Helsinki

ポリシンセ・ガジェットHelsinkiについて。ドリーミーなパッドサウンドを作ろう。

KORG Gadget Helsinki(ヘルシンキ:フィンランドの首都)は、まるでセロファンのように薄く繊細なサウンドが持ち味の、ポリフォニック・アナログシンセ。

シンプルな減算式シンセシスによる、淡く儚いドリーミーな胸キュンサウンドは、KORG Gadget随一。

アンビエントやチルウェイブ系のジャンルを得意とします。

オシレーターから出力に至るまでの経路がわかりやすく、音作りがとても簡単。

初心者の方へ特にオススメできるガジェットに仕上がっています。

“Helsinki”による音作りの流れ

オシレーター

Helsinkiでの音作りも、まず3種類あるオシレーター波形の選択から始まります。

ユニークなのはこの段階で、音域ごとの倍音成分を調節できる点。

地を這うような低音を響かせたい場合はLOWを、存在感のあるキラキラサウンドが欲しければHIGHやHIGHERをブーストさせましょう。

ノイズを足してサウンドをザラッとさせてみてもいいですね。

フィルター

オシレーターで基本的な音の素性を定めたら、フィルターで音色を作ります。

フィルターは2段階のローパスと、ハイパス、そしてバンドパスの4つから選択可能。

カットオフとレゾナンスを組み合わせて調節し、あなた好みの音になるまで追い込んでいきましょう。

アンプ

最終セクションのVCAも、オーソドックスなADSRパラメータで構成。

空間的なパッドサウンドを作りたければ、Attack Timeを思いっきり上げて「ふわっと」音を立ち上げ、余韻を響かせたければRelease Timeで音を長引かせることです。

音を壊して、整える?

まるで8ミリフィルムのようなノスタルジックさを与えたいなら、LOFIという「わざと音を汚す」パラメータも用意されています。

最後にHelsinki専用のリバーブで幻想的に仕上げれば、ヘルシンキ・サウンドの完成です。

各パラメータの説明

Helsinkiでの音作りは、すべてこの1画面だけで完結します。

GENERATORセクション

オシレータ波形を選択したり、帯域ごとの倍音を増減します。

WAVE(Triangle,Saw,Square)

オシレータの波形を「三角波」「ノコギリ波」「矩形波」の3種類から選択します。

LOW(0~127)

「低音域の倍音成分」を設定します。

HIGH(0~127)

「高音域の倍音成分」を設定します。

HIGHER(0~127)

「最高音域の倍音成分」を設定します。

NOISE(0~127)

「ノイズ成分の音量」を設定します。

FILTERセクション

フィルターの種類を選択する等して音色を作ります。

TYPE(LPF12,LPF24,BPF,HPF)

フィルターの種類を選択します。

LPF12

「FREQで設定した周波数より下の帯域だけ」を通し、それ以外の帯域をカットします。

LPF12にしてFREQを下げていくと低域が強調され、「こもった」音になっていきます。

※LPF12とは12dB/octを意味し、LPF24より穏やかなカットになります。

LPF24

「FREQで設定した周波数より下の帯域」だけを通し、それ以外の帯域をカットします。

LPF24にしてFREQを下げていくと低域が強調され、「こもった」音になります。

※LPF24とは24dB/octを意味し、LPF12より急峻なカットになります。

BPF

「FREQで設定した周波数の中央付近の帯域」だけを通し、それ以外の上下の帯域をカットします。

設定したFREQ付近のサウンドを強調させたいときに用います。

HPF

「FREQで設定した周波数より上の帯域」だけを通し、それ以外の帯域をカットします。

HPFにしてFREQを上げると高域が強調され、「か細い」音になっていきます。

FREQ(0.00~10.00)

フィルターの「カットオフ周波数」を設定します。

RESO(0~127)

フィルターの「レゾナンス」を設定し、カットオフ周波数付近を強調してクセを出します。

ENVELOPEセクション

音量変化の度合いを設定します。

A(0~127)

「アタックタイム」(鍵盤を叩いてから最大レベルになるまでの時間)を設定します。このパラメータを上げると、音がふわっと立ち上がります。

D(0~127)

「ディケイタイム」(サスティンレベルに至るまでの時間)を設定します。短くすれば歯切れの良い、長くすればゆったりとしたサウンドになっていきます。

S(0~127)

「サスティンレベル」(音が継続するレベル)を設定します。0 にすると、DECAYで設定した時間に音が消えます。

R(0~127)

「リリースタイム」(鍵盤から離れてから音が消えるまでの時間)を設定します。長くすれば余韻が増していきます。

LOFIセクション

わざとサウンドを汚す時に用いるセクションです。

FREQ(0~127)

設定した周波数付近でザラザラしたエイリアスノイズが強調され、音が粗くなります。

このパラメータに時間的な連続変化を与えると、独特な「シュワシュワ」したサウンドを得られ効果的です。

MIX(0~127)

「エフェクト音とのミックス量」を調節します。

REVERBセクション

Helsinki独自のリバーブです。

TIME(0~127)

「リバーブ・タイム」を設定します。

LEVEL(0~127)

「リバーブ・レベル」を設定します。

OUTPUTセクション

Helsinkiのトータル・ボリュームです。

LEVEL(0~127)

Helsinkiの「出力レベル」を設定します。

“Helsinki”サウンド・メイキングのポイント

Helsinkiはアナログシンセとしてはとてもシンプルな構成で、簡単に音作りを楽しめます。

しかし、その事とのトレードオフで、少しだけ作成可能な音色のバリエーションが乏しい。

プリセット音色が16種類しかないのも、まるでその事実を物語っているかのようです。

そんなHelsinkiがHelsinkiたらしめる、ノスタルジックな音色を作るための強力な武器”LOFI”。

これを使わない手はありません!是非活用しましょう。

またシレーター部分で倍音成分を調節できるのもユニークですね。

このオシレーターから出る比較的クリーンな音を、いかに汚すか。

これこそがHelsinkiにおけるサウンドメイキングのキモだと思います。

それではまた。Have a nice trip!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新のKORG Gadget Recommendトラック(8/13付)

このサイトについて

案内人のくらんけ@gadget_junkiesです。 Gadget-Junkies.netは、モバイル音楽制作アプリ”KORG Gadget”の「超」入門サイト。 主に初心者の方へ向け、使い方やTipsを出来るだけやさしく紹介していきます。 KORG Gadgetにまつわる話題や情報も随時発信。 …とは言え、開設したばかりでまだまだショボいサイトです。。 これからコンテンツをガシガシ増やしていきますので、どうぞよろしくお願いします!

最近の記事

  1. 【KGR】真夏のアムステルダム紀行。「Kiss the mo…
  2. KORG Gadgetの音色を「ユーザー同士がシェア」する方…
  3. タッチパネルの皮脂よごれに悩むあなたへ。「パネルクリーナー」…
  4. 【KGR】爆笑!脱力ゲット・ワイルド。「Get Wild R…
  5. はじめてのKORG Gadget。3分間でわかる「超」クイッ…
  1. セットアップ

    最高の音楽制作モバイルアプリ”KORG Gadget”とは?
  2. 雑記帳

    iPadの動画撮影用に、クリップ式のアームホルダーを買ってみた
  3. トラックメイキング

    アルペジエータで、シーケンスパターンを自動生成する。
  4. K.G.R

    2017年6月の KORG Gadget Recommend。
  5. セットアップ

    KORG Gadgetを購入する前に知っておきたい4つのこと。
PAGE TOP