとなります。

ENV(0~127)

EGによる、VPMの「モジュレーションの深さへのモジュレーション量」を設定します。

ADSRのパラメータから影響を受けやすくなります。

FILTERセクション

FREQUENCY(0~10)

フィルターの「カットオフ周波数」を設定します。

一般的なFM音源シンセでは、存在し得ませんね。

RESONANCE(0~127)

フィルターの「レゾナンス」を設定し、カットオフ周波数付近を強調してクセを出します。

これも、一般的なFM音源シンセでは存在し得ません。

ENV AMT(-5~5)

EGによる「カットオフ周波数へのモジュレーション量」を設定します。

ADSRパラメータからの影響を受けやすくなります。

KEY AMT(-1~1)

キーボード・トラックによる「カットオフ周波数の変化量」を設定します。

EG/AMP画面

ENVELOPES(Filter,AMPLIFIER)セクション

ATACK(0~127)

フィルタ、またはアンプの「アタックタイム」(鍵盤を叩いてから最大レベルになるまでの時間)を設定します。このパラメータを上げると、音がふわっと立ち上がります。

DECAY(0~127)

フィルタ、またはアンプの「ディケイタイム」(サスティンレベルに至るまでの時間)を設定します。短くすれば歯切れの良い、長くすればゆったりとしたサウンドになっていきます。

SUSTAIN(0~127)

フィルタ、またはアンプの「サスティンレベル」(音が継続するレベル)を設定します。0 にすると、DECAYで設定した時間に音が消えます。

RELEASE(0~127)

フィルタ、またはアンプの「リリースタイム」(鍵盤から離れてから音が消えるまでの時間)を設定します。長くすれば余韻が増していきます。

CHORUSセクション

DEPTH(0~127)

「コーラス効果の深さ」を設定します。

SPEED(0~127)

「ゆらぎの速さ」を設定します。

DELAYセクション

TIME(1/64~1/1)

「ディレイタイム」を設定します。このパラメータを上げると、やまびこの間隔が長くなります。

LEVEL(0~127)

「ディレイレベル」を設定します。このパラメータを上げると、やまびこの音量が上がります。

OUTPUTセクション

LEVEL(0~127)

Chiang Maiの「出力レベル」を設定します。

“Chiang Mai”サウンドメイキングのポイント

やはり、OSCILLATORSセクションにあるHARMONICSDEPTHです。

通常のアナログシンセでは、主に「フィルタ」で音色を作りますよね。

Chiang Maiでは、更にこの2つのパラメータにより、倍音成分を調節しての音色作りが可能となります。

HARMONICSノブを上げることで、ベルっぽい、キンキンした煌びやかなサウンドになっていきます。

(あまりに倍音を上げすぎると、聞き取れなくなりますが…)

この2つのパラメータに加えてENVも使い、VPMの持ち味である金属的なモジュレーションサウンドを作ってみましょう。

Have a nice trip!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

連載中

  1. Lifestyle for DTMer

    モバイルDTMerが持ち歩くべき「カバン」についての一考察。
  2. NEWS

    KORG、伝説のアナログシンセARP ODYSSEi発表。ガジェット名はLEXI…
  3. K.G.R

    【KGR】真夏のアムステルダム紀行。「Kiss the moon –…
  4. KORG Gadget for Mac

    KORG Gadget for Mac Ver.1.1.0新機能まとめ。夢のベク…
  5. Lifestyle for DTMer

    かんたんオフィシャルサイトのススメ。たった3つのステップで。
PAGE TOP